正定聚

2017年1月23日 (月)

信楽と正定聚との関係も判らない高森顕徹会長の信心

昨日は複数の会員からコメントがありました。しかし、そのレベルには大きな差があります。私の先輩に当たる会員歴40年近い会員は、負け惜しみしか言えません。かと思えば、根拠を出して何とか反論しようという真面目な会員のコメントもあります。残念ながら前者は、見苦しいの一言ですし、当然ながら教えなどどうでもよい人です。後者は、信心を獲たいと思っているが、高森信心が強い人と想像できます。後者のコメントは大歓迎で、私も真面目に対応します。前者は、適当にあしらうだけです。

さて、昨日の講師部講義で出た話が体失不体失往生の諍論と『愚禿鈔』の

本願を信受するは、前念命終なり。
即得往生は、後念即生なり。

ですが、ここから「若不生者」のデタラメ解釈に繋がっていきますので、それについて解説します。

まず『愚禿鈔』のこの御文の元になったのが善導大師の『往生礼讃』にある

前念に命終して後念にすなはちかの国に生じ、長時永劫につねに無為の法楽を受く。

です。
ここでの前念と後念は、信楽を獲た人は肉体の命が終わって、死後に浄土に生まれるの意味です。つまり体失往生です。

ところが善導大師のこの御文を親鸞聖人は信一念、つまり不体失往生として意味を変えられたのが『愚禿鈔』の文です。

簡単に言うと、善導大師と証空上人は体失往生を教えられたのですが、親鸞聖人は不体失往生を教えられたということです。
親鸞会会員にとっては疑問符が10個くらい付く話になりますが、これが事実です。

元々往生とは体失往生のことでしか経典にも善導大師も教えられていないのを、親鸞聖人は不体失往生という新たな解釈で教えられたということです。この背景を知らない高森会長は、不体失往生とは、信楽の身になること言っていますが、それでは意味が判りません。前回も書きましたが、

信楽を獲たら、信楽の身になる

では文として成立しないのです。
親鸞聖人が仰った不体失往生の解釈を『愚禿鈔』を使って説明すると、

「信受本願」=信楽を獲る⇒「即得往生」=不体失往生(正定聚)

になります。
高森会長の説明と同じだと思われるかもしれませんが、違います。

「信楽を獲る」=「不体失往生(正定聚)」

「信楽を獲る」⇒「不体失往生(正定聚)

が同じだと思うのは自力の信心、違うとするのが他力の信心です。

高森会長はそんなこと言っていないと喚く会員のために『なぜ生きる2』の言葉を出しておきます。

親鸞聖人のお言葉

金剛の真心を獲得すれば、横に五趣八難の道を超え、かならず現生に十種の益を獲。

を高森会長は

大悲の願船に乗じた者は、必ず現世で十種の幸せに生かされる。

としていますが、これが自力の信心の証拠です。

親鸞聖人が仰っていることは

信楽を獲たなら、現生で十種の利益(正定聚に入る益を含む)を獲る。

です。
信楽を獲ることと正定聚に入る益を獲ることがイコールではなく、因果関係にあるということです。これを言葉の遊び、屁理屈だと思うのであれば、それが自力の信心の証拠です。

更には、現生で正定聚に入ると教えられたのは、親鸞聖人独自の解釈です。元は、往生後に正定聚に入ると誓われた11願があり、それをそのまま教えられたのが高僧方ですが、その解釈とは異なることを親鸞聖人が仰ったのです。

ということは、

信楽を獲たなら、現生で正定聚に入る益を獲る。

とは七高僧方は仰っていないので、

信楽を獲ても、現生で正定聚に入る益を獲ると実感として知らされることはない。

ということです。親鸞聖人の理論で導きだされたことを、信心の内容と勘違いしているのが高森会長です。

以上は高森会長にも会員にもチンプンカンプンの内容だと思いますが、これが真宗学の常識です。

知らされる筈もない

大悲の願船に乗じた者は、必ず現世で十種の幸せに生かされる。

と平気で嘘をついている高森会長が、体験至上主義の異安心なのは言うまでもありません。

もう一つ、会員の頭が混乱することを言っておきますと、証空上人も不体失往生を教えられています。要するに、高森会長の体失不体失往生の諍論の説明も、デタラメだということです。

高森会長は二種深信の説明もまともにできない、現生正定聚の意味も背景も判っていない。それでも
高森先生の信心は親鸞聖人と同じ真実信心だ!
と会員が力んだところで、世間は麻原死刑囚信者と同類にしか見做しません。

| | コメント (17) | トラックバック (0)