聖教

2016年12月11日 (日)

理解できるように書かれた聖教を繰り返し読むように勧められた善知識、誰も理解できないのだから読んではならないと禁止する悪知識高森顕徹会長

3年前に高森顕徹会長は『なぜ生きる2』を発刊しました。自信満々で会の内外に大々的に宣伝したものの、退会者から完膚なきまでに叩きのめされ、amazonのレビューでも法論に惨敗し続けた結果、親鸞会は『なぜ生きる2』を切り捨てました。新聞広告には二行程度の紹介しかしなくなり、売る気が全くありません。

高森会長の今の心情は、売れては困るが、宣伝していないと会員に突っ込まれても困るので、宣伝しない訳にもいかず、申し訳程度の紹介に留めているという実情です。

『なぜ生きる2』のメインテーマは三願転入です。三願転入は親鸞聖人の教えの根基だとまで言っていたのですが、その親鸞聖人の教えの根基である筈の三願転入さえ、最近は全く話をしません。高森会長の持っている辞書では急遽、根基の意味は、「話す必要がないこと」に書き換えられたようです。

親鸞会では、聖教は読みませんし、理解できるものではないと言います。理解できるのは世界中で高森顕徹会長ただ一人だと信じています。これでは善知識方の御著書は暗号で、それが解読できる奇特な人物だけに判れば良いという、完全な秘事法門になってしまいます。

実に奇妙な理屈ですが、本気で会員はそう信じ込まされていて滑稽です。

では親鸞聖人をはじめ、善知識方はなぜ著書を残されたのでしょうか。読んだら誤解するような書き方を敢えてなされたのでしょうか。判るように書かれなかった理由は何でしょうか。

少し考えれば判ることですが、善知識方はできるだけ多くの人に聖教を読んで理解してほしいと思われて、できるだけ判るように御苦労なされて著書を残されているのです。

当たり前すぎて、説明するのが馬鹿らしいことですが、この基礎的な思考さえ奪われてしまっているのが会員です。

親鸞聖人は『一念多念証文』と『唯信鈔文意』の最後に同じことを書かれています。

ゐなかのひとびとの文字のこころもしらず、あさましき愚痴きはまりなきゆゑに、やすくこころえさせんとて、おなじことをとりかへしとりかへし書きつけたり。こころあらんひとは、をかしくおもふべし、あざけりをなすべし。しかれども、ひとのそしりをかへりみず、ひとすぢに愚かなるひとびとを、こころえやすからんとてしるせるなり。

(現代語訳)

都から遠く離れたところに住む人々は、 仏教の言葉の意味もわからず、 教えについてもまったく無知なのである。 だから、 そのような人々にもやさしく理解してもらおうと思い、 同じことを繰り返し繰り返し書きつけたのである。 ものの道理をわきまえている人は、 おかしく思うだろうし、 あざけり笑うこともあるだろう。 しかし、 そのように人からそしられることも気にかけず、 ただひたすら教えについて無知な人々に理解しやすいようにと思って、 書き記したのである。

親鸞聖人が、学の無い人にも理解できるようにと心を配られていることがよく判ります。

蓮如上人は『御一代記聞書』で次のように教えられています。

蓮如上人仰せられ候ふ。本尊は掛けやぶれ、聖教はよみやぶれと、対句に仰せられ候ふ。

(現代語訳)

蓮如上人は、「ご本尊は破れるほど掛けなさい、お聖教は破れるほど読みなさい」と、対句にして仰せになりました。

またこのようにも仰っています。

聖教を拝見申すも、うかうかと拝みまうすはその詮なし。蓮如上人は、ただ聖教をばくれくれと仰せられ候ふ。また百遍これをみれば義理おのづから得ると申すこともあれば、心をとどむべきことなり。聖教は句面のごとくこころうべし。そのうへにて師伝口業はあるべきなり。私にして会釈することしかるべからざることなり。

(現代語訳)

お聖教を拝読しても、ただぼんやりと字づらを追っているだけでは何の意味もありません。蓮如上人は、「ともかく繰り返し繰り返しお聖教を読みなさい」と仰せになりました。世間でも,書物は百遍,繰り返し読めば,その意味はおのずと理解できるというのだから、このことはよく心にとどめておかねければなりません。お聖教はその文面にあらわれている通りにいただくべきものです。その上で、師のお言葉をいただかなければならないのです。自分勝手な解釈は、決してしてはなりません。

親鸞会の会員のために仰ったような内容です。

聖教を繰り返し読めば、善知識方の御心も判ってくるというものです。

そしてもう一つ、聖教は同じ内容が書かれているということです。たとえば、蓮如上人の『正信偈大意』と『御文章』で書かれてある内容が違うと考える発想が根本的におかしいです。同じに決まっています。当然、親鸞聖人の仰せとも同じです。
ただし、手紙の場合には、手紙の相手に応じた表現になっていることがありますので、そのことを考慮する必要はあります。

学のない高森会長にも判るように善知識方は苦心なされてはいますが、聖教を全く読もうとしない高森会長には善知識方の御心は理解できるはずもありません。高森会長自身も理解するつもりもありません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)