« 三願転入に対する親鸞会の妄想5 | トップページ | 三願転入に対する親鸞会の妄想7 »

2020年8月30日 (日)

三願転入に対する親鸞会の妄想6

最近の親鸞会は、困ったときの因果の道理だのみで、善の勧めの根拠を出せと迫られると、

仏教の根幹は因果の道理だ

ときます。バカも休み休み言え、と言いたいですが、そもそも親鸞会では因果の道理を本気で信じているのかといえば、ノーです。
理由は簡単で、浄土門で教える最善最高最上の善因は、念仏であるのに、念仏よりも親鸞会の活動が絶対と考えているからです。

一応根拠を紹介しておきます。『教行信証』化土巻に

元照律師の『弥陀経の義疏』にいはく、「如来、持名の功勝れたることを明かさんと欲す。まづ余善を貶して少善根とす。いはゆる布施・持戒・立寺・造像・礼誦・座禅・懺念・苦行、一切福業、もし正信なければ、回向願求するにみな少善とす。往生の因にあらず。もしこの経によりて名号を執持せば、決定して往生せん。すなはち知んぬ、称名はこれ多善根・多福徳なりと。むかしこの解をなしし、人なほ遅疑しき。近く襄陽の石碑の経の本文を得て、理冥符せり。はじめて深信を懐く。かれにいはく、〈善男子・善女人、阿弥陀仏を説くを聞きて、一心にして乱れず、名号を専称せよ。称名をもつてのゆゑに、諸罪消滅す。すなはちこれ多功徳・多善根・多福徳因縁なり〉」と。

(現代語訳)

元照律師の『阿弥陀経義疏』にいっている。
「釈尊は、念仏の功徳がすぐれていることを明らかにしようとされ、まず念仏以外の善を劣ったものとしてわずかな功徳しかないといわれる。布施をし、戒律をたもち、あるいは寺を建て、仏像をつくり、仏を礼拝し、経を読み、または座禅をし、懺悔し、苦行するなどのすべての善は、もし正しい信がなかったなら、そのような善によって浄土に往生しようと願っても、みなわずかな功徳しかなく、往生の因ではないのである。もし、『阿弥陀経』の教えにしたがって念仏するなら、間違いなく往生するであろう。だから念仏は多くの功徳があると知ることができる。
かつて、わたしはこのような解釈をしたが、世間の人はなお疑って信じなかった。しかし最近、襄陽の石碑に刻まれた『阿弥陀経』の文を見たところ、わたしの解釈と見事に一致しており、そこではじめて深く信じるようになったのである。その文には次のように説かれている。<善良なものよ、阿弥陀仏について説かれるのを聞いて、心を乱すことなくただひとすじに名号を称えるがよい。名号を称えることにより、あらゆる罪が除かれる。すなわち念仏は多くの功徳をそなえて行である>」

とあります。難しい内容ではないので、読まれた通りですが、念仏は「多功徳・多善根・多福徳因縁」ですが、諸善はその反対で「少功徳・少善根・少福徳因縁」です。
ここで言う念仏は自力の念仏です。

鈍い会員のために譬えで解説します。

1日働いて100円の炎天下での重労働
1日働いて100万円の誰でもできるエアコンの利いた部屋での軽作業

どちらを選択するのか、という話です。
こんな極端なことは世の中にない、と思っている人がいたら、井の中の蛙でしょう。こんなことは世界中で実際によくあります。実例は自分で調べてみてください。

より良い果を求めるなら、より良い因を求めるのが、因果の道理を信じている人の行動でしょう。そして、自力の念仏は諸善とは桁違いの功徳があるのですから、親鸞会の非効率で無意味な活動をしている暇があるのなら、念仏を称えた方が、余程、良い結果を得られるでしょう。それなのに、発展途上国最貧困層の労働環境並みの親鸞会の活動をしている会員は、因果の道理を信じていないか、あるいは今の労働環境が世界最高だと騙されているののどちらかでしょう。

因果の道理を信じている、より良い結果を求めている、更には無常迅速と思っているのであれば、親鸞会の最悪最低最下の活動をすることはあり得ません。

もう一度言います。

自力の念仏は、多功徳・多善根・多福徳因縁
諸善は、少功徳・少善根・少福徳因縁

高森流宿善論が正しいとして、何が最も宿善を厚くすることになるか考えてみましょう。

再度、高森顕徹会長の『なぜ生きる2』11章にある

 無仏無法の人でさえ悪を慎み善に励んでいるのに、尊い仏縁に恵まれながら”善根を積む必要がない、念仏さえ称えていれば良いのだ”と、平気で悪性を発揮しているから真宗が廃れるのは当然である。

を読んでみてください。
これが、真宗の教えであるかどうか、20願を通ったことのある人物の言葉であるのかどうか、僅かに思考が残っていれば、答えは明々白々です。

|

« 三願転入に対する親鸞会の妄想5 | トップページ | 三願転入に対する親鸞会の妄想7 »

因果の道理」カテゴリの記事

三願転入」カテゴリの記事

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

コメント

1日働いて100円の炎天下での重労働
1日働いて100万円の誰でもできるエアコンの利いた部屋での軽作業

とても分かりやすい例えを有難うございます。
易行と言われる道に入りながらそれを疑い、易行に罪悪感を持ち難行に逃げ込んでいるのが親鸞会の会員なのですね。
悪知識の呪縛のなんと恐ろしいことか。そんな者に捉われるのも因果の道理というのが親鸞会の教義でしょうが、
弥陀の願力はそれに勝ると信じたいものです。

投稿: 難病退散 | 2020年8月31日 (月) 09時02分

他力の意味が分かりにくいので、自力はなんとなくわかるので、十方衆生の凡夫はどうしてもそうなり易いです。他力の世界をいじることは難しいから。

そこで正信偈には「弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯」と説明されてます。

ここに切り込まれる方が善知識だと思っています。なんまんだぶ

投稿: 愛読者 | 2020年9月 2日 (水) 11時16分

教行信証行巻最後部の諸善と念仏の功徳の差を挙げられたところを、現代文で読み直せば念仏の功徳の凄さを頭でも理解できます。また師の三選の文でも念仏の大切さが痛いほどわかります。
これを本願文で分からせようとしても凡夫にはわかりようはずがありません。
あなかしこう

投稿: | 2020年9月 3日 (木) 08時25分

〉浄土門で教える最善最高最上の善因は、念仏であるのに

仏教全くわからなく、初歩的な質問ですが、適当で良いや、という感じで念仏を唱えてもいいのでしょうか?

投稿: 仏教知らない者 | 2020年9月 4日 (金) 23時22分

仏教知らない者様

念仏は、仏教で教える行であり、往生の業ですので、少なくとも、仏教を信じ、往生を願っての念仏であることが最低条件です。適当で良いが、この最低条件をクリアした上でのことであるなら問題ありませんが、そうでなければ良くはないです。

投稿: 飛雲 | 2020年9月 5日 (土) 13時37分

飛雲様、いつもご教授ありがとうございます。
数週間ほど前に飛雲様からのご教授により、信心を取ることが出来ました。
しかし今の自分の心を見るにもしかして異安心なのでは...?と思うような所が多く飛雲様に質問させていただきました。

以下が私の状態ですが、もしも「信心を取った人に」これはあり得ないというような部分があればご教授お願いします。

①なったときに「あ、もしかして取れた?」的な状態にはなった。なった瞬間にわかったのかどうかは分からないが、それに近い感覚でわかったように思える。

②天地がひっくり返るほどの嬉しさではないが、取ったその日の内は嬉しさが確かにあった。
ただ、3日もすれば、殆ど喜びがあるのかも分からない状態に。喜びの心自体は続いていない。
取れた時は嬉しさというよりは、目標に届いて取り敢えずホッとしたような感覚に近い。

③自分の心はそのまま。元々短気な性格でちょっとしたことで直ぐストレスを感じるのは変わっていない。

④阿弥陀仏に対する感謝の気持ちが起きてるかといえば、恐らくは、取った時には嬉しさから念仏を唱えたりもしていたので、あったように思えるが、時間がたった今では全然そんな事はない。

⑤以前に比べて、後生に対することへの必死さがなくなった。死んだ後に「どうにかなる為にどうにかしないと」というような考えは極端に薄くなった。何というか元の仏教に興味があまりなかった私に戻った感じです。
また、聴聞やお勤めなども最近では以前に比べてやる気が薄くなったように思われる。実際に現在は以前までは行っていたお勤めなどや聴聞を全くやらなくなった。
念仏も救われたいという気持ちよりもただ唱えているような状態になっている。

⑥ とった時その日から
「弥陀にそのまま任せだということ」
「自分で何かしようと思うのが自力」
 に対する意味の理解が深まったように思います。というよりは本当にその通りだったと分かった感じです。


大体こんな感じです。長々とすみません

投稿: 分かりたい人 | 2020年9月 5日 (土) 23時19分

分かりたい人様

仏でないただの凡夫が、他人の信心を認定できませんが、少なくとも言えるのは、私と同じ信心のようです。

投稿: 飛雲 | 2020年9月 6日 (日) 04時38分

分かりたい人様、飛雲様

同感です。
思いっきり正直に書かれているので、一瞬、オイオイ!と言いたくなりますが、信心頂いても、凡夫ですわ。
凡夫が何を思っても何をやってもおかしくありません。
ただ、法を聞くと、その通りだなとホッとします。お聖教の内容も私を助けることしか書いてないことが分かります。

>>⑤以前に比べて、後生に対することへの必死さがなくなった<中略>何というか元の仏教に興味があまりなかった私に戻った感じです。
これ面白い表現されてますが、そもそも私が後生の心配なんか最初からする訳ないんですよね。
一時的に後生に必死になってたのは、阿弥陀さまが必死に助けようとされているのが私に映っていただけでしょう。

投稿: YGM | 2020年9月 7日 (月) 09時50分

飛雲様、YGM様。
コメントと回答ありがとうございます。

信心を取ってもあれ?と思うようなことは多々ありましたが、取り敢えず同じ信心で良かったです。

投稿: 分かりたい人 | 2020年9月 7日 (月) 11時19分

こんな記事があがっていました
「同朋の里へ移転した顕真学院。以前の建物はどうなったか行ってみた」
https://shinrankaidakkai.hatenablog.com/entry/2020/09/14/220542

投稿: | 2020年9月15日 (火) 09時35分

だぜ生きる2の11章の言葉は、本当にわかってないなあという感じですね。無仏無法の方の煩悩を満たすための行いと、封土往生の善の、区別がついていないですね。

投稿: どらいぶ | 2020年9月24日 (木) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三願転入に対する親鸞会の妄想5 | トップページ | 三願転入に対する親鸞会の妄想7 »