« 善導大師の仰る「弥陀の願意」と転教口称の念仏 | トップページ | 七高僧、親鸞聖人とは異なる信心の人には判らない念仏の話 »

2020年6月27日 (土)

親鸞会会員の知らない曇鸞大師の念仏

二河白道の譬喩を通して、善導大師が18願意をどのように捉えられているかを紹介してきました。一言で言うならば、

念仏を称えることで往生できる

です。善導大師の著書には、至る所にそのような言い方をされています。もちろん、信心についても詳しく仰っているのですが、念仏の強調の方が目立ちます。
親鸞聖人は七高僧の中でも、善導大師を特に尊敬されていましたので、親鸞聖人が善導大師の教えを否定されることは普通に考えればあり得ないでしょうが、高森顕徹会長のように信心がすべてだという偏屈な思考に凝り固まると、念仏が信心の付属品のように考えるのです。その屁理屈として、親鸞聖人が七高僧の中で善導大師と同じかそれ以上に特に尊敬されていた曇鸞大師を持ち出してくることがあります。『高僧和讃』の数を見ても、善導大師の26首よりも多い34首ですから、親鸞聖人が曇鸞大師から多大なる影響を受けられたことは確かです。

そこで今回は、曇鸞大師の念仏について見てみます。

曇鸞大師が阿弥陀仏の48の願の内、3つの願を選ばれたいわゆる三願的証の文が『浄土論註』にあります。三願とは18願、11願、22願です。18願、19願、20願ではありませんので、親鸞会の会員にとっては、この時点でカルチャーショックを受けると思います。曇鸞大師は18願文を出された後にこう続けておられます。

仏願力によるがゆゑに十念の念仏をもつてすなはち往生を得。往生を得るがゆゑに、すなはち三界輪転の事を勉る。輪転なきがゆゑに、ゆゑに速やかなることを得る一の証なり。

(現代語訳)

この仏の願のはたらきによるから、たとえば十声念仏して往生することができる。往生することができるのだからもはや迷いの世界をさまようことはない。浄土に往生することができ、もはやさまようことがないというのが、速やかに仏となることができるということの第一の証である。

これは『教行信証』行巻にも引かれています。
注目は、「十念の念仏をもつてすなはち往生を得」です。曇鸞大師が18願意を仰った箇所です。親鸞会では、ここもまた受け入れられない文だと思います。

もう一つ

問ひていはく、上に、生は無生なりと知るといふは、まさにこれ上品生のものなるべし。もし下下品の人の、十念に乗じて往生するは、あに実の生を取るにあらずや。ただ実の生を取らば、すなはち二執に堕しなん。一には、 おそらくは往生を得ざらん。二には、おそらくはさらに生ずとも惑ひを生ぜん。

答ふ。たとへば浄摩尼珠を、これを濁水に置けば、水すなはち清浄なるがごとし。もし人、無量生死の罪濁にありといへども、かの阿弥陀如来の至極無生清浄の宝珠の名号を聞きて、これを濁心に投ぐれば、念々のうちに罪滅して心浄まり、すなはち往生を得。
(中略)
また氷の上に火を燃くに、火猛ければすなはち氷解く。氷解くればすなはち火滅するがごとし。かの下品の人、法性無生を知らずといへども、ただ仏名を称する力をもつて往生の意をなして、かの土に生ぜんと願ずるに、かの土はこれ無生の界なれば、見生の火、自然に滅するなり。

(現代語訳)

問うていう。 上にいうてあるような生即無生の道理をさとるということは上品の往生者にいうことである。 下品下生の人のごときは、 ただ十念念仏によって往生するので、 こういうのは実生実滅の執着を持っているのではないか。 ただ実生を執ずるならば二つの疑いに堕ちる。 一つに、 恐らくはこういう実生実滅を執ずる凡夫は往生を得ないであろう。 二つに、 往生してもさらに生死相対の惑いを生ずるであろう。

答えていう。 たとえば清浄なる摩尼宝珠を濁った水の中に置けば、 珠の力で水が浄らかになるようなものである。 もし凡夫人が無量劫のあいだ迷わねばならぬ罪があっても、 かの阿弥陀如来の法性真如にかなったこの上なき清浄の名号を聞いて、 これを濁った心の中にいただくならば、 念々の中うちに罪が滅し清浄の徳を得て、 往生が得られる。
(中略)
また、 氷の上で火を燃やすと、 火の勢いが強ければ氷は解け、 氷が解けると火が消えるようなものである。 かの下品の人は生即無生であると知らないけれども、 ただ仏の名号を称えて作願してかの土に生まれようと願うならば、 浄土に至ればかの国は無生の道理にかなった境界であるから、 実生実滅と見る煩悩の火は自然に消えるのである。

親鸞会の人にはかなり難しい内容ですが、最後の文中の「かの下品の人、法性無生を知らずといへども、ただ仏名を称する力をもつて往生の意をなして」だけでも見てもらえれば、曇鸞大師が、念仏を称えることによる往生を明確に仰っていることが判るというものです。

これ以外にも、念仏を称えて往生する、という表現を曇鸞大師はなされています。

したがって、善導大師も曇鸞大師も、そしてお二人から多大な影響を受けられた親鸞聖人も、

念仏を称えて往生する

と仰っている箇所がいくつもありますから、これが間違いだという発想自体が、浄土真宗から外れています。

くどいようですが念のために言いますと、信心で往生する、聞いて往生する、というような他の表現を持ち出して、念仏を称えて往生するというのは間違いだという理屈は完全な間違いです。善知識方が違う表現をされていても筋は通っているのですから、同じことを表現を変えて仰ったのだと理解しなければなりません。

具体的に言えば、

信心=念仏を称えて往生すると深信したこと
聞=念仏を称えて往生するという18願を疑いなく聞くこと

こういうことです。
単純な話ですが、思考停止の人には理解できないのでしょう。哀れです。

|

« 善導大師の仰る「弥陀の願意」と転教口称の念仏 | トップページ | 七高僧、親鸞聖人とは異なる信心の人には判らない念仏の話 »

唯念仏」カテゴリの記事

18願」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

親鸞様は、念仏は、まことに浄土の生まれるたねにてはんべるらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん、総じてもって存知せざるなり。とおっしゃられております。このことをどのようにお考えになっているのでしょうか。

投稿: 非難はいやよ | 2020年6月29日 (月) 17時38分

非難はいやよ様

『歎異抄』のこの部分を覚如上人は『執持鈔』第2条で親鸞聖人のお言葉として以下のように教えられています。

往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。故聖人[黒谷源空聖人の御ことばなり]の仰せに、「源空があらんところへゆかんとおもはるべし」と、たしかにうけたまはりしうへは、たとひ地獄なりとも故聖人のわたらせたまふところへまゐるべしとおもふなり。
(中略)
そのゆゑは、明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師とともにおつべし。さればただ地獄なりといふとも、故聖人のわたらせたまふところへまゐらんとおもひかためたれば、善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと。これ自力をすてて他力に帰するすがたなり。


要するに、凡夫には往生について、もっと言えば死後どうなるかについて知る智慧がありません。信心を獲ても智慧は授かりません。弥勒菩薩でさえ判らないことが凡夫に判るか、ということです。

では
信心=念仏を称えて往生すると深信したこと
との関係はどうなるのだ、という疑問だと思いますが、
これは念仏を称えて往生するというのが阿弥陀仏の18願であり、そして、法然上人が念仏を称えて往生すると教えられたのだから、それが本当であるのかどうか知る智慧はないが、それを深信している、ということです。こういうと、自分で深く信じているのは自力だ、という的外れなことを言う人がありますが、深信とは阿弥陀仏から頂いた信心です。
阿弥陀仏から「念仏を称えて往生すると深信」する信心を頂いたのですが、往生あるいは死後について判る智慧を頂いたのとは違うということです。

言葉を代えて言うと、阿弥陀仏に死後のことはすべておまかせをしているので、死後に往くところが浄土と聞いているだけで、言ってみないとその浄土とやらがどんなところかは皆目見当もつかない、ということです。
まとめると
信心=念仏を称えて往生すると深信すること=阿弥陀仏に死後のことをすべておまかせしたこと
≠死後のことが判る

投稿: 飛雲 | 2020年6月29日 (月) 17時58分

阿弥陀仏に死後のことをお任せすることが深信であるとしたら、念仏は、そのお任せにどうかかわってくるのでしょうか。念仏しないとお任せすることにならないというのでしょうか。

投稿: 非難はいやよ | 2020年6月29日 (月) 18時16分

念仏することがおまかせすることです。
阿弥陀仏は念仏を称えた者を往生させると誓われています。それを深信するのが信心でありますから、念仏を称えない者が阿弥陀仏におまかせすることは理屈上ありません。

投稿: 飛雲 | 2020年6月29日 (月) 18時21分

念仏すれば、阿弥陀仏におまかせしていることになっているのでしょうか。

投稿: 非難はいやよ | 2020年6月29日 (月) 19時04分

そうです。
しかしそれにも自力と他力とがあります。
自力で阿弥陀仏におまかせしたのと他力で阿弥陀仏におまかせしたことがそれぞれ自力念仏と他力念仏にあたります。

投稿: 飛雲 | 2020年6月29日 (月) 19時15分

五濁の時機いたりては 道俗ともにあらそひて 念仏信ずるひとをみて 疑謗破滅さかりなり

投稿: 雑草 | 2020年6月30日 (火) 07時11分

雑草様

この和讃の通りと思います。真宗を名乗りながら念仏信ずる人を誹謗する人がいるのも嘆かわしいことです。

投稿: 飛雲 | 2020年6月30日 (火) 09時36分

自力で阿弥陀仏におまかせしたのと、他力で阿弥陀仏におまかせしたのとは、どこがどう違うのでしょうか。

投稿: 非難はいやよ | 2020年6月30日 (火) 10時39分

『執持鈔』にある通りです。

往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議をはからふべきにあらず、まして凡夫の浅智をや。かへすがへす如来の御ちかひにまかせたてまつるべきなり。これを他力に帰したる信心発得の行者といふなり。

善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと。これ自力をすてて他力に帰するすがたなり。


自力では、
阿弥陀仏にお願いする心でおまかせします。「おまかせしますから、浄土に連れて行ってください」という感じです。
他力では
阿弥陀仏に往くところも含めてすべておまかせします。「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じです。

投稿: 飛雲 | 2020年6月30日 (火) 10時55分

飛雲さん、明快ですね。ありがとうございます。念仏を否定した高森会長の教団は真宗ではない、ということがよくわかりました。

投稿: a | 2020年6月30日 (火) 13時14分

>自力では、阿弥陀仏にお願いする心でおまかせします。「おまかせしますから、浄土に連れて行ってください」という感じです。
>他力では、阿弥陀仏に往くところも含めてすべておまかせします。「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じです。
自力と他力を、そのような感じで区別できるものなのでしょうか。また、「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じが、どうして他力といえるのですか。

投稿: | 2020年6月30日 (火) 13時14分

>自力と他力を、そのような感じで区別できるものなのでしょうか。」

このように区別できるものです。

>また、「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じが、どうして他力といえるのですか。

『執持鈔』の通りです。
再度お読みください。

投稿: 飛雲 | 2020年6月30日 (火) 13時19分

執持鈔を読むと、
・死後どこに行くのかわからない。
・法然上人が行かれたところに行くだけで、それが良いところか悪いところか分からない。
・これが自力を捨てて他力に帰したすがた。
こう書かれていますね。
ここから飛雲さんの「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」になるのですね。
私の実感としてもよく分かります。
親鸞会の会員のような未安心、異安心の者には到底理解できないでしょう。
ありがたいことです。

南無阿弥陀仏

投稿: 黄昏 | 2020年6月30日 (火) 13時49分

>自力では、阿弥陀仏にお願いする心でおまかせします。「おまかせしますから、浄土に連れて行ってください」という感じです。
>他力では、阿弥陀仏に往くところも含めてすべておまかせします。「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じです。
親鸞様は自力と他力の違いをこのような感じであるとして教行信証で教えられているのでしょうか。

投稿: | 2020年6月30日 (火) 15時56分

まず、『執持鈔』はあなたの考えにそぐわないので、無視するということでしょうか?
そのことを問題にしているのですが、結局は都合よいところだけしか信用しないということですね。

ではお望みの『教行信証』ですが、信巻に引かれた二河白道の譬喩は、あなたにとって都合よいでしょうか?
行者は、東の岸にいる時に、西の岸が見えていました。そして、西の岸の人の喚ぶ声を聞いて、その仰せにおまかせをして白道に乗ります。西の岸に本当にいけるのかどうか判って白道に乗ったのではありませんし、乗った後もその心は変わっていません。更には、西の岸の見え方も変わっていません。

つまり、信前と信後で、死んだ後のことが判るように変わってはいません。阿弥陀仏にすべてをおまかせをしたので、白道という念仏の道をひたすら進むだけということです。

もう少し自力と他力の違いを説明すると、自力ははからいのある状態で、他力ははからいのない状態。死後についても、どこにいくのかはからうのが自力、どこであろうがはからわずにおまかせしたのが他力。

自然法爾ということです。

投稿: 飛雲 | 2020年6月30日 (火) 16時12分

教行信証ではどう教えられているのかと質問することが、どうして執持抄を無視するという疑問につながるのでしょうか。執持抄を無視していませんし、軽んじてもいません。教行信証ではどのように教えられているのかと、質問しているだけです。信を守護するさまをたとえたものが二河喩ですが、私にとって都合良くも悪くもありません。はからうとはどういうことか、貴方の解説ではよく理解できません。死後どこにゆくのかとはからう事と本願を計らうこととは同じであると言っているように聞こえますが、貴方はそのように理解されているのでしょうか。

投稿: | 2020年6月30日 (火) 17時53分

それでしたら、まず、『執持鈔』で仰っていることについて、私が説明した内容に同意されるのか異論があるのか教えてください。『執持鈔』で話をしているのですから、それなしに『教行信証』ではどうだとか、話が飛んでいると思われませんか?
『執持鈔』では明確に

往生ほどの一大事、凡夫の【はからふべきことにあらず】、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし。すべて凡夫にかぎらず、補処の弥勒菩薩をはじめとして仏智の不思議を【はからふべきにあらず】、まして凡夫の浅智をや。

と仰っています。何をはからうべきでないのか?「往生ほどの一大事を」「仏智の不思議を」です。

だから「さればわれとして浄土へまゐるべしとも、また地獄へゆくべしとも、定むべからず。」であり、「善悪の生所、わたくしの定むるところにあらず」です。

これがすべての答えです。

その上で、『教行信証』ではどう仰っているのかという流れではないでしょうか?

投稿: 飛雲 | 2020年6月30日 (火) 18時02分

執持抄の御文に異論ありません。それに私は、執持抄の御文のことを聞いているのではありません。
>自力では、阿弥陀仏にお願いする心でおまかせします。「おまかせしますから、浄土に連れて行ってください」という感じです。
>他力では、阿弥陀仏に往くところも含めてすべておまかせします。「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じです。
と貴方が「こんな感じ」と言われるから、親鸞様は自力と他力の違いを「こんな感じ」と教行信証で教えられているのでしょうか、と質問しているのです。
喧嘩を売っているのではないのだから、短気にならないで下さいまし。

投稿: 非難しないで | 2020年6月30日 (火) 18時16分

>執持抄の御文に異論ありません。

それならば、話は終わりです。

>それに私は、執持抄の御文のことを聞いているのではありません。

私が『執持鈔』で何度も説明しているのです。それを無視したのはあなたです。
『教行信証』でとりあえず二河白道の譬喩を出しました。
これで、すべて終わりです。

なお、まだ根拠は『教行信証』から出せますが、単に質問責めをしたいだけのようですので、御自身でお探しください。

投稿: 飛雲 | 2020年6月30日 (火) 18時24分

>自力では、阿弥陀仏にお願いする心でおまかせします。「おまかせしますから、浄土に連れて行ってください」という感じです。
>他力では、阿弥陀仏に往くところも含めてすべておまかせします。「おまかせしたのでどのようにして頂いても結構です」という感じです。
と貴方が「こんな感じ」と言われるから、親鸞様は自力と他力の違いを「こんな感じ」と教行信証で教えられているのでしょうか、と質問しているだけです。根拠を出し惜しみするご仁のようですから、無理に、とは言いません。

投稿: | 2020年6月30日 (火) 18時59分

この不遜な態度はひょっとして東さんですか?

貴殿の最初のコメント

> 親鸞様は、念仏は、まことに浄土の生まれるたねにてはんべるらん、また地獄におつべき業にてやはんべるらん、総じてもって存知せざるなり。とおっしゃられております。

これ歎異抄ですよね。同じことで執持鈔も親鸞様のお言葉ではないですか。
執持鈔が親鸞様のお言葉でないなら歎異抄も親鸞様のお言葉ではないですが、その程度のことは理解できますか。

投稿: 西 | 2020年6月30日 (火) 19時29分

やむわっかの人?

それで理解できないんだ。
やむわっかの人の質問に飛雲さんが親切に答えたのに、感謝の言葉もなく質問を変えてズレまくり。
天動説の信者のように、飛雲さんがズラしたと主張するのでしょう。コメントは今後やめてもらいたいものです。

投稿: 黄昏 | 2020年6月30日 (火) 21時15分

飛雲さんの仰る通りだし、無礼な質問にも大変親切に回答されています。
理解できないのは信心が無いからなのに、なぜあんなに傲慢になれるのでしょうか。
恐ろしいですね。

投稿: | 2020年6月30日 (火) 23時33分

非難はいやよさん

しょうもない質問やめましょう!

私にはさっぱりわからない後生、阿弥陀様が任せろとおっしゃっているのですから、「阿弥陀様、後生お任せします」と、ただ南無阿弥陀仏・・・・・と念仏しましょう!!

投稿: どら焼き | 2020年6月30日 (火) 23時54分

皆様

おとなしい人は、自分の意見を述べませんし、質問もしないと思います。浄土真宗においては、質問者と回答者では平等だと考えます。説く人と、聞く人で上下をつけてしまうと善知識帰命(知識帰命)になっていく可能性があるので、意見しました。「上からの意見でも大目にみてもらえたらうれしい」ということです。傲慢な投稿で皆様、失礼いたしました。

投稿: 間違ったら叱られる | 2020年7月 1日 (水) 09時18分

>質問者と回答者では平等だと考えます

平等だから傲慢な質問者はおかしいですよね。
質問者は傲慢で回答者が謙虚、これが許されるのですか?

回答者が傲慢も褒められませんが、質問者が傲慢なんて、真宗以前に礼儀に反してます。
傲慢な質問者は、回答者を攻撃するのが目的とみるのが自然ですよ。

彼の場合も、飛雲さんを困らせるのが目的なのは、コメントを見たら明白です。
執持鈔を基に説明されているのに、その説明は完全無視して、教行信証で言えとか、何様のつもりだって話でしょ。

そんなのは親鸞会か東さんのどちらかでしょうね。しらずさんもお仲間でしたね。

投稿: ドロップス | 2020年7月 1日 (水) 11時05分

信が大事だと思いましたので質問しましたが、質問の仕方に工夫がなかったため、だいぶ皆様の感情を損ねてしまったようで本当に申し訳ありません。他力信のことが身に沁みて分かっている者であれば、容易にお答えいただけるものと思っていました。「こんな感じ」という飛雲さんの回答内容も分からないではありませんが、執持抄だけで他力信を説明しようとするところに、他力信に対する理解のほどが分かりました。どうも、飛雲さんにはいろいろと教えて頂き、有り難うございました。なお、東さんと誤解されている向きがありますが、違います。

投稿: 非難はいやよ | 2020年7月 1日 (水) 11時12分

ローカルな人物である東さんのことが分かっているってことは、親鸞会ではないだろうし、東さんを知っていて同じ主張をするのは、他にしらずさんくらいだけど、しらずさんとは文体が違うんだよね。

そうなると一人しか該当しないんだけど、分かるよね。

飛雲さんは、東さんじゃなかったやむわっかさんが出した歎異抄の文に該当するか所として執持鈔を出したのですよ。
わかる?
歎異抄に対応するから執持鈔なわけ。

大体さ、飛雲さんのブログで他力信の説明箇所は、教行信証はじめとして、真宗のお聖教と言われるほとんどすべての書から引用されているわけよ。
執持鈔なんて、そのほんの一部でしかないわけよ、わかる?執持鈔はほんの一部。

”無学”のやむわっかさんには、わからないだろうけどさ。

それで、執持鈔で仰っている信心と飛雲さんの信心は一致しているのだから、他力信をやむわっかさんが得ていない、というよりも、異安心なわけよ。執持鈔の内容を最初は否定的にしか語っていなかったんだからね。後で繕ったけど。

負け犬の遠吠えは、やむわっかさんの特技だから、毎度毎度のことで笑える。

投稿: 黄昏 | 2020年7月 1日 (水) 11時51分

歎異抄を出した時点で、やむわっかさんの負けだった。

投稿: 西 | 2020年7月 1日 (水) 12時49分

真宗の各派には個々に立派な方や信のある僧侶の方がいらっしゃりますが、プライドが高く人を見下し威張ることしかできない僧侶が多数存在しているのは親鸞会の指摘通りですね。

あやまることも反省することもない、仏語を上手に操り自分は仏の側にあるという前提で人を見下し、都合の悪い相手には対応が豹変する。

親鸞会で散々辟易としてきましたが、やはり宗教組織というのはどこも大きく変わらないのだとおもいます。

投稿: a | 2020年7月 1日 (水) 15時08分

まあ、高森学徒かその同類項ではないですかね。

>執持抄だけで他力信を説明しようとするところに、他力信に対する理解のほどが分かりました。
って明らかに喧嘩を売っているしね。
他の記事も全く読まずにインネンを付けるんでしょうかね。

ここのコメント欄には穏やかでない人が時々現れますが、今回の人も仏法者らしい穏やかさがまるでないのよ。怖いわ。

投稿: | 2020年7月 1日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善導大師の仰る「弥陀の願意」と転教口称の念仏 | トップページ | 七高僧、親鸞聖人とは異なる信心の人には判らない念仏の話 »