« 高校生並みの国語力なら簡単に理解できる雑行の話 | トップページ | 「雑行」の定義を知らずに大恥を晒した高森顕徹会長 »

2020年4月18日 (土)

「雑行を捨てよ」を「間違った行を捨てよ」と理解できない珍思考

「雑行」は「行」ではない自力の心だ!

という会員は少ないでしょうが、高森顕徹会長の言った通りに信じている会員はほとんどでしょう。
『なぜ生きる2』14章の

「雑行を捨てよ」とは、この悪い「自力の心」を捨てよということである。
 七高僧方が捨てよと言われるのも、「諸善」や「万行」のことではなく「自力の心」のことなのだ。

がその一つですが、これとて完璧に間違いです。添削すると

「雑行を捨てよ」とは、この間違った「行」を捨てよということである。
 七高僧方が捨てよと言われるのも、「諸善」や「万行」の「行」そのもののことなのだ。

です。
解説しておきます。
まず善導大師がされた雑行の定義は、『教行信証』化土巻に引かれています。

雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。

正行以外の諸善を雑行というのが定義です。

更に前回示した『教行信証』化土巻の雑行釈

おほよそ浄土の一切諸行において、綽和尚は「万行」といひ、導和尚は「雑行」と称す。感禅師は「諸行」といへり。信和尚は感師により、空聖人は導和尚によりたまふ。

(現代語訳)

浄土門で説かれるすべての自力の行について、道綽禅師は『安楽集』に「万行」といわれ、善導大師は『観経疏』に「雑行」(散善義)といわれている。懐感禅師は『群疑論』に「諸行」といっている。源信和尚は懐感師により、源空上人は善導大師によっておられる。

より

万行」=「雑行」=「諸行」=「諸善

ですが、善導大師のお言葉通りここでの「万行」「諸行」「諸善」には「正行」が含まれていませんので、念のため言っておきます。以前にこう但し書きをしたのに、理解できない会員がいたので、懇切丁寧に正確に書くと

雑行」=「万行(正行を除く)」=「諸行(正行を除く)」=「諸善(正行を除く)

です。

最終結論を簡潔に言うなら

親鸞聖人が捨てよと言われるのも、「諸善(正行を除く)」や「万行(正行を除く)」のことなのだ。

ですから、高森会長はまるっきり反対なことを、言っているのです。

鈍い会員のために言い方を変えて再度言うと、

「雑行を捨てよ」とは、「自力の心」以前に、「諸善(正行を除く)」という「行」を捨てよ、するなと、親鸞聖人は教えられている

こういうことですが、こういうと単純な思考の会員は、

では悪いことをすればいいのか!

と間抜けた返答を高森会長から吹き込まれて反論してきますが、前回紹介した法然上人の

善導和尚の意によらば、往生の行多しといへども大きに分ちて二となす。一には正行、二には雑行なり。

を読めないのかという話です。「往生の行」に、「悪行」に相当する言葉が入っているかどうか、中学生にでも教えてもらえば宜しいでしょう。

それとこれも前回の蓮如上人のお言葉通りで、信前も信後も「仁義」という倫理道徳の善には心がけなければなりませんが、往生のためには「雑行」「雑善」を捨てなさいです。この「仁義」と「雑行」の違いさえ親鸞会は知らないのです。

雑行」の具体的な内容も、会員どころか高森会長も当然理解していないでしょうから、次回はそのことについて述べます。

|

« 高校生並みの国語力なら簡単に理解できる雑行の話 | トップページ | 「雑行」の定義を知らずに大恥を晒した高森顕徹会長 »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

雑行」カテゴリの記事

コメント

富山市民病院で新型コロナ感染者のクラスタが発生し200人以上の職員が自宅待機しています。ところが近隣の拠点病院である真生会は、高森会長への罹患の可能性をおそれて一切の新型コロナ対応を拒絶しています。
https://www.shinseikai.jp/info/detail0857.html

こういう時こそ、仏心を体現した医師たる真生会の医師は、難病に立ち向かってほしいとおもいますが、実態は、高森会長の個人病院ですので、新型コロナをおそれひたすら拒絶しています
これが仏法者なのか、こんな団体の説く教えに救いがあるのか、よく考えてほしいものですね、

投稿: a | 2020年4月18日 (土) 11時25分

a様

真生会は、高森一族の高森一族による高森一族のための病院です。特専部員が巧く利用されて最後は捨てられるのですが、捨てられても利用されたことに気が付かないかもしれないです。

投稿: 飛雲 | 2020年4月18日 (土) 11時35分

長らく創価学会を意識し、公明党だけは応援しない、という態度を貫いてきた高森会長と親鸞会です。最近も与党は応援するな(公明党がいるから)という発言を高森会長が幹部講師に指示しています。
しかし、今回の10万給付は創価学会=公明党による発案です。会員から莫大な金を集めて蓄財した高森一家はもちろん、いまだに目の覚めない講師部は、受け取りを拒否してもらいたいものです。

ほとんど納税してないカルト宗教団体の教祖や布教使たちは言動で示してもらいたいものです。

投稿: a | 2020年4月18日 (土) 13時16分

10万円が支給されたら、そっくりそのまま親鸞会へ御報謝しましょう!

という話が出ると予想されます。
実行するマイコン会員もそれなりに出てくるでしょうが、金まみれの親鸞会の実態を知る良い縁になると思います。

投稿: 飛雲 | 2020年4月18日 (土) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高校生並みの国語力なら簡単に理解できる雑行の話 | トップページ | 「雑行」の定義を知らずに大恥を晒した高森顕徹会長 »