« 最近の親鸞会との法論1 | トップページ | 最近の親鸞会との法論3 »

2019年12月22日 (日)

最近の親鸞会との法論2

因果の道理について、親鸞聖人は『正像末和讃』誡疑讃にて次のように仰っています。

不了仏智のしるしには
 如来の諸智を疑惑して
 罪福信じ善本を
 たのめば辺地にとまるなり

罪福信ずる行者は
 仏智の不思議をうたがひて
 疑城胎宮にとどまれば
 三宝にはなれたてまつる

自力諸善のひとはみな
 仏智の不思議をうたがへば
 自業自得の道理にて
 七宝の獄にぞいりにける

など他にもありますが、「仏智の不思議をうたがふ」とは「罪福信ずる」こととされています。
罪福信ずる」とは「自業自得の道理」でもあり、自分に起きる禍福は自分に因があるというものです。
これと阿弥陀仏の救いとは相いれません。なぜなら、衆生が往生し成仏する果の因は、すべて阿弥陀仏の因であるからです。それ以外にはありません。
宿善を厚くして救われる、というような理屈ですと、それは衆生に因があることになります。

『教行信証』信巻に、

しかれば、もしは行、もしは信、一事として阿弥陀如来の清浄願心の回向成就したまふところにあらざることあることなし。因なくして他の因のあるにはあらざるなりと、知るべし。

と仰っていますが、行も信も阿弥陀仏から回向されたもので、その阿弥陀仏から回向された行と信を因として往生成仏するのですから、阿弥陀仏の回向された行と信以外には因はないのです。

これは聖道門では考えられない道理になります。
それで覚如上人は『改邪鈔』に

もしいまの凡夫所犯の現因によりて当来の果を感ずべくんば、三悪道に堕在すべし。人中・天上の果報なほもつて五戒・十善まつたからずは、いかでか望みをかけんや。いかにいはんや、出過三界の無漏無生の報国・報土に生るる道理あるべからず。
しかりといへども、弥陀超世の大願、十悪・五逆・ 四重・謗法の機のためなれば、かの願力の強盛なるに、よこさまに超截せられたてまつりて、三途の苦因をながくたちて猛火洞燃の業果をとどめられたてまつること、おほきに因果の道理にそむけり。もし深信因果の機たるべくんば、植うるところの悪因のひかんところは悪果なるべければ、たとひ弥陀の本願を信ずといふとも、その願力はいたづらごとにて、念仏の衆生、三途に堕在すべきをや。もししかりといはば、弥陀五劫思惟の本願も、釈尊無虚妄の金言も、諸仏誠諦の証誠も、いたづらごとなるべきにや。おほよそ他力の一門においては、釈尊一代の説教にいまだその例なき通途の性相をはなれたる言語道断の不思議なりといふは、凡夫の報土に生るるといふをもつてなり。もし因果相順の理にまかせば、釈迦・弥陀・諸仏の御ほねをりたる他力の別途むなしくなりぬべし。そのゆゑは、たすけましまさんとする十方衆生たる凡夫、因果相順の理に封ぜられて、別願所成の報土に凡夫生るべからざるゆゑなり。いま報土得生の機にあたへまします仏智の一念は、すなはち仏因なり。かの仏因にひかれてうるところの定聚の位、滅度に至るといふは、すなはち仏果なり。この仏因仏果においては、他力より成ずれば、さらに凡夫のちからにてみだすべきに あらず、また撥無すべきにあらず。

と仰っています。
因果の道理にしたがえば、凡夫は死後に三悪道に堕ちるしかなく、報土に往くことなどあり得ないことになります。なぜなら阿弥陀仏の本願を信じたと言っても、悪因は悪果にしかなりません。もしそうなら、本願も釈尊の教えられた浄土の教えも嘘になります。
したがいまして、阿弥陀仏の救いというのは、釈尊の聖道門の教えからは、その例がない全く異なった道理になります。もし因果の道理の通りであるなら、阿弥陀仏、釈尊、諸仏方がご苦労なされて教えられた他力の教えが無駄になります。この道理は、阿弥陀仏の願行の因により阿弥陀仏を仏に成す果であり、衆生の側から言えば、阿弥陀仏の願行の因によって、衆生が往生成仏する果となるのです。

この根本にあるのが回向の考え方です。自因が自果に限らず、他果にもなる、つまり利益を自分以外の人にも与えることができるという考え方です。

以上から、因果の道理を聞いて信じることは、この回向を否定することでありますから、「仏智の不思議をうたがふ」ことになり、因果の道理に反する回向の話を聞いて疑いなく信じたことが他力の信心になるのです。

因果相順の理に封ぜられて、別願所成の報土に凡夫生るべからざる」状況に押し込んでいるのが、高森顕徹会長なのです。

|

« 最近の親鸞会との法論1 | トップページ | 最近の親鸞会との法論3 »

法論」カテゴリの記事

因果の道理」カテゴリの記事

コメント

ワタさん こんにちは。
勅命のほかに領解なし。体験とは今疑いなく念仏申していることでした。
信前は念仏を称えるそんな簡単なことで、ハッキリするかと私は阿弥陀さまをみて疑いいっぱいです。しかし
阿弥陀さまは私を救うことに疑いない心で私に呼びかけられている。それが南無阿弥陀仏でした。信一念で主体が変わる。私からみた阿弥陀さまでなく、阿弥陀さまからの私でした。白道とは私が進み行く道程でなく、仏から招き呼ばう正念の道でした。
なまんだぶ、なまんだぶ。

投稿: チュウビ | 2019年12月24日 (火) 06時48分

チュウビさん

コメントありがとうございます。
信心を得たかもと思ってから1年ほどですが、

お聖教は読んでいても、難しいですし、
かといって知っている人で信心を得た人がいるわけではないので、

皆さんは信心の沙汰をどのようにしているのかなと
思いました。

投稿: ワタ | 2019年12月24日 (火) 19時04分

ワタさん こんにちは
 親鸞会にいたときは信を獲た人など皆無だろうと思っていましたが、実際はけっこういらしゃるのだな、というのが実感です。ブログやSNSで発信されていて感じる人がいたならコメントやメールされたら良いと思います。法話行けば元親鸞会の人がいたりして楽しいですね。親鸞会を辞めて友人が減ったりしましたが、また真の法友が現れたりして増えていきましたよ。色々動かれると面白いことになると思います。実際にワタさんが飛雲さんにコメントされてこうして感応道交がありますよね。お念仏申すものには三縁があると善導大師はおしめしでした。有り難いですね。
なまんだぶ なまんだぶ

投稿: チュウビ | 2019年12月26日 (木) 05時03分

こんにちは飛雲さま、ここの和讃などに書かれている「罪福信じる」とは因果の道理を信じる事ですよね。だとしたら信罪福心は因果の道理を信じる心ですね。つまり信罪福心は弥陀の本願を因果の道理で計らう事を言うのでしょうか、疑情とはどんな関係でしょうか。

投稿: 匿名 | 2019年12月27日 (金) 22時09分

匿名様

エントリーでも書きましたが、18願と因果の道理は相反します。
衆生が往生成仏する因は、100%阿弥陀仏で衆生には因が全くありません。これを信じたことを他力の信心と言い、これを疑っていることを自力あるいは疑情と言います。
つまり、因果の道理を信じていることを疑情というのです。

投稿: 飛雲 | 2019年12月28日 (土) 05時57分

飛雲さま
分かりました。18願の前には因果の道理を捨てないといけないんですね。18願は法蔵の願心、全分他力で救われるのでこちらには因がないのですね。因果の道理を信じることはそれを疑うことだから疑情になるわけですね。大変わかりやすく教えていただきありがとうござます。

投稿: 匿名 | 2019年12月28日 (土) 07時57分

匿名さま
飛雲様の補足はおこがましいのですが、自業自得の因果の道理と報土の因果の道理は別モノです。結果が違います。自業自得の因果で報土に往生することはそもそも無理なのに、それをしようとしているのが、阿弥陀さまの願いを無視している疑心なのでした。
 某所の火星人くんはこれがわからず信罪福心をわけのわからない独自解釈してます。そもそも彼に信罪福心という言葉を教えたのは私や友人でした(笑)
 歎異抄の「本願を信じ念仏申さば仏になる」これが報土に往生して仏に成る因果です。これも火星人くんや親鸞会は間違って解釈しており、念仏したから(親鸞会は聴聞したら)信心獲得するという因果関係ではないのです。因は念仏申すという行法を私という機が受け入れた機受の相が信心なのです。その信心が正因として報土に往生するという果になるのでした。行という因なくして往生という果はありえないのでした。もちろん全て他力によるのです。阿弥陀さまは、疑うことなく念仏してくれよと仰せなので私はお念仏一行して浄土に参るのでした。それは私が難病にかかっており、誰も汝を助けられないならば我が救うという阿弥陀さまの救済的精神の発露の、大悲必然の因果でありました。
 火星人くんのようにだましという方便があったから道を進められたのだと言う、アホなレベルの話とは全く違います。
 阿弥陀さまが主人公という主体の大転換を私に迫り起こさしめるものでした。
なまんだぶつ、なまんだぶつ。

投稿: チュウビ | 2020年1月 1日 (水) 09時44分

チュウビさま
補足ありがとうございます。大変わかりやすかったです。ところで某所の火星人とはやはりチュウビさまのお知り合いの久保田くんの事でしょうか(笑)彼については相方では無いので無視することにしました。(笑)彼が必死に何か書いてますがそれでここのチュウビさまの書き込みを知ったのですが彼に感謝はしません。あえて無視しますね(笑)彼の誰でも友達になりたい病は治らんとは思いますが、では良い正月を

投稿: 匿名 | 2020年1月 1日 (水) 11時15分

追記
チュウビさまへ例の火星人がチュウビさまの書き込みを見て某所で、参考にしろ、その通りだと書いてるのですが、報土の因果を知らされた、行学して知らされたとか言ってるのですが、チュウビさんはどう思われましたか?私は白々しいなと思いました。

投稿: 匿名 | 2020年1月 1日 (水) 14時25分

匿名さま。
 くだんの人物については、私は当初の目的は果たせました。詐欺商材販売を中止させました。明らかに犯罪ですので早く手を引いてもらいたかったのです。思いっきり逆恨みされてますが、因果の道理がわかっているならば、わかることでしょう。それにより友人が減ったそうならば彼の自業自得です。それも彼は深信因果してるのでわかっているのでしょうね(笑)
 しかし、道理が通用しない人が一定数世の中にはいるのですよね〜彼もそうかも。
 なので関わらないのが一番ですね。特に彼によってこちらの信心が崩されることもないでしょうし(笑)
 行学という言葉は親鸞会ではよく使いましたね。しかし真宗には不適切な言葉だと思います。教学と行学など言って、学んだら、その先何かになるのでしょうかね?何かあるようだと思わせるのが親鸞会です。忖度させて思わせるのがくせ者でして、はっきりとは言わない。言質を取らせないようにしてますよね。こちらが言うと、先生はそんなこと言ってない!どこに書いてある!と言ってくるだけです。他で信心の沙汰をすることが、人生が豊かなものにしてくれて、楽しいめるものになると思います。
 
 

投稿: チュウビ | 2020年1月 1日 (水) 22時25分

チュウビさま
そうですね。あんまりかかわらないほうがいいですね。彼に付き合うとろくなことがないですね。
彼にとってはあれは信心の沙汰なのかもしれないけど、私にとっては信心の沙汰ではありませんでしたね。他でやったほうが楽しいのは間違い無いと思います。では改めて良い正月を

投稿: 匿名 | 2020年1月 2日 (木) 08時22分

飛雲様
初めてのコメントとなります。
私は大学生だった頃、大学のセミナーの一貫だと聞かされて親鸞会の方の話を聞いていました。
紆余曲折あったのですが、結論としては無理やり入会させられそうになって直前で逃げ出したという形になるのかと思います。
それから数年経っていますが結局浄土真宗とは何が正しいのか分からずにいる状況で飛雲様が書かれている内容もほぼ理解できない状況です。
浄土真宗は何から学んでいくべきなのでしょうか。

投稿: ヤタ | 2020年1月 2日 (木) 21時15分

ヤタ様

入会しなかったとのことですが、良い選択をされたと思います。

ご質問の件ですが、

「やだしい浄土真宗の教え」
https://blog.goo.ne.jp/soifull

というブログがあります。浄土宗の僧侶による浄土真宗の教えをまとめたものです。
やさしいとは言いながらも、実は難しいのですが、ポイントは押さえてありますので、何回も読まれれば、理解できるようになると思います。

ただし、浄土宗の僧侶から見た浄土真宗ですので、若干疑問点はありますが、これを基礎とされるのが宜しいかと思います。

投稿: 飛雲 | 2020年1月 2日 (木) 21時23分

ヤタ様こんにちは。
私も「やさしい浄土真宗の教え」をお勧めします。
他には、私は本願寺派の僧久保光雲先生、龍雲先生夫妻の動画やブログをお勧めします。検索したら判ると思います。質問も答えてくださいますよ。
 また飛雲さんのブログは親鸞会の教義上の間違いを教えてくださいますが、それだけでなく聞法上の疑問点なども答えてくださいますよ。
 ヤタ様は、はやい段階で親鸞会との縁を切られたのですね。良かったですね。私はかなり親鸞会の洗脳期間が長かったのですが、飛雲さま他皆さまのお陰で真宗を知ることができました。
いつ聞いても時遅すぎた…ということのない。間に合い過ぎるほど間に合う真宗を聞いていただきたく思います。
なまんだぶ、なまんだぶ。

投稿: チュウビ | 2020年1月 3日 (金) 14時10分

詳しい教義の説明いつもありがとうございます。気になるのでコメントさせて頂きます。
因果の道理を信じる・信じないの表現は過激すぎです。道理なので信じる・信じないの次元ではありません。
自分の自因自果を阿弥陀仏の自因自果に加えると自力になると言う事であって、
決して因果の道理に反している事ではありません。回向も同じです。これでは外道の教えになってしまいます。
仰る事は分かるので、ここを読まれる方は真意を取り違えたりはしないと思いますが、
表現を変えて頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

投稿: kana | 2020年2月 7日 (金) 16時25分

kana様

おっしゃりたい事は良く判ります。以前は同じことを私も考えていました。しかし親鸞聖人は

罪福信ずる行者は
 仏智の不思議をうたがひて

と仰っています。
現代語訳すると

因果の道理を信じる行者は
阿弥陀仏の仏智の不思議を疑って

となりますので、そこを言い換えるのは憚られます。
なぜ親鸞聖人がこのようなきつい言い方をされたのかと想像しますに、聖道門からの非難の一つが

法然上人・親鸞聖人の教えは因果の道理に反している

というものです。これの反論が、

阿弥陀仏の救いは因果の道理に準じているし私も因果の道理を信じていますよ

ではなかったということです。

因果の道理を信じているあなた方は、仏智の不思議を疑う罪を犯している

というものです。
それと、深信因果と亦信因果は行福ですので、簡単に因果の道理を信じるというものでもないと思います。

我々が信じているのは、仏教の因果の道理というより、倫理的な因果の道理ですから、本来は区別すべきなのでしょうが、親鸞聖人の仰った言葉にできる限り忠実に書くことに心掛けた結果とお考えください。

投稿: 飛雲 | 2020年2月 7日 (金) 16時57分

飛雲様 ご返事ありがとうございます。仏教の道理を理解していないのが過激と感じた原因の様です。
今の解釈を少し詳しく書きます。
道理はあくまで法則と理解しています。御聖教では法則ではなく事象の共通集合体として表現している印象です。
私の理解では、
報土の因果は「世間・出世の因果のことわりに超異せり」の世間・出世とは超異なる因果の道理にのっとった因果。
阿弥陀仏の自果は「感果はわれらがところに成ず」の我々の自果でもあると解釈してます。
イメージは自果がダブルブッキング (無限大)仏の自果>>>>・・・・・>>>>私の自果(極大)
自分の因果ではなく他力の因果と解釈。道理だと意味が分からなくなるので個別の因果です。
この解釈でいくと、
「因果の道理に背く」と言われるときは、自力・罪悪の解説と「大願は因果の道理に背く」は一緒に書いてありますので、
出世自力の因果全体と脳内変換、ご和讃に罪福とある部分は出世自力の因果と脳内変換します。
「因果の道理に反する大願」、また「因果の道理を信じるな」と解説されると、どんな場合でも因果の道理に反するのが大願、
どんな因果の道理も信じるな、と逆方向に脳内変換してしまい過激な表現と感じてしまったと思います。失礼致しました。
仏教の道理を理解するのに参考になるバックナンバー・資料を教えて下さい。時間がかかるなら放置で構いません。

投稿: kana | 2020年2月 8日 (土) 12時15分

kana様

過激な表現は、私も承知していますし、他のところでも敢えてそのように書いている箇所はあります。理由は、親鸞会の会員が反応しやすくするためです。
今回も、そのような意図はありますし、実際に親鸞聖人がそう仰っていますので、そのように書いたという経緯です。
それと、報土の因果は、大乗仏教でいう空(縁起)による因果で、回向という考え方ですが、普通の考えなら自分が受けるべき利益ですが、それを自分のという執着を離れて他にも与えることができるというものです。聖道門でも回向はいいますが、それを最大限に徹底されたのが親鸞聖人の解釈といえます。
なお、聖道門で教える道理については、私はブログでは書いていませんので、バックナンバーはありません。
聖道門関連のサイトかブログで探して頂くより仕方がないです。

投稿: 飛雲 | 2020年2月 8日 (土) 14時53分

飛雲様 お手数をかけしました。
御聖教は同じ単語を別の意味で使ったりしているので論文としてはお粗末と感じています。
道理の定義については、暇ができたら自分で探してみます。

インパクトの大きな表現(過激はヤメました)の意図は分かってましたが、敢えて触れませんでした。
「浄土真宗は因果の道理から外れた教え」との単文表現。
初心者は「キリスト教の神の奇跡と同じ」「所詮、宗教だな」と思い、誤解してしまうのでは、
と感じたためイチャモンを付けてました。
巡回訪問者に初心者はいないでしょうけど、勧誘されて初めて真宗を調べてる人はいると思います。
これからも毒気の多いこのサイトを参考資料にさせて頂きます。頑張って下さい。

投稿: kana | 2020年2月 9日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の親鸞会との法論1 | トップページ | 最近の親鸞会との法論3 »