« 親鸞聖人の仰る実機とは1 | トップページ | 親鸞聖人の仰る実機とは3 »

2019年9月28日 (土)

親鸞聖人の仰る実機とは2

前回紹介した『教行信証』化土巻に引かれた源信僧都の『往生要集』のお言葉

ここに知んぬ、雑修のものは執心不牢の人とす。ゆゑに懈慢国に生ず。もし雑修せずして、もつぱらこの業を行ぜば、これすなはち執心牢固にして、さだめて極楽国に生ぜん。{乃至}また報の浄土に生ずるものはきはめて少なし。化の浄土のなかに生ずるものは少なからず。

この直後に、親鸞聖人は19願に対するご自身の解釈を仰っています。

しかれば、それ楞厳の和尚の解義を案ずるに、念仏証拠門のなかに、第十八の願は別願のなかの別願なりと顕開したまへり。『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

(現代語訳)

以上のようなことから、源信和尚の解釈をうかがうと、『往生要集』の念仏証拠門の中に、第十八願について、四十八願の中の特別な願であるとあらわされている。また『観無量寿経』に説かれる定善・散善を修めるものについて、きわめて罪が重い悪人はただ念仏すべきであるとお勧めになっているのである。五濁の世のものは、出家のものも在家のものも、よく自分の能力を考えよということである。よく知るがよい。

化土に往生する人は「定散の諸機」ですが、「定散の諸機」と「極重悪人」が並べてあるということは、「極重悪人」以外に化土往生の「定散の諸機」がいることを親鸞聖人が御自身のお言葉で示されている根拠です。
全人類が
1つの善もできない極重の悪人
という発想は親鸞聖人には全くなかったのです。

実は「『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。」は、『往生要集』にあるお言葉を使って、親鸞聖人独自の文に変えられたものです。元は行巻にもあります、

『観経』には「極重の悪人他の方便なし。ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得」

です。
見比べてみますと、元は「極重の悪人」だけであったところに、親鸞聖人は「定散の諸機」を加えられ、元有った「他の方便なし」を親鸞聖人は削られています。これは『観無量寿経』を読んでみれば判りますが、「定散の諸機」には諸善という方便が勧められていますが、「極重の悪人」を含む悪人には諸善の勧めは全くなく、「ただ弥陀を称せよ」というお勧めしかありません。

したがいまして、「定散の諸機」を加えたら「他の方便」ありですが、「定散の諸機」なしの「極重の悪人」だけなら「他の方便なし」になります。

何が言いたいかというと、親鸞聖人の

『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。

のお言葉は、「定散の諸機」も「極重悪人」という実機だという意味ではなく、「定散の諸機」も「極重悪人」同様に、「ただ弥陀を称せよ」が『観無量寿経』の結論なんだという親鸞聖人の断言なのです。

今回のエントリーをまとめると、

親鸞聖人は
1.「極重の悪人」以外に「定散の諸機」という人がいることを当然のことと認められていた。
2.「極重の悪人」には諸善は勧められていない、つまり諸善は不要と解釈されていた。
3.極楽に生まれるために全人類に勧められているのは、「ただ弥陀を称せよ」と結論付けられていた。

何のことはなく、高森顕徹会長の言っていることの正反対なことを親鸞聖人は教えられた方だということです。

|

« 親鸞聖人の仰る実機とは1 | トップページ | 親鸞聖人の仰る実機とは3 »

人間の実相」カテゴリの記事

コメント

合掌 南无阿彌陀佛 

   なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶつ

投稿: とくま | 2019年9月29日 (日) 09時51分

「ただ弥陀を称せよ」
この「ただ」に、拘っていまして、国語辞典などによるとおおよそ3つの意味があり、
(1)もっぱら、ひたすら、・・・「唯」の字が相応
(2)ただ単に、普通に、・・・「徒」の字が相応
(3)何もいらない、お金がいらない、・・・「只」の字が相応

ここでは、(1)の意味と味わせて頂きました。

投稿: 土見誠輝 | 2019年9月29日 (日) 16時05分

「ただ弥陀を称せよ」
この「ただ」に拘っていまして、次の4つから考えて、
(1)ひたすら、「唯」の字が相応
(2)ふつうだ、「徒」の字が相応
(3)無料だ、「只」の字が相応
(4)ただちに、「直」の字が相応
ここでは私は(1)の意味だと味わせて頂きました。

投稿: 土見誠輝 | 2019年9月29日 (日) 21時31分

土見様

1の唯です。念仏一行、専修念仏のことです。

投稿: 飛雲 | 2019年9月29日 (日) 21時38分

『観経』の定散の諸機は、極重悪人、  ここの、によるつながりは国語的にどういうことかと思っていました。化土巻と行巻のお言葉を対比された説明によって、今回さらによく分からせてもらいました。ありがとうございました。

投稿: nageta | 2019年10月 1日 (火) 00時26分


射水市を世界に発信する会
https://www.facebook.com/imizu.hassin/

<=チーズ講師 これも阿弥陀仏がすすめられた善でしょうか

投稿: a | 2019年10月 3日 (木) 19時27分

こんにちは。
親鸞会について個人的に気になっていることを質問してもよろしいでしょうか。
親鸞会に関わりがあった身内は、心を痛めるような悲しいニュースをテレビでみると、「被害者は過去世でそれだけ悪い種を蒔いてきたんや」と言います。
その言葉を聞いてとても悲しくなりました。
どうして記憶がない前世の罪まで背負わなければならないのでしょうか...。

投稿: 雨 | 2019年10月 8日 (火) 04時46分

横からですが。
過去世や前世があるかどうかも含めて、過去世について凡夫(悟りを開いていない普通の人)は知ることはできません。
まるで前世の行いを知っているかのように言っているのはその方が洗脳されているからです。
「被害者が過去世で悪い種を蒔いた」と言っている本人が、過去世でもっと悪いことをしている可能性もあるのです。
過去世の記憶がない以上、自分が過去世に恐ろしい種蒔きをしていない保証はありません。現在結果が現れていないだけでいつ結果が現れるかもわからないのです。
ですから、誰しも他人の過去世のことを言うべき立場にはありません。
苦しんでいる人に同情できず、見下すようなことを言う態度自体が、自身の悪い種蒔きだと知るべきです。
自分自身を懺悔し、他者には慈悲心を持つように心がけるのが仏教的な態度です。
また苦しんでいる本人も過去世の種蒔きのせいだといわれても過去世はわからないのですから納得できるはずがありません。
過去世のことを心配するより現在只今のことを思うのが仏教の立場です。
簡単に言いますと、親鸞会の教えは間違っており、お釈迦様にも親鸞様にも背いています。

投稿: | 2019年10月 8日 (火) 20時10分

なんまんだぶ
伊藤元師に教えられました。
因果の道理は、過去世には当てはまる。
今生は
因はこれ善悪、果はこれ不記 これが答えやと。
なんまんだぶ

投稿: | 2019年10月 9日 (水) 08時23分

お二人様方、ありがとうございました。

投稿: 雨 | 2019年10月11日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親鸞聖人の仰る実機とは1 | トップページ | 親鸞聖人の仰る実機とは3 »