« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

親鸞聖人の仰る実機とは2

前回紹介した『教行信証』化土巻に引かれた源信僧都の『往生要集』のお言葉

ここに知んぬ、雑修のものは執心不牢の人とす。ゆゑに懈慢国に生ず。もし雑修せずして、もつぱらこの業を行ぜば、これすなはち執心牢固にして、さだめて極楽国に生ぜん。{乃至}また報の浄土に生ずるものはきはめて少なし。化の浄土のなかに生ずるものは少なからず。

この直後に、親鸞聖人は19願に対するご自身の解釈を仰っています。

しかれば、それ楞厳の和尚の解義を案ずるに、念仏証拠門のなかに、第十八の願は別願のなかの別願なりと顕開したまへり。『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

(現代語訳)

以上のようなことから、源信和尚の解釈をうかがうと、『往生要集』の念仏証拠門の中に、第十八願について、四十八願の中の特別な願であるとあらわされている。また『観無量寿経』に説かれる定善・散善を修めるものについて、きわめて罪が重い悪人はただ念仏すべきであるとお勧めになっているのである。五濁の世のものは、出家のものも在家のものも、よく自分の能力を考えよということである。よく知るがよい。

化土に往生する人は「定散の諸機」ですが、「定散の諸機」と「極重悪人」が並べてあるということは、「極重悪人」以外に化土往生の「定散の諸機」がいることを親鸞聖人が御自身のお言葉で示されている根拠です。
全人類が
1つの善もできない極重の悪人
という発想は親鸞聖人には全くなかったのです。

実は「『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。」は、『往生要集』にあるお言葉を使って、親鸞聖人独自の文に変えられたものです。元は行巻にもあります、

『観経』には「極重の悪人他の方便なし。ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得」

です。
見比べてみますと、元は「極重の悪人」だけであったところに、親鸞聖人は「定散の諸機」を加えられ、元有った「他の方便なし」を親鸞聖人は削られています。これは『観無量寿経』を読んでみれば判りますが、「定散の諸機」には諸善という方便が勧められていますが、「極重の悪人」を含む悪人には諸善の勧めは全くなく、「ただ弥陀を称せよ」というお勧めしかありません。

したがいまして、「定散の諸機」を加えたら「他の方便」ありですが、「定散の諸機」なしの「極重の悪人」だけなら「他の方便なし」になります。

何が言いたいかというと、親鸞聖人の

『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。

のお言葉は、「定散の諸機」も「極重悪人」という実機だという意味ではなく、「定散の諸機」も「極重悪人」同様に、「ただ弥陀を称せよ」が『観無量寿経』の結論なんだという親鸞聖人の断言なのです。

今回のエントリーをまとめると、

親鸞聖人は
1.「極重の悪人」以外に「定散の諸機」という人がいることを当然のことと認められていた。
2.「極重の悪人」には諸善は勧められていない、つまり諸善は不要と解釈されていた。
3.極楽に生まれるために全人類に勧められているのは、「ただ弥陀を称せよ」と結論付けられていた。

何のことはなく、高森顕徹会長の言っていることの正反対なことを親鸞聖人は教えられた方だということです。

| | コメント (10)

2019年9月19日 (木)

親鸞聖人の仰る実機とは1

ご要望がありましたので、親鸞聖人の教えを、親鸞聖人のお言葉を通して明らかにしていきますが、比較のために高森顕徹会長のヘンテコ教義も取り上げます。

全人類の実機は、

1つの善もできない極悪人

という考えは、大沼法竜師や華光会でも言われて、そのパクリの高森会長も言っていますが、親鸞聖人はそのように仰った箇所はありません。

信心の内容を顕わすのに、真宗ではよく二種深信を使いますが、その機の深信で見てみます。

善導大師は『散善義』に

一つには、決定して深く、自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかたつねに没し、つねに流転して、出離の縁あることなしと信ず。

とありまして、親鸞会でもよく知られた御文ですが、善導大師は『往生礼讃』でも機の深信について表現を変えられて、

自身はこれ煩悩を具足せる凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知す。

と仰っています。
親鸞聖人は上記の2つ共、『教行信証』に引かれていますので、親鸞聖人も同じ領解であったということになります。
この2つは、同じ内容を仰っていなければ、信心に矛盾があることになりますので、比較してみますと、

罪悪生死の凡夫」=「煩悩を具足せる凡夫
曠劫よりこのかたつねに没し、つねに流転して」=「善根薄少にして三界に流転して
出離の縁あることなし」=「火宅を出でず

となります。
このように比較するとより判りやすくなると思いますが、

1つの善もできない極悪人

という意味合いは全くありません。出離できるだけの善ができない、という意味であって善ができないのではありません。出離に対しての善が薄く少ないのですから、無善ではありません。

これを裏付けるのが、『散善義』の善導大師の告白です。

わが身は無際よりこのかた、他とともに同時に願を発して悪を断じ、菩薩の道を行じき。 他はことごとく身命を惜しまず。 道を行じ位を進みて、因円かに果熟して、聖を証せるもの大地微塵に踰えたり。 しかるにわれら凡夫、すなはち今日に至るまで、虚然として流浪す。 煩悩悪障は転々してますます多く、福慧は微微たること、重昏を対して明鏡に臨むがごとし。たちまちにこの事を思忖するに、心驚きて悲歎するに勝へざるものをや。

(現代語訳)

わが身は、 無始よりこのかた、 他のものと同時に、 発願し、 悪を断ち、 菩薩の道を行じたのに、 他のものはことごとく身命を惜しまず、 修行して位を進め、 因が円満し、 果が成就して、 聖者の位を証した。その数は、 大地を微塵にくだいたよりもなお多い。しかるに、 われら凡夫は過去より今日に至るまで、 いたずらに流転して、 煩悩の悪障が次第にますます多くなり、 福徳智慧のきわめて少ないことは、 重昏をもって明鏡に望むがようである。 今このことを考えると、 どうして心驚き悲しまずにおられようか。

出離した法友がたくさんある中で、善導大師も同じように修行されたが出離には至らなかった、つまり落ちこぼれであった、ということですが、善導大師は善はできたのです。

親鸞聖人のお言葉でそのことを証明するなら、『教行信証』化土巻の要門釈に源信僧都の『往生要集』を引かれて

ここに知んぬ、雑修のものは執心不牢の人とす。ゆゑに懈慢国に生ず。もし雑修せずして、もつぱらこの業を行ぜば、これすなはち執心牢固にして、さだめて極楽国に生ぜん。{乃至}また報の浄土に生ずるものはきはめて少なし。化の浄土のなかに生ずるものは少なからず。

と仰っています。19願の善を修すると「懈慢国に生ず」とあるように化土往生ですが、化土往生する19願の善のできた人は「化の浄土のなかに生ずるものは少なからず」です。善のできる人は少なくないのです。
これを『高僧和讃』源信讃では、

報の浄土の往生は
 おほからずとぞあらはせる
 化土にうまるる衆生をば
 すくなからずとをしへたり

と親鸞聖人はご自身のお言葉で言い換えられています。

以上の親鸞聖人のお言葉から導き出される全人類の実機とは、

出離できるだけの善ができない凡夫

と言えそうですが、揚げ足を取りたいだけのおめでたい会員のために丁寧に言うなら、出離された菩薩方を親鸞聖人は認められていますので、そいういう特別な方を除いて、と但し書きを加えておきましょう。

| | コメント (2)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »