« 親鸞聖人の教えと対極にある高森顕徹会長の教え | トップページ | 阿弥陀仏の救いを根本から疑う高森顕徹流”真実信心” »

2019年7月19日 (金)

”宿善薄き”弥勒菩薩、”宿善厚き”高森顕徹会長

高森顕徹会長の衰えもあるのでしょうが、映画は親鸞会内でも盛り上がりに欠け、大コケとなっています。予想されたことですので、何も驚くべき結果ではありません。

さて、『教行信証』信巻にある、親鸞会でも有名な御文

まことに知んぬ、弥勒大士は等覚の金剛心を窮むるがゆゑに、竜華三会の暁、まさに無上覚位を極むべし。念仏の衆生は横超の金剛心を窮むるがゆゑに、臨終一念の夕べ、大般涅槃を超証す。

ですが、ここから弥勒菩薩は「念仏の衆生」ではないし、信心を獲て往生即成仏もできない、と親鸞聖人は観られていたことが判ります。

では、弥勒菩薩は阿弥陀仏の18願を知られないのか、と思う人もあるかもしれませんが、弥勒菩薩は『大無量寿経』の聴衆であるだけでなく、釈尊との問答までされていますので、当然ながら、18願についてもすべて知られた上で、聖道門の修行を続けられているのです。

『大無量寿経』の最後に

仏、弥勒に語りたまはく、「それかの仏の名号を聞くことを得て、歓喜踊躍して乃至一念せんことあらん。まさに知るべし、この人は大利を得とす。すなはちこれ無上の功徳を具足するなりと。
このゆゑに弥勒、たとひ大火ありて三千大千世界に充満すとも、かならずまさにこれを過ぎて、この経法を聞きて歓喜信楽し、受持読誦して説のごとく修行すべし。ゆゑはいかん。多く菩薩ありてこの経を聞かんと欲すれども、得ることあたはざればなり。もし衆生ありてこの経を聞くものは、無上道においてつひに退転せず。このゆゑにまさに専心に信受し、持誦し、説行すべし」と。

(現代語訳)

釈尊が弥勒菩薩に仰せになる。
「無量寿仏の名を聞いて喜びに満ちあふれ、わずか一回でも念仏すれば、この人は大きな利益を得ると知るがよい。すなわちこの上ない功徳を身にそなえるのである。
だから弥勒よ、たとえ世界中が火の海になったとしてもひるまずに進み、この教えを聞いて信じ喜び、心にたもち続けて口にとなえ、教えのままに修行するがよい。なぜならこの教えは、多くの菩薩たちがどれほど聞きたいと願っても、なかなか聞くことができないものだからである。もしこの教えを聞いたなら、この上ないさとりを開くまで決して後もどりすることはないであろう。だからそなたたちはひたすらこの教えを信じ、心にたもち続けて口にとなえ、教えのままに修行するがよい」

とありまして、釈尊が弥勒菩薩に直接、阿弥陀仏の救いの教えを信じて、聞いて、念仏せよ、と説かれたにも関わらず、弥勒菩薩は信じられなかった、ということになります。

弥勒菩薩は、仏の一歩手前ですので、仏を除いた善人の筆頭です。過去世においても、そして現在も、弥勒菩薩以上の善人はいません。当たり前ですが、一応言っておきますと、弥勒菩薩は悪人ではありません。
善人の第一人者である弥勒菩薩をしても、阿弥陀仏の救いを信じられない高森流の”宿善薄き者”になるのです。弥勒菩薩以外の多くの菩薩は、「多く菩薩ありてこの経を聞かんと欲すれども、得ることあたはざればなり。」と釈尊が仰るように、阿弥陀仏の救いを知られないから、信じようもないかもしれませんが、弥勒菩薩は釈尊から直接聞かれているのです。

この弥勒菩薩のことを通してでも、阿弥陀仏の18願に救われることと、善とは全く関係ないと判ります。高森理論を当てはめると、弥勒菩薩が”宿善薄き者”ですから、”宿善厚き者”は仏だけになります。つまり、全人類は仏にならなければ、”宿善厚き者”となることができないことになります。”宿善厚き者”の高森会長は、仏のつもりなのでしょう、きっと。

ここまでくると無茶苦茶な話です。

高森理論の崩壊と共に、親鸞会の崩壊も近づいているようです。

|

« 親鸞聖人の教えと対極にある高森顕徹会長の教え | トップページ | 阿弥陀仏の救いを根本から疑う高森顕徹流”真実信心” »

宿善」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

ネットのイベントサイトで、有名書籍を東洋哲学から読み解くというのがあり、面白そうだと参加したら、参加者の間で繋がりができて、かなり時間が経ってから、実はそれが親鸞会の偽装サークルだったというオチを体験しました。

この教義、まず「思うも罪=仏の目から見れば、心の中で思い浮かべる悪も、実際に行う悪と変わらない」があり、その結果として「全人類が極悪人」となり、だから「弥陀に救われなければ、全員が無間地獄行き」になっていて、これがキモですね。

これらがどうにも腑に落ちず、深入りすることはありませんでした。下記、思いました。

1、「思うも悪」で、仏の目から見ると言ってますが、仏教では人の輪廻転生先を決めるのは、法。仏は関係ないでしょう。仮に仏が人の転生先を決めるのであれば、最初に仏になった人は、どうやったの?という話になる。

2、「思うも悪」ならば、「思うも善=仏の目から見ると、心の中で思い浮かべる善行は、実際に行う善行と同じ」になるはずだか、それは言わない。何で?

3、法は無人格であり、菩薩が輪廻の輪から出られるかどうかを自動判定するとき、その菩薩が善行である願をきちんと履行しているかを記録したものを参照しているはず。言い換えると、法は人の善行をきちんと見ていることにしないと、整合性が取れない。

4、以上により、法が人の善悪ひっくるめた言行や思いに基づいて転生先を決定しているのであり、全人類が本来無間地獄行きにはならない。

弥陀は、本来なら法によって再度輪廻の輪の中に転生しようとする人を、輪廻の輪の外から救い取る存在。対象は、念仏する人だけなのか、獲信した人だけなのか、全衆生なのか、仏説の解釈で諸説あり?


しかしまあ、親鸞会の社会人偽装サークルは昨今、勧誘のテクニックが非常に洗練?されてますよ。

友人関係を作るところから入り、時間を掛けて少しずつ少しずつ、哲学と称し宗教をなるべく匂わせずに教義を刷り込んでいきます。イベントごとも多く、頃合いを見て、異性の「友人」が北陸への泊まりの旅行に誘ってきます。

親鸞会末端会員は、みな良い人でした。会の方針に従い、正体を伏せ、善を積んでいるという意識で今日も勧誘に勤しんでいるのだと思います。気の毒に思いますが身内でもなく、マインドコントロール下にある以上は、私ができることはありません。

親鸞会講師はアドバイザー的な感じでした。表に出ず、ある一流大学卒を称して名前は苗字のみしか言わず、哲学と称して教義を少しずつ少しずつ刷り込んできます。もちろん親鸞会講師とは言いません。

ネット検索を警戒しているのだろうと思いますが、逆にそれが胡散臭さを醸し出して警戒されていることに、本人は気がついているのかいないのか。外見は非常に爽やかな青年なんですが。

その点、親鸞会所属は隠しても自分の名前は隠さず、アクティブに活動している人の方が、まだ人として好感が持てます。


末端会員が社会人サークルを主宰し、親鸞会講師はネット検索にかからないようにアドバイザー的にサークルの脇を固めつつ時間をかけて哲学と称して布教していくスタイルは、一見非効率なようですが、有効なのかもしれません。

哲学と教義の区別が付かない人、教義に対する疑問を脇に置いて友人関係を重視する人、そもそもこんなおかしな教義に疑問を持たない人、また正体を隠して教義を説く人に対して胡散臭さを感じない人を絡めとるには効果があると感じました。

長文駄文、失礼しました。


投稿: 趙雲 | 2019年7月27日 (土) 05時31分

概ね、仰る通りと思います。
全人類が極悪人だという根拠は皆無です。それを否定する根拠は、山ほどあります。
弥勒菩薩をはじめとする菩薩方は、当然善人です。善人ですらなければ、悪をして出離されたのでしょうか?
菩薩出なくても、善凡夫という善人がいることは、聖教のいたるところに書かれています。
悪凡夫という悪人でも、軽度の悪人、重度の悪人、極重の悪人と区別されています。
未だに、こんな妄想を自信満々に語っているのは、マインドコントロールが良く効いているか、プロの詐欺師のどちらかでしょう。

投稿: 飛雲 | 2019年7月27日 (土) 21時00分

「歎異抄をひらく」のアニメ映画では、全人類は悪人で説いてます。
やるよりも劣らぬものは「思う罪」で。
ですから「第三章」が都合よくなるわけです。
念仏もそれとなく入れられ、つくろってはいます。でも圧倒的に物足りないです。
歎異抄で念仏拒否では様になりませんからね。

投稿: | 2019年7月29日 (月) 11時28分

飛雲さま

何か場違いな投稿にコメントいただきありがとうございました。

私は真宗門徒ですが不勉強なもので、真宗のことをあまり知りません。今回のことで運良く?弥陀のお力で?このサイトを知ることができました。いろいろと学ばせて下さいね。


29日投稿者さま

やるよりも 劣らぬものは 思う罪

こんな俳句があったのか?と、ネットで調べてみました。

「出典」や「根拠」とのアンドで検索したところ、10件が引っ掛かり、うち5件は個人のブログ、残り5件はドメインを持つサイトでした。

その10件が10件とも、親鸞会の会員や講師などの関係者のものでした。

案の定、俳句の出典はどこにもなく、みな、「仏教では、・・・といわれています」と説明しています。

親鸞会の誰かが作った創作俳句ですね。

「全人類は極悪人、何故なら思うも罪だから」の根拠が、こんなしょうもない創作俳句だとは・・・

椅子からずっこけそうになりました。

子龍(趙雲改め)

投稿: 子龍 | 2019年7月31日 (水) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親鸞聖人の教えと対極にある高森顕徹会長の教え | トップページ | 阿弥陀仏の救いを根本から疑う高森顕徹流”真実信心” »