« 係念の宿善?の念仏を勧めた?高森顕徹会長? | トップページ | 親鸞聖人が他力の念仏を最初から勧められたことを知らない親鸞会 »

2019年5月19日 (日)

大沼法竜師の説明を受け売りして恥をかき続ける高森顕徹会長

本日の高森顕徹会長の話は、また

「『聞く一つで、大船に乗せる』ということは、阿弥陀仏の命を懸けたお約束だからです」とは、どんなことでしょうか」

との質問に答える座談会でした。

自分の創作した言葉の解説を延々とし続ける意図は、批判されることへの恐れを抱いた自信のなさの表われです。

いつもの邪義の連続で大した話はありませんでしたが、邪義の中で一つだけ取り上げておきます。

阿弥陀仏が「すべての人」を「極重の悪人」と見て取られて本願を建てられた

というところです。大沼法竜師が言われていたことの受け売りですが、これは間違いです。

極重の悪人」とは、『正信偈』の

極重悪人唯称仏

から取っているのでしょうが、この元は源信僧都の『往生要集』の

『観経』に「極重の悪人は、他の方便なし。ただ仏を称念して、極楽に往生することを得」と。

です。『観無量寿経』の内容を示されたものですが、この更に元は、善導大師の弟子であった懐感禅師の『釈浄土群疑論』にある

『観経』の下品上生、下品中生、下品下生の三処の経文には、みなただ弥陀仏を念じて浄土に往生すと陳ぶ。

です。ここで『観無量寿経』の九品について見てみますと、

「上品上生」「上品中生」「上品下生」は、行福を行じている善人
「中品上生」「中品中生」は、戒福を行じている善人
「中品下生」は、世福を行じている善人
「下品上生」「下品中生」「下品下生」は、無三福の悪人

となります。したがって、源信僧都の仰る「極重の悪人」とは、悪人の中の最も下に当たる「下品下生」のことを指しているのは浄土門の常識です。源信僧都が仰っていることは、「下品下生」の「極重の悪人」は、念仏だけを勧められていて善という方便がない、その念仏を称えて極楽に往生する、と『観無量寿経』に説かれている、ということです。

これがどういうことかというと、「上品上生」から「中品下生」までの善人がいるということであり、悪人でも「下品上生」「下品中生」もいるということです。

そんなことはない、親鸞聖人は全人類を「極重の悪人」とみておられた!!!

と根拠のない反論をしてくるでしょうから、この御文を使って言い換えられた親鸞聖人の御文を示しておきます。『往生要集』のお言葉に「定散の諸機」を加えられて、『教行信証』化土巻の要門釈で

『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

と仰っています。「極重の悪人」には他の方便がありませんが、善人である「定散の諸機」には他の方便がありますので、「定散の諸機」の入ったこの御文には「他の方便なし」が無くなっています。

なぜかって、「定散の諸機」がいるからです。

それでも納得しないでしょうからもう一つ信巻から

禅に参はり性を見ること、たれか高玉・智覚にしかんや。みな社を結び、仏を念じて、ともに上品に登りき。

高玉・智覚禅師は、上品だということです。

高森会長の邪義など、たやすく暴くことができます。なぜなら、その程度の人物だからです。

 

|

« 係念の宿善?の念仏を勧めた?高森顕徹会長? | トップページ | 親鸞聖人が他力の念仏を最初から勧められたことを知らない親鸞会 »

18願」カテゴリの記事

コメント

今回もまとめありがとうございます。相変わらずの全人類は極重悪人である、のごり押しだったのですね。会長が全く教行信証を読んでいないことが分かります。会長が若い頃、教行信証を謹書した、という話を聞いた記憶がありますが、全くその内容が頭に入っていないのですね。

さて、今月の24日(金)から全国各地にて、『歎異鈔をひらく』が放映されますね。この映画が放映してからは、『なぜ生きる』の映画解説と『歎異鈔をひらく』の映画解説の両方をやるのですかね?

投稿: とある元学徒 | 2019年5月21日 (火) 00時31分

私は親鸞会とは関係のない、ただの門徒です
こちらの記事とも若干?関係はあるのですが、最近5chの神社仏閣板で話題になっているトピックがあります
見識を見込んで質問するのですが、41願~48願にある「他方国土の諸菩薩衆」とは一体だれを指しているのでしょうか
というのも5chの書き込みに、この「他方国土の諸菩薩衆」というのは信心を得たもののことで、信心を得たものは正定聚の菩薩である。だから41願により往生するまで諸根が具足する。だから諸根の具足していない身体障碍者の方は信心が決定していない証拠だ。と主張しているものがおりました。さらに、そういうことを本に書いている布教使もおりました。
https://dotup.org/uploda/dotup.org1851005.jpg
「諸根不具足のものは信心決定していない」というのは明らかに邪義だと思うのですが当方は教学に疎く、どう反論してよいか分かりません。
浄土真宗において信心のあるものを菩薩だとする見方はあるのでしょうか?41願~48願の他方国土の諸菩薩衆とは一体誰なんでしょうか
ネット上で浄土真宗の発言をしている方の中で、一番教義に詳しそうなので質問させて頂きました
親鸞会とは関係のない内容ですが、お答えいただけると嬉しいです

投稿: | 2019年5月21日 (火) 21時43分

とある元学徒様

新しい映画の方がメインになってくると思います。今まで、古いものはまるで無かったかのように忘れ去ってきたのが高森会長です。何かの折に、古い映画も触れるとは思いますが、新しい方一色の解説を以後続けると予想されます。

投稿: 飛雲 | 2019年5月21日 (火) 22時14分

名無し様

まず、「諸根不具足のものは信心決定していない」は、仰る通り邪義です。
身体障碍者と信心とはなんの関係もありません。阿闍世は、小指を切断している身体障碍者ですが、信心を獲たと告白しています。切断した指が元に戻ったとも伝えられていません。

次に、「他方国土の諸菩薩衆」とは、他の多くの願にある「国中の菩薩」「国中の人天」に対応しています。
「国中」が阿弥陀仏の浄土のことですから、それに対する「他方国土」になります。
つまり、阿弥陀仏以外の仏の浄土のことを指しています。その浄土の「諸菩薩衆」です。
『大無量寿経』の異訳経である『如来会』ではこの部分を「余の仏刹の中の所有衆生」となっています。

最後に
>浄土真宗において信心のあるものを菩薩
親鸞聖人は、信心を獲た人を必定の菩薩と仰っていますので、間違いではないですが、普通は菩薩と言えば初地以上のさとりを得た人のことですので、41願にある「菩薩」は後者の意味です。

投稿: 飛雲 | 2019年5月21日 (火) 22時33分

菩薩と言えば初地以上のさとりを得た人が菩薩だ、というのは初耳なのですが、経や論に出ているのでしょうか?
確かに42願~48願にあるように名号を聞くだけで超人的な能力を得る方々への願だという気がしますが

投稿: | 2019年5月21日 (火) 23時38分

無量寿経の菩薩を初地以上の菩薩とすると、初地以上の菩薩はもともと不退転なので、47願と48願が意味をなさない気もします

投稿: | 2019年5月22日 (水) 02時16分

信心獲得=必定の菩薩だとしたら、41願の功徳のない諸根不具足のものは、信心を得ていない 菩薩であるなら41願の功徳を得るはずであるから。
つまり諸根の不具足は信心の欠如の証拠になる
という主張なのですが、信心獲得=必定の菩薩を41願~48願に相当させるのは妥当なのでしょうか?
妥当でないとするならば、どんな反論ができるでしょうか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 03時26分

浄土には穢れをもった衆生は住むことができません。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/浄土
例えば阿弥陀経には

極楽国土には、衆生生ずるものはみなこれ阿鞞跋致なり。 そのなかに多く一生補処〔の菩薩〕あり。その数はなはだ多し。

とあります。
阿毘跋致については以下を参照してください。
http://labo.wikidharma.org/index.php/あびばっち


>無量寿経の菩薩を初地以上の菩薩とすると、初地以上の菩薩はもともと不退転なので、47願と48願が意味をなさない気もします

不退転が何を意味するのかは難しいところですが、仏覚あるいは仏覚に近い覚を指しているのか、他の浄土の菩薩も阿弥陀仏の浄土の菩薩と同じになるということを指しているのかは、不勉強で分かりません。

なお参考までに如来会では以下となっています。

(47) もし我、無上菩提を証得せんに、余の仏刹の中の所有菩薩、我が名を聞き已りて、阿耨多羅三藐三菩提において退転あらば、正覚を取らじ

(48) もし我、成仏せんに、余の仏国の中の所有菩薩、もし我が名を聞き、時に応じて一二三忍を獲ず、諸仏の法において現に不退転を証すること能わずば、菩提を取らじ。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 07時22分

香月院深励は他方国土の諸菩薩衆を十住以上の菩薩だと書いてありました
もう一度お聞きしますが(すみません)菩薩と言えば初地以上のさとりを得た人が菩薩だ、というのは初耳なのですが、経や論に出ているのでしょうか?
無量寿経においてこの菩薩というのが誰を指しているのかいまいちわかりません

投稿: | 2019年5月22日 (水) 14時40分

深励師の書を読んでおりませんので、断言はできませんが、十住の菩薩とは、以下を指していると思われます。

『教行信証』真仏土巻

またのたまはく(涅槃経・迦葉品)、「わが所説の十二部経のごとし。あるいは随自意説、あるいは随他意説、あるいは随自他意説なり。{乃至}
善男子、わが所説のごとき、十住の菩薩少しき仏性を見る、これを随他意説と名づく。なにをもつてのゆゑに少見と名づくるや。十住の菩薩は首楞厳等の三昧、三千の法門を得たり。このゆゑに了々としてみづから阿耨多羅三藐三菩提を得べきことを知るも、一切衆生さだめて阿耨多羅三藐三菩提を得んことを見ず。このゆゑにわれ十住の菩薩、少分仏性を見ると説くなり。
善男子、つねに一切衆生悉有仏性と宣説する、これを随自意説と名づく。一切衆生不断不滅にして、乃至阿耨多羅三藐三菩提を得る、これを随自意説と名づく。一切衆生はことごとく仏性あれども、煩悩覆へるがゆゑに見ることを得ることあたはずと。 わが説かくのごとし、なんぢが説またしかなりと。これを随自他意説と名づく。善男子、如来あるときは一法のためのゆゑに無量の法を説く」と。


ここでいう「十住の菩薩」とは、教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社によると


『涅槃経』では菩薩の修行の階次を五十位に分け、第四十一位より五十位までを十住とする。『瓔珞経』五十二位説の十地にあたる。

とあります。深励師がこのことを引用されているのなら、第四十一位以上の菩薩となります。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 14時54分

同じく真仏巻に

惑染の衆生、ここにして性を見ることあたはず、煩悩に覆はるるがゆゑに。『経』(涅槃経・迦葉品)には、「われ十住の菩薩、少分、仏性を見ると説く」とのたまへり。ゆゑに知んぬ、安楽仏国に到れば、すなはちかならず仏性を顕す。本願力の回向によるがゆゑに。また『経』(涅槃経・迦葉品)には「衆生未来に清浄の身を具足し荘厳して、仏性を見ることを得」とのたまへり。

と親鸞聖人は仰っています。つまり、安楽仏国にいるのは、仏性を見ることのできる「十住の菩薩」(初地以上の菩薩)であって、「清浄の身を具足し荘厳して」いない「惑染の衆生」はいない、その理由は、「ここにして性を見ることあたはず、煩悩に覆はるるがゆゑに」ということになります。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 15時05分

返信ありがとうございます
https://dotup.org/uploda/dotup.org1853706.jpg
https://dotup.org/uploda/dotup.org1853707.jpg
深励師の他方国土の諸菩薩衆の説明はこれです

安楽仏国にいるのは、仏性を見ることのできる「十住の菩薩」(初地以上の菩薩)であるのは足りない頭でも理解できたのですが、
それがイコール他方国土の諸菩薩衆も初地以上の菩薩となるのでしょうか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 15時32分

>それがイコール他方国土の諸菩薩衆も初地以上の菩薩となるのでしょうか?

そう言われてしまえばそれまでです。これ以上は、私の能力では説明できませんので、他の方にお尋ねになってください。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 15時38分

ありがとうございました。

投稿: | 2019年5月22日 (水) 16時08分

41願~48願の他方国土の諸菩薩衆というのを信心獲得と捉えるのはおかしい、というのは間違いないでしょうか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 16時46分

明らかにおかしい、というのが私の意見です。
根拠は、信心獲得しても凡夫のままですから、凡夫のままで他の仏の浄土には行けませんので。
この説明に納得されるかどうかは、名無しさん次第ですので、納得されないなら、他の真宗教義に詳しい方にお尋ねになってください。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 16時58分

>凡夫のままで他の仏の浄土には行けませんので。
すみません
勘違いしていたかもしれないです
如来会の余の仏刹というのは「浄土」といった意味なんでしょうか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 18時04分

浄土です。
最初のコメントでそう書いたので、ご理解いただいている前提で議論していましたが、
「国中」が阿弥陀仏の浄土でそれに対する「他方国土」で阿弥陀仏以外の仏の浄土です。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 18時08分

せっかく説明していただいたのに不勉強で理解できていなかったです。 すみません
仏刹とは初めて聞く単語なのですが、この「娑婆」は含まれずに、仏のいらっしゃる「浄土」という意味で使われるのでしょうか?
辞書で調べると、 浄土。仏国。仏土。ぶっせつ。と出てきて、仏国土で調べると、娑婆世界は釈迦如来の仏国土とウィキペディアに書かれているのですが、如来会に出てくる仏刹には娑婆は含まれないんでしょうか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 18時53分

解釈としては、
1.浄土
2.娑婆世界を含む仏のまします世界
とは成立します。
ただ、一般的には、大経の「国中」に対する「他方国土」、如来会の「国中」に対する「余の仏刹の中」とするなら、
「阿弥陀仏の浄土」に対する「他の仏の浄土」となります。
もし2なら、「阿弥陀仏のまします世界」に対する「他の仏のまします世界」になります。
ただし、「衆生」「声聞」「縁覚」「菩薩」と表現が分かれていますので、「菩薩」には凡夫、声聞、縁覚は入らないと解釈するのが妥当でしょう。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 19時12分

一般的には「他の仏の浄土」を指すんですね

2ならば
理屈だけ言えば
>親鸞聖人は、信心を獲た人を必定の菩薩と仰っていますので、間違いではないですが
とのことなので、信心獲得したものも入るという理屈にはなると思うのですが
それは屁理屈というものですかね?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 19時25分

必定の菩薩は、親鸞聖人が名付けたある意味名だけの菩薩で、実質的な菩薩ではないので、無理があると思います。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 19時38分

本当の菩薩(修行者)になるわけではないですもんね

5chには

168名無しさん@京都板じゃないよ2019/05/21(火) 02:36:34.23ID:koGKqbO30>>169>>180
>>128
親鸞聖人は他力の信心を他力の菩提心とも言っておられる

願作仏の心はこれ
度衆生のこころなり
度衆生の心はこれ
利他真実の信心なり  

信心すなはち一心なり
一心すなはち金剛心 
金剛心は菩提心
この心すなはち他力なり

親鸞聖人は「信巻」等において、菩提心について自力と他力を分判し、如来回向えこうの信心は願作仏心がんさぶっしん(自利)、度衆生心どしゅじょうしん(利他)の徳をもつ他力の大菩提心であるとあらわされた。

菩提心があるもの=菩薩なのでは?

という意見もありましたが、これも屁理屈ですか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 19時56分

他力の菩提心は、当然ながら自力の菩提心ではないので、自力の菩提心でさとりを求める菩薩とは区別されます。
後は、自由にお考えいただければ結構です。
正統的な解釈とは別に、我流の味わいがあっても構わないです。
ただし、それを正統的な解釈だと主張すると邪義になりますので、それだけ注意されればよろしいのではないでしょうか。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 20時04分

ここにおける「正統的な解釈」とはどんなものなのでしょうか?
弥陀の国以外の仏刹=浄土で修行をしている位の高い菩薩様ということでしょうか?

投稿: | 2019年5月22日 (水) 20時27分

そうです。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 20時31分

丁寧に議論を進めてくださってありがとうございます 最後に一つだけ
普通に考えたら
仏刹=浄土に娑婆は入りませんよね?娑婆が入るのなら、仏刹という言葉を使わずに18願のように十方という言葉を使うのが自然かなと思います

投稿: | 2019年5月22日 (水) 21時17分

仰る通りです。
深励師が言われているように、41願以降は、聖道門で修行してきて、聖者となった菩薩を導く願と考えるのが適切かと思います。
今まで名無しさんのような観点で願を見たことがなかったので、今回は勉強になりました。
また何かあればコメントください。

投稿: 飛雲 | 2019年5月22日 (水) 21時22分

こちらこそ、ありがとうございました
仏刹という言葉を知れて、かなり理解が進みました

投稿: | 2019年5月24日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 係念の宿善?の念仏を勧めた?高森顕徹会長? | トップページ | 親鸞聖人が他力の念仏を最初から勧められたことを知らない親鸞会 »