« 親鸞聖人の教えに無知で正反対の信心を自慢する高森顕徹会長と愉快な仲間達 | トップページ | 19願を無視された歴代の獲信者、一方で19願を重要視する聖道門と高森顕徹会長 »

2018年10月21日 (日)

再開した三願転入の妄想話

本日の高森顕徹会長の話は、三願転入でした。長らく表沙汰にしてこなかった三願転入を会員に向けて話をしたということは、それだけ善の勧めを言わないといけない状況になっているということです。

三願転入についての法論はすでに完全に決着しています。
2010年3月にmixi上で始まった法論ですが、すぐに決着しました。

詳細は

「親鸞会法論惨敗の記録~飛雲より」

をご覧ください。

全部説明すると長くなりますので、結論だけ簡潔に述べますと、

親鸞聖人が19願を勧められたお言葉がない

ということを高森会長が認めざるを得なかったということです。
どういうことかと言えば、

三願転入が全人類必然の道であるならば、親鸞聖人はその最初の19願を信じて実践することを勧められている筈です。当たり前の話です。

高森会長が親鸞聖人のお言葉を出せなかったという証拠は『なぜ生きる2』6章にこうあります。

 もし三願転入の弥陀の救いが、親鸞聖人や一部の人に限定されることならば、十九願の人々に、折れず曲がらず速やかに二十願に進めよの、聖人の励ましは『教行信証』になかったであろう。
 それが幾たびも見かけるのだ。

 総ての人々よ。十九の願から二十願に進んでおくれ。必ず十八願・選択の願海へ転入させて頂けるのだから。

 以下は、その文証である。

それ濁世の道俗(すべての人)、速に円修至徳の真門(二十願)に入りて、難思往生を願うべし」(『教行信証』化身土巻・末)

 特定の人を「濁世の道俗」とは言われない。三願転入は、すべての人の道程だから「濁世の道俗」と言われているのである。

如何でしょうか。この詭弁を詭弁と見抜くかどうかが、会員と退会者との差になるのかもしれません。

ここは、親鸞聖人が20願を勧められたお言葉についてです。それは高森会長も認めるところですが、肝心要の19願を勧められたお言葉がないのです。親鸞聖人は「濁世の道俗」に20願を勧められているから、三願転入はすべての人の道程だ、という理屈です。

20願は果遂の誓いですから、20願から18願という道程は親鸞聖人も仰っています。

『浄土和讃』には、

定散自力の称名は
 果遂のちかひに帰してこそ
 をしへざれども自然に
 真如の門に転入する

とあるのも同様です。

しかし、19願を必ず通るかどうかについては、ここでは関係のない話です。

20願への入り方でいえば、

1.外道・無宗教から20願に入る
2.聖道門から20願へ入る
3.19願から20願へ入る

という3通りがあります。
この中で1と2はなく、なぜ3だけが必須の道程になるのか、根拠がないのです。

親鸞聖人も七高僧も覚如上人も蓮如上人も19願を勧められたお言葉がないのですから、当然、19願から始めなければならないという理屈は消滅します。

19願を勧められた親鸞聖人のお言葉はなく、20願は勧められた親鸞聖人のお言葉はある

この事実が、三願転入は、すべての人の道程とならないことを証明する最大の根拠になります。

親鸞会の誇る高学歴集団を駆使しても、この程度の詭弁が限界なのです。

|

« 親鸞聖人の教えに無知で正反対の信心を自慢する高森顕徹会長と愉快な仲間達 | トップページ | 19願を無視された歴代の獲信者、一方で19願を重要視する聖道門と高森顕徹会長 »

三願転入」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、Abcです。

>19願を勧められた親鸞聖人のお言葉はなく、20願は勧められた親鸞聖人のお言葉はある

おっしゃるとおり、「19願を勧められたお言葉はなく、20願は勧められた親鸞聖人のお言葉はある」であります。
まず、この「三願」についていいかえを含めてしるしておきます。

19願 諸善万行の願(さまざまな善行によって、往生しようとするこころ。「仏智不了」とも)
 この願は、『正信偈』にて、様々な角度にて18願と比較され、「貶されて」います。
例としますと、

 道綽決聖道難証 唯明浄土可通入
 万善自力貶勤修 円満徳号勧専称

ですかね。「浄土:円満徳号勧専称」が18願(念仏往生)で、「聖道:万善自力貶勤修」が19願(諸行往生)であります。
 なお、『和讃』には、

自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがえば
自業自得の道理にて 七宝の獄にぞいりにける

とあり、「仏智の不思議をうたがっているから、報土往生はできない」とされております。

20願 自力称名の願 (19願の「仮門」に対し、「真門」ともいわれる)
上にて仰られたとおり、「20願を勧められた箇所」もありますが、最終的には「20願も貶されて」います。『和讃』には、

自力称名のひとはみな 如来の本願信ぜねば
うたがうつみのふかきゆえ 七宝の獄にぞいましむる

とあり、次の『和讃』

信心のひとにおとらじと 疑心自力の行者も
如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむべし

と「自力称名として自力を主としている限りは七宝の獄にたどりつくが、
一方で、如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむことにより報土往生させていただく縁(えにし)となる」とこの2つの『和讃』によっていわれております。

18願 他力本願 選択本願 自然法爾の願 他力回向の願 念仏成仏の願 など

この18願は別の名を「王本願」とも呼ばれ、上に記した「他力回向の願」のいいかえとして「(自力)不回向の行(願)」ともいわれます。
また、源空聖人が懇ろにいわれた法義としまして
「義なきを以つて義とす」といういわれ方もされます。『和讃』には

念仏成仏これ真宗 万行諸善これ仮門
権実真仮をわかずして 自然の浄土をえぞしらぬ

宝林・宝樹微妙音 自然清和の伎楽にて
哀婉雅亮すぐれたり 清浄楽を帰命せよ

等々あり、「清浄楽(阿弥陀さまの別名)を帰命せよ」にてしるされているように「18願に帰せよ」といわれております。なお、『正信偈』にて、

帰命無量寿如来 南無不可思議光

とあり、「13願に帰せよ」、「12願に帰せよ」とも読めますがこの「13願」「12願」ともに「18願より出たる願」でありますからこの二句からも「18願に帰せよ」となります。(「13願:無量寿願」「12願:智慧光願」はそれぞれ「慈悲の観音」「智慧の勢至」とあらわされ、それぞれ阿弥陀様の脇侍としていらっしゃいます。)

おわりに
今回は、飛雲さんの記事をうけて、「それぞれの願について」しるしました。
ご一読いただけると幸いです。

なもあみだ、なもあみだ
Abc

投稿: Abc | 2018年10月22日 (月) 00時23分

ども、林遊@なんまんだぶです。

御開山は、

 「真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す。」p.373

と仰っていますが、これについて少しく考察したことがありました。
https://goo.gl/qmtd5Z

脱会者の方は、真仮を知ったゆえに高森顕徹氏の妄想の「信心」の呪縛から脱却されたのでしょう。
一見、真実の信心を求めようとする高森親鸞会の会員の行為は尊いのですが、高森顕徹氏の妄想の信心に騙されて、自らの人生を犠牲にしてしまった方も多いのだと思量します。
昭和30~40年代には、大沼法龍氏の「自覚」としての「信」を強調する説教の影響で、越前の在所でも法座の場で「姉(あね)さんはまだ19願にも入ってえんわ」という、なんまんだぶという救済法を抜きにしたプロセスとしての三願転入論が語られていたものです。ある意味で戦後の新興宗教の興隆に対して自覚としての信心を強調する立場でした。
高森顕徹氏は、正本堂とか正御本尊とか「正」という表現に拘ってきたのですが、この「正」って創価学会の真似でした。さすがに最近は正本堂という表現をやめて二千畳と畳の数をいうのですが阿呆みたいですね(笑

ともあれ、会員に猫の絵を描くことばかりを、縦の線、横の線の三願転入論で教えていると、猫の絵を描くことしか出来ない会員ばかりを輩出することになるのでした。
https://goo.gl/QyXSE8

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

投稿: 林遊@なんまんだぶ | 2018年10月22日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/74446714

この記事へのトラックバック一覧です: 再開した三願転入の妄想話:

« 親鸞聖人の教えに無知で正反対の信心を自慢する高森顕徹会長と愉快な仲間達 | トップページ | 19願を無視された歴代の獲信者、一方で19願を重要視する聖道門と高森顕徹会長 »