« 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い1 | トップページ | 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い3 »

2017年8月28日 (月)

「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い2

昨日の高森顕徹会長の話は、

どうすれば絶対の幸福になれるのか、それは聞く一つだ

というような内容でした。
相も変わらず、絶対の幸福の連呼ですが、絶対の幸福を連呼する狙いは、真宗関係者や退会者から突っ込まれにくいからです。仏語ではないので、説明が違うともいえません。したがって大元の創価学会が突っ込まない限り、高森会長はこの路線をひた走ることになるのでしょう。

さて、絶対の幸福はさておき、聞く一つで助かるということ自体は、間違いではありませんが、問題は何を聞くのかです。もちろん阿弥陀仏の本願であり、高森会長もそのことは言ってはいますが、内容がおかしいです。

高森会長お得意の、正しくはお得意だった二河白道の譬えに答えがあります。
これも『教学聖典』で、二河白道の譬えの中にある西岸上の人の喚び声について

汝―――十方衆生
一心――至心・信楽・欲生
正念――乃至十念
直来――若不生者
護汝――不取正覚
不畏――唯除

と言っています。

なんぢ一心正念にしてただちに来れ。 われよくなんぢを護らん。 すべて水火の難に堕することを畏れざれ

肝心な「一心正念にしてただちに来れ」は、18願文では「至心・信楽・欲生 乃至十念 若不生者」です。
親鸞聖人はこの解説を詳しくなされています。
『愚禿鈔』には、

「一心」の言は、真実の信心なり。「正念」の言は、選択摂取の本願なり、また第一希有の行なり、金剛不壊の心なり。
「直」の言は、回に対し迂に対するなり。また「直」の言は、方便仮門を捨てて如来大願の他力に帰するなり、諸仏出世の直説を顕さしめんと欲してなり。
「来」の言は、去に対し往に対するなり。また報土に還来せしめんと欲してなり。

とあります。

18願文の「若不生者」に当たる「直ちに来れ」について、遠回りである聖道門や19願・20願を捨てて、近道である18願に帰し、「報土に還来せしめんと欲してなり」と教えられています。ですから、「」は浄土に生まれさせるという意味になり、「信楽」の身に生まれさせるという意味にはなりえません。ましてや「絶対の幸福」の身に生まれさせるは、絶対にあり得ません。

ではどのようにして来なさい、と仰っているのかというと、「一心正念にして」です。簡単に言うと真実の信心で念仏して、です。

二河白道の譬えですから、信前の人に対して阿弥陀仏が仰ったのは、

真実の信心で念仏して浄土に来なさい

判り易く言うと

Q.どうすれば救われますか?
A.真実の信心で念仏して(最初から他力の念仏)

要するに信心と念仏はセットです。信前にセットで勧められています。
ここは信後の報謝の念仏について仰っているのではなく、信前の人が救われるための念仏です。

更には、この「一心正念」について『浄土文類聚鈔』でより詳しく解説なされています。

しかれば、「一心正念」といふは、正念はすなはちこれ称名なり。称名はすなはちこれ念仏なり。一心はすなはちこれ深心なり。深心はすなはちこれ堅固深信なり。堅固深信はすなはちこれ真心なり。真心はすなはちこれ金剛心なり。金剛心はすなはちこれ無上心なり。無上心はすなはちこれ淳一相続心なり。淳一相続心はすなはちこれ大慶喜心なり。大慶喜心を獲れば、この心三不に違す、この心三信に順ず。この心はすなはちこれ大菩提心なり。大菩提心はすなはちこれ真実信心なり。真実信心はすなはちこれ願作仏心なり。願作仏心はすなはちこれ度衆生心なり。
度衆生心はすなはちこれ衆生を摂取して、安楽浄土に生ぜしむる心なり。この心はすなはちこれ畢竟平等心なり。この心はすなはちこれ大悲心なり。この心作仏す。この心これ仏なり。これを「如実修行相応」と名づくるなり、知るべし。

正念」は念仏ですが、問題は「一心」の内容です。18願文の「信楽」にあたる「一心」の言い換えをたくさん出されていますが、図式にすると

信楽
=一心
=深心
=堅固深信
=真心
=金剛心
=無上心
=淳一相続心
=大慶喜心
=三信に順ず
=大菩提心
=真実信心
=願作仏心
=度衆生心
=衆生を摂取して、安楽浄土に生ぜしむる心
=畢竟平等心
=大悲心
=作仏す
=仏なり

となります。
詳しい説明はしませんが、「信楽」とは、最後にある仏のはたらきそのものになりますから、軽々しく、「信楽」の身に生まれ変わるなどというものではありません。我々の煩悩に汚れた心が、仏の心になるのではないことは、少し考えれば判ると思います。
信楽」を頂くことと、「信楽」の心になることの違いは、明らかです。

絶対の幸福だとか、念仏は信後に限るなどとの高森教の教えを聞いて、阿弥陀仏に救われることはありませんので、富山に行くことが無駄どころか救いの障害になっていることを会員も気が付きましょう。

|

« 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い1 | トップページ | 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い3 »

どうすれば救われるのか」カテゴリの記事

コメント

聴く一つ=聴聞料を持ってこい
これにつきます。

投稿: | 2017年8月31日 (木) 07時55分

信前の念仏に価値を認めたんでは、財施が減っちゃうもんね

投稿: | 2017年8月31日 (木) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/71549042

この記事へのトラックバック一覧です: 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い2:

« 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い1 | トップページ | 「どうすれば救われるのか」真宗と高森教との決定的な違い3 »