« 教えを徹底的に捻じ曲げて、会員を騙すこと以外考えていない外道の親玉高森顕徹会長 | トップページ | ”親鸞聖人の教えられた二河白道の譬え”から見る絶対の幸福 »

2017年4月26日 (水)

念仏往生の願の成就文に「念仏の意味はない」としか考えられない浅はかな高森顕徹会長

前回のエントリーについて、言葉が不足していて判りにくかったと思いますので、少し言葉を加えておきました。

さて、先日の講師部講義で18願成就文について強調していましたが、18願も判らないのに18願成就文の意味など高森顕徹会長に判るはずもないです。

基本的なこととして、存覚上人の『真要鈔』を紹介しておきます。

しかのみならず、おなじき第十八の願成就の文にいはく、「諸有衆生 聞其名号 信心歓喜 乃至一念 至心回向 願生彼国 即得往生 住不退転」といへり。この文のこころは、「あらゆる衆生、その名号を聞きて信心歓喜し、乃至一念せん。至心に回向したまへり。かの国に生れんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住す」となり。こころは、「一切の衆生、無礙光如来の名をきき得て、生死出離の強縁ひとへに念仏往生の一道にあるべしと、よろこびおもふこころの一念おこるとき往生は定まるなり。これすなはち弥陀如来、因位のむかし、至心に回向したまへりしゆゑなり」となり。この一念について隠顕の義あり。顕には、十念に対するとき一念といふは称名の一念なり。隠には、真因を決了する安心の一念なり。これすなはち相好・光明等の功徳を観想する念にあらず、ただかの如来の名号をきき得て、機教の分限をおもひ定むる位をさすなり。されば親鸞聖人はこの一念を釈すとして、「一念といふは信心を獲得する時節の極促を顕す」と判じたまへり。

高森会長が最も拘っている「一念」について、「隠顕の義」があると仰っています。表面上に説かれていることは「称名の一念」、隠された部分が「安心の一念」だということです。重要なことは、「称名の一念」の意味があるということです。
なお、18願成就文の「信心」について存覚上人は「生死出離の強縁ひとへに念仏往生の一道にあるべし」と仰っています。
念仏と信心との関係が実によく判る箇所です。

では、親鸞聖人が18願成就文で「称名の一念」の義について仰っているところがあるのか、との疑問が生じるでしょうが、それは『浄土文類聚鈔』と『三経往生文類』にあります。

まず『浄土文類聚鈔』には

行といふは、すなはち利他円満の大行なり。すなはちこれ、諸仏咨嗟の願(第十七願)より出でたり。また諸仏称名の願と名づけ、また往相正業の願と名づくべし。しかるに本願力の回向に二種の相あり。一つには往相、二つには還相なり。往相について大行あり、また浄信あり。大行といふは、すなはち無碍光如来の名を称するなり。この行はあまねく一切の行を摂し、極速円満す。ゆゑに大行と名づく。このゆゑに称名はよく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはち憶念なり、憶念はすなはち念仏なり、念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。
願(第十七・十八願)成就の文、『経』(大経・下)にのたまはく、「十方恒沙の諸仏如来、みなともに無量寿仏の威神功徳、不可思議にましますことを讃嘆したまふ。諸有の衆生、その名号を聞きて、信心歓喜し乃至一念せん。至心に回向したまへり。かの国に生ぜんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住す」と。

とあります。行の説明に18願成就文を引かれています。
もう一つ『三経往生文類』にも

この如来の往相回向につきて、真実の行業あり。すなはち諸仏称名の悲願(第十七願)にあらはれたり。称名の悲願は『大無量寿経』(上)にのたまはく、「たとひわれ仏を得んに、十方世界の無量の諸仏、ことごとく咨嗟しわが名を称せずは、正覚を取らじ」と。[文]
称名・信楽の悲願(第十七・十八願)成就の文、『経』(大経・下)にのたまはく、「十方恒沙の諸仏如来、みなともに無量寿仏の威神功徳、不可思議なるを讃嘆したまふ。あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜して乃至一念せん。至心回向したまへり。かの国に生れんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住せん。ただ五逆と正法を誹謗するを除く」と。

とあります。同じく行の説明に18願成就文が引かれています。

簡単なことで、18願は念仏往生の願ですから、18願成就文は念仏往生の願成就文です。18願に信心と念仏が誓われているのと同様に、その成就文にも信心と念仏両方があります。なぜなら、「生死出離の強縁ひとへに念仏往生の一道にあるべし」が信心なのですから。

摩訶不思議な体験を信心と勘違いしているうちは、以上のことが永久に理解できないでしょう。

|

« 教えを徹底的に捻じ曲げて、会員を騙すこと以外考えていない外道の親玉高森顕徹会長 | トップページ | ”親鸞聖人の教えられた二河白道の譬え”から見る絶対の幸福 »

18願」カテゴリの記事

コメント

かの心行を獲得せんこと、念仏往生の願(第十八願)成就の「信心歓喜乃至一念」(大経・下)と等の文をもつて依憑とす。このほかいまだきかず。(外邪鈔)

この御文にもちゃんと「念仏往生の願成就の」と書いてありましたね。とにかく信心ばかり強調して念仏を軽視する親鸞会。18願成就文には「念仏がないから信心一つ」だとかいう大嘘をまともに信じ、何度も書いて覚えていたことが恥ずかしいです。
地獄一定と極楽一定が同時に知らされるのが信心、51段高とびして弥勒と肩を並べるのが信心、苦しみの人生が幸せな人生にガラリと変わったのが信心、三定死から「タダで救うぞ」の呼び声が届いたのが信心・・・その他、「こうなったのが信心」と会員の皆さんはそれぞれに思っていることでしょうが、信心の内容を知らず、念仏とかけ離れた摩訶不思議な神秘的体験を信心決定だと思って追い求めている内はアカンですね。

投稿: 淳心房 | 2017年4月26日 (水) 22時23分

淳心房様

親鸞会では、念仏を本願と変換していますので、念仏が称名とは思っていないところがあります。或いは、念仏を他力念仏と理解して、他力念仏を称える身になって往生する願と言います。言葉の上では正しいのですが、心は、念仏と言う行は不要、信心のおまけになっています。
体験至上主義なので、理屈は通じません。

投稿: 飛雲 | 2017年4月27日 (木) 07時51分

会長がことさらに念仏と信心を分けて考えて念仏を軽視するのは「救われた」という思い込みがあって、しかし念仏が出てこないからだと推察します

投稿: | 2017年4月27日 (木) 10時41分

>>会長がことさらに念仏と信心を分けて考えて念仏を軽視するのは「救われた」という思い込みがあって、しかし念仏が出てこないからだと推察します

今は「救われた」という思い込みすらないでしょう。なぜなら、自身の信心の間違いを知らされているのですから。

投稿: 通りすがり | 2017年4月27日 (木) 18時18分

こんにちは飛雲様へ突然記事と関係ない質問ですみません。
さよなら親鸞会のコメント欄でこんなことを書いて非難するものがいて困ってます。

>今の世には、学問をしてひとのそしりをやめ、ひとえに論議問答むねとせんとかまえられ候にや。
>・・法の魔障なり、仏の怨敵なり。あやまって他を迷わさんとす。つつしんでおそるべし、・・。(歎異抄12章)

>これが飛雲氏に対しての戒めである事は明白です。

私は飛雲氏が仏の怨敵だとは考えられないのですが一言でどう切り返せば良いのか教えてください
よろしくお願いします。ちなみに相手はちょっと頭がおかしいのでやっかいです。

投稿: | 2017年5月 1日 (月) 21時02分

ダミーサークルに誘導する手段なの・・・? 
神経質な私の誤解であればよいのですが。

投稿: とくま | 2017年5月 1日 (月) 21時19分

>こんにちは飛雲様へ突然記事と関係ない質問ですみません。


関係があるなら答えることもありますが、関係ないならスルーしましょう。本当にくだらないコメントです。でも謝っているので今回だけは赦しましょう。

投稿: | 2017年5月 1日 (月) 21時26分

>私は飛雲氏が仏の怨敵だとは考えられないのですが一言でどう切り返せば良いのか教えてください

貴方が考えればいい問題です。名回答をお願いします。

投稿: | 2017年5月 1日 (月) 21時33分

21:02の名無し様

私が言っていることは、

他力真実のむねをあかせるもろもろの正教は、本願を信じ念仏を申さば仏に成る、そのほかなにの学問かは往生の要なるべきや。(歎異抄12章)

だけで、親鸞会はこれを否定するものです。
それでいて、親鸞聖人の教えを正しく伝えているのは、高森会長だけだ、と謗法しているので、それを指摘して、騙されている会員に知らしめることをしているのです。
私は、実名も公けにしていませんので、自身の名誉のためでもないし、利益のためでもありません。
親鸞聖人も覚如上人も蓮如上人も、異議に対しては、厳しく非難されてますが。

投稿: 飛雲 | 2017年5月 1日 (月) 21時34分

>貴方が考えればいい問題です。名回答をお願いします。
すみませんそうします。あとこういう質問は2度としません
失礼な質問だったことをお詫びします。
でもわざわざ答えていただきありがとうございました。

投稿: | 2017年5月 1日 (月) 21時41分

会長は 南無阿弥陀仏 の意味がわからないので 説けないそうです。お疲れ様でした。

投稿: | 2017年5月 1日 (月) 21時41分

解っている問題に、回答を書かないのは解っていないからだ、と力を込めて説法していたことを思い出します。
そういいながら、顕正新聞やとどろきには、南無阿弥陀仏の六字は出てきます。
しかし法話の最中には、念仏をスキップするか本願にしてしまい、名号や念仏の説明に入りません。
「白骨の章」でも後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、までは行きますがその後は無し。
歎異抄後序の「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、万のこと皆もって、空ごと・たわごと・まことあることなし」(あとは無し)で説明されるのが実情です。
よくわかりません。
なんまんだぶ なんまんだぶ ありがたい

投稿: | 2017年5月 4日 (木) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/70388858

この記事へのトラックバック一覧です: 念仏往生の願の成就文に「念仏の意味はない」としか考えられない浅はかな高森顕徹会長:

« 教えを徹底的に捻じ曲げて、会員を騙すこと以外考えていない外道の親玉高森顕徹会長 | トップページ | ”親鸞聖人の教えられた二河白道の譬え”から見る絶対の幸福 »