« 高森秘事の二河白道の譬え話 | トップページ | 法論から逃げ回って丸5年の高森顕徹会長と親鸞会 »

2017年2月26日 (日)

高森顕徹会長の解釈は、教え以前に国語の問題で躓いている

同朋の里に映画館を造るという話が出ているようですが、これは明らかに金集めの手段です。未だに各地に会館を建て続けていますが、そうしてまで強引な金集めをしなければ回らないほど、金銭的に逼迫していることが判ります。会員も年々酷くなる金集めに、退会者にまで愚痴を言いふらす程です。

さて、本日の高森顕徹会長の話は、予想通りと言いましょうか、単純といいましょうか、「若不生者」の「」に絡んだ話でした。

当ブログを通して読まれている方ならお判りでしょうが、「若不生者」に関しては殆ど言及してきませんでした。昨年末になって初めてまともに言及したくらいですが、その理由は、他の邪義が余りにも酷過ぎることと、高森会長の「若不生者」の解釈は教えの間違いというよりも日本語の間違いという低レベルの話だからです。

一応復習しておきますと、「若不生者」について親鸞聖人の解釈は、『尊号真像銘文』の

至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生れずは

ちかひを信じたる人、もし本願の実報土に生れずは

と『唯信鈔文意』の

「来迎」といふは、「来」は浄土へきたらしむといふ、これすなはち若不生者のちかひをあらはす御のりなり。

で終わりです。

至心信楽をえたるひと、信楽にもし生れずは

では意味が判りません。二河白道の譬喩でも

信楽の心で念仏して浄土に生まれさせる

としかなりませんので、

信楽の心で念仏して信楽に生まれさせる

では文章にならないのです。

では現益の意味がないのかと言われれば、親鸞聖人は直接仰ってはいませんが、それも含められていると言ってもよい程度の話です。
しかし、現益でいうにしても、

至心信楽をえたるひと、信楽にもし生れずは
信楽の心で念仏して信楽に生まれさせる

には成りようがありません。国語の問題であって、教えの問題ではありません。ここで議論するのが馬鹿らしくなるレベルですから、これまで言及をしてこなかったのです。

そんな低レベルの話を、修正することもせずに、意地になって言い続ける高森会長の人格が知れるというものです。

|

« 高森秘事の二河白道の譬え話 | トップページ | 法論から逃げ回って丸5年の高森顕徹会長と親鸞会 »

18願」カテゴリの記事

コメント

田中氏との法論の解説を昔内輪でやってたけど全然ロジカルでなく意味不明だったな…結局K玉氏が絶叫モードになって強引に終わり。中身がなくて勢いだけ…

投稿: | 2017年2月28日 (火) 21時33分

大谷派がこの世で往生すると解釈する傾向があるという話を聞きました。
その根拠は即得往生の即だとか。魏訳だけらしいですこの訳は。
親鸞聖人は一念多念文意の左訓で正定聚(往生すべき身と定まるなり=やがて往生する)と注釈をつけておられるとか。
https://www.youtube.com/watch?v=KQeT9JESkLs&feature=youtu.be&t=1490

大沼法龍師が大谷派の流れを汲んでそのイメージに影響された会長がこの世で往生する、この世で幸せな信楽になる、とかに固執してるんかな?来世が信じることが出来ないのもあるかな


投稿: | 2017年3月 1日 (水) 09時34分

映画館は無いよなぁ

投稿: | 2017年3月 3日 (金) 14時30分

大学ダミーサークル時代の自分の日記をたまに引き出してみてみると、

自分の性にはどうしても合わない。
僕から見ると、彼らは周囲の人を犠牲にしても、没頭しようと考えているようだ。
考え方が偏りすぎている。
しかし、彼らは多くの高度なことを知っているので、また本当に本当のことを言っているので、
やむをえず、それに同化しようとする。
精神の根本から違うのだ。
表面上は同じ考えでも合わないものは合わない、と書いてあった。

剽窃、中身捻じ曲げの実態に沿う我ながら当を得た知見

投稿: | 2017年3月 7日 (火) 20時40分

周囲の犠牲や迷惑お構い無く、自己満足の執拗な布教をするのが善。世間と仏法は違うのだ!で聞く耳持たず。一生やってればいい

投稿: | 2017年3月 7日 (火) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/69738465

この記事へのトラックバック一覧です: 高森顕徹会長の解釈は、教え以前に国語の問題で躓いている:

« 高森秘事の二河白道の譬え話 | トップページ | 法論から逃げ回って丸5年の高森顕徹会長と親鸞会 »