« 「若不生者」の「生」のまとめ | トップページ | 信楽と正定聚との関係も判らない高森顕徹会長の信心 »

2017年1月22日 (日)

信心について知ったかぶりの高森顕徹会長

今日の講師部講義では、「若不生者」の話があったそうです。明らかに、当ブログを意識しています。それは自意識過剰だと必死に否定したい会員もあるでしょうが、明々白々の事実です。

前回までで「若不生者」の意味をまとめましたので読んで頂ければお判りかと思いますので、詳しくは言いませんが簡単に復習しますと、

『尊号真像銘文』

「若不生者不取正覚」といふは、「若不生者」はもし生れずはといふみことなり、「不取正覚」は仏に成らじと誓ひたまへるみのりなり。このこころはすなはち至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生れずは仏に成らじと誓ひたまへる御のりなり。

と浄土に生まれるとしか、親鸞聖人は説明されていないのです。『唯信鈔文意』でも同様です。

『大無量寿経』の異訳経でも、親鸞聖人の御著書でも、「」は浄土に生まれるという当益以外には書かれていないので、それ以上説明は不要で、言い訳も屁理屈も不要です。その上で親鸞聖人が直接仰っていない現益の意味があるかどうかの議論に移るのです。もう一度言いますと、当益を認めた上での現益の話をしないと、全く無意味です。

ここで現益の意味があるとした場合、二河白道の譬えで

信楽の心で念仏して信楽に生まれさせる

では訳が判らないとは以前に申した通りですし、『尊号真像銘文』の「至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生れずは仏に成らじ」を「至心信楽をえたるひと、信楽にもし生れずは仏に成らじ」と言っては意味が通じないことも高森顕徹会長にも会員にも理解できないのでしょう。これは教学以前の国語の問題であり、理論的な思考力があるかどうかの問題です。

簡単な話です。「信楽」は信心ですから、信心を獲て、どう生まれるかを言わないと意味のある文章として成立しないのです。まだ説明が必要だというなら、その程度のことを教えてくれる小学校の国語の先生に教えてもらってください。

さて、今回は信心の話も出たようですが、高森会長は信心についても無知です。

真実の信心=信楽=深信

ここまでは高森会長でも知っているでしょうが、深信の内容が全く判っていません。

二種深信については、親鸞会でも引用されるのが、『教行信証』信巻にだけある

一つには、決定して深く、自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかたつねに没し、つねに流転して、出離の縁あることなしと信ず。
二つには、決定して深く、かの阿弥陀仏の四十八願は衆生を摂受して、疑なく慮りなくかの願力に乗じて、さだめて往生を得と信ず。

です。
ところが善導大師は他の表現でも二種深信を仰っていて、それは『教行信証』の行巻と信巻の二か所に引かれています。

自身はこれ煩悩を具足せる凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知す。
いま弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下至十声聞等に及ぶまで、さだめて往生を得しむと信知して、一念に至るに及ぶまで疑心あることなし。

前者が一か所で、後者が二か所で紹介されているから、単純に後者の方が重要という話ではありませんが、少なくとも、親鸞聖人は後者の二種深信を重要視されていたので、それを知らない高森会長は、『教行信証』を全く読んだことがないとここでも判明します。

内容については、前者よりも後者の方が、より明確になっています。
簡単にまとめると

機の深信は、自分が今までやってきた程度の善では出離できない、と信知すること。
法の深信は、阿弥陀仏の本願は念仏で必ず往生できる、と信知すること。

こういうことです。もっと簡潔に言うと、

善では出離できない、念仏によってのみ出離し往生できる、と信知する

これが真実の信心だと言うことです。

高森会長の説明とは大いに異なっていることがお判りでしょうか。要するに、念仏1つで助かる、と深信したのが二種深信だということです。

御存知の通り、私は徹底的に高森会長を扱き下ろしています。悔しいと思われる講師部員、会員は、遠慮なく教義上の反論をしてください。ただし、聖教上の根拠に基づく反論で。

|

« 「若不生者」の「生」のまとめ | トップページ | 信楽と正定聚との関係も判らない高森顕徹会長の信心 »

二種深信」カテゴリの記事

コメント

しっかり書くのかと思いきや、今までのコピペしか書いてませんね。
しかも、今日の内容全然知りませんね。スパイは情報くれなかったのですか。
あなたは自意識過剰とは思いませんよ。誇大妄想だと言っているのです。
これは精神病の統合失調症の一つの表れですから、精神科を受診するようにね。

こんなコピペしか書けないのでは期待はずれでした。
もっとしっかり書かないと自力信心くずれますよ。
批判なら、コピペばかりしないでしっかり書け!

投稿: | 2017年1月22日 (日) 22時31分

相変わらずの負け惜しみですね。
負け惜しみに、必死に頑張ってください。

投稿: 飛雲 | 2017年1月22日 (日) 22時33分

高森先生の言ったことを知らないのか?

会員の批判はこれしかできないのかよ。

飛雲の言っていることは、ここが親鸞聖人の仰せと違うぞ!

こう言えないなら、飛雲さんの書かれたことの正しさを認めていることになるんですが、それさえも理解する思考能力を失ったのでしょうね。
統合失調症は、まだ思考力があります。名無しの会員は、思考力のない幼児並です(笑)

投稿: あどうち | 2017年1月22日 (日) 22時50分

至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生れずは仏に成らじ
至心信楽をえたるひとだけが、わが浄土に生れられる本願。
「信楽」は信心ですから、信心を獲て、どう生れるか。
平生の一念に名号を頂いて信楽の心になる=「信心を獲る」。
つまりこの世は信楽にさせ(信楽に生れさせ)、死後は浄土に生れさせる阿弥陀仏の本願。なので浄土真宗は二益法門。

投稿: | 2017年1月22日 (日) 23時22分

>この世は信楽にさせ(信楽に生れさせ)、死後は浄土に生れさせる阿弥陀仏の本願

それで「若不生者」の「生」は、浄土に生れさせると言いたいのか、「生」は信楽に生れさせるの意味もあるといいたいのかわかりません。
前者は正しい。
後者は間違い。後者の間違いの理由は、小学校の国語の先生にお尋ねください。
因みに現益は、信楽に生れさせるではないです。

投稿: 飛雲 | 2017年1月22日 (日) 23時29分

>それで「若不生者」の「生」は、浄土に生れさせると言いたいのか、「生」は信楽に生れさせるの意味もあるといいたいのかわかりません。
前者は正しい。
後者は間違い。後者の間違いの理由は、小学校の国語の先生にお尋ねください。
因みに現益は、信楽に生れさせるではないです。


「生」は信楽に生れさせるの意味もあります。
現益は、明らかに信楽(金剛心=正定聚)に生れさせるです。


念仏の衆生は、横超の金剛心を窮むるが故に、臨終一念の夕、大般涅槃を超証す。 (『教行信証』)

真実信心はすなはちこれ金剛心なり。(『教行信証』)
 
真実の信心=信楽=深信

「一念発起のかたは正定聚なり、これは穢土の益なり。つぎに滅度は浄土にて得べき益にてあるなりと心得べきなり。されば二益なりと思うべきものなり」 (『御文章』)

金剛の真心を獲得すれば、横に五趣八難の道を超え、かならず現生に十種の益を獲。なにものか十とする。一つには冥衆護持の益、二つには至徳具足の益、三つには転悪成善の益、四つには諸仏護念の益、五つには諸仏称讃の益、六つには心光常護の益、七つには心多歓喜の益、八つには知恩報徳の益、九つには常行大悲の益、十には正定聚に入る益なり。(『教行信証』)

投稿: | 2017年1月22日 (日) 23時51分

>現益は、明らかに信楽(金剛心=正定聚)に生れさせるです。

ここです。
信楽は信心、正定聚は信心を獲て入るくらい。
ですから、現生十種の益で、信心とは別です。

金剛の真心を獲得すれば、かならず現生に正定聚に入る益を獲。

となります。

信楽を獲得すれば、正定聚に入る益を獲る。

先程の

至心信楽をえたるひと、わが浄土にもし生れずは仏に成らじ
(信楽を獲得すれば、浄土に生れる)

信楽⇒浄土に生れる

と同様に

信楽⇒正定聚に入る

信楽が因で、正定聚が果です。因と果の時間的な差がないだけで別です。

因みに、正定聚に入るであって、正定聚に生るの言葉遣いは芳しくないです。間違いとまではいいませんが。
「生る」に拘るなら、他の表現が宜しいかと思います。

投稿: 飛雲 | 2017年1月23日 (月) 02時54分

高森さんの、「生」の解釈の間違いに気付きとっくに親鸞会を止めた者です。飛雲さんの言う通り、解釈の問題ではなくただ単にに国語の問題です。親鸞聖人のお言葉をそのまま聞かせてもらうべきです。反対意見言ってる方は、本当に自分が救われたいと思っているのか、高森さんをかばいたいのか、聞き始めた時の心を思い出してほしいです。間に合いますよ。

投稿: とんきち | 2017年1月24日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/69339869

この記事へのトラックバック一覧です: 信心について知ったかぶりの高森顕徹会長:

« 「若不生者」の「生」のまとめ | トップページ | 信楽と正定聚との関係も判らない高森顕徹会長の信心 »