« 昔は言葉だけは正しかったもののずれていた解釈、今では解釈以前に言葉もずれまくりの高森顕徹会長 | トップページ | 念仏軽視の高森顕徹会長には理解できない蓮如上人の教え »

2016年11月19日 (土)

18願を知らないから成就文も当然知らない高森顕徹会長

親鸞会の関連会社の社長だった人が、社長だけでなく会員も辞めています。理不尽さと非常識、そしておかしな教義に呆れ果てて、真面目な人ほど親鸞会を去っていきます。高森顕徹会長のカリスマ性も無くなり、元々レパートリーの少なかった話が更に限定されてきて、高森会長の話を聞くことが苦痛としか感じられない会員も多いと思います。

高森会長の話で、正しそうな言い回しとして、

念仏で助かるのではなく信心一つで助かるのだ

というのがありますが、言葉上は間違いではないのですが、意味が間違っています。

高森会長がその根拠としてきたのが、18願成就文の「乃至一念」で

18願には信心と念仏が誓われていてどちらで助かるかわからないが、成就文では念仏がないから信心一つで助かるということがハッキリする

という理屈です。
それで念仏を否定して信心だけを勧めるのですが、そこが根本的な間違いです。
簡単に言えば、信心と念仏を別のものとしか考えられないことが原因です。

このように言うと、

親鸞聖人は成就文の「乃至一念」を信の一念として解釈されている

と尤もらしいことを言ってくる薄学の講師や幹部会員がいるかもしれませんので、一応解説をしておきます。

成就文の「乃至一念」について、法然上人は念仏として教えられてきました。『選択本願念仏集』に

第十八の念仏往生の願、あに孤りもつて成就せざらんや。しかればすなはち念仏の人みなもつて往生す。なにをもつてか知ることを得る。
すなはち念仏往生の願成就の文に、「もろもろの衆生ありて、その名号を聞きて信心歓喜して、乃至一念、心を至して回向してかの国に生ぜんと願ずれば、すなはち往生を得て不退転に住す」といふこれなり。

と仰っていることから、「念仏の人みなもつて往生す」根拠として成就文を出されていることから明らかです。

ところが親鸞聖人はこれを『教行信証』信巻で信心と仰っています。

それ真実の信楽を案ずるに、信楽に一念あり。一念とはこれ信楽開発の時剋の極促を顕し、広大難思の慶心を彰すなり。
ここをもつて『大経』にのたまはく、「あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜せんこと、乃至一念せん。至心に回向したまへり。かの国に生ぜんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住せん」と。

成就文の「乃至一念」を法然上人が念仏と仰ったのを親鸞聖人は信心で解釈されたのですが、ここで親鸞聖人が法然上人の仰せを否定されたと考えるのは間違いです。どういうことかと言えば、親鸞聖人は法然上人の仰せに対して補足説明をされただけだということです。

その証拠が、18願のことを親鸞聖人は「念仏往生の願」と何度も仰っていることです。

それだけでは捻くれた会員は納得しないでしょうから、他の根拠を示しておきます。

『教行信証』をまとめられた『浄土文類聚鈔』には少し長いですが

行といふは、すなはち利他円満の大行なり。すなはちこれ、諸仏咨嗟の願(第十七願)より出でたり。また諸仏称名の願と名づけ、また往相正業の願と名づくべし。しかるに本願力の回向に二種の相あり。一つには往相、二つには還相なり。往相について大行あり、また浄信あり。大行といふは、すなはち無碍光如来の名を称するなり。この行はあまねく一切の行を摂し、極速円満す。ゆゑに大行と名づく。このゆゑに称名はよく衆生の一切の無明を破し、よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなはち憶念なり、憶念はすなはち念仏なり、念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり。
願(第十七・十八願)成就の文、『経』(大経・下)にのたまはく、「十方恒沙の諸仏如来、みなともに無量寿仏の威神功徳、不可思議にましますことを讃嘆したまふ。諸有の衆生、その名号を聞きて、信心歓喜し乃至一念せん。至心に回向したまへり。かの国に生ぜんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住す」と。

とあります。行の説明に18願成就文を引かれています。
もう一つ『三経往生文類』にも

この如来の往相回向につきて、真実の行業あり。すなはち諸仏称名の悲願(第十七願)にあらはれたり。称名の悲願は『大無量寿経』(上)にのたまはく、「たとひわれ仏を得んに、十方世界の無量の諸仏、ことごとく咨嗟しわが名を称せずは、正覚を取らじ」と。[文]
称名・信楽の悲願(第十七・十八願)成就の文、『経』(大経・下)にのたまはく、「十方恒沙の諸仏如来、みなともに無量寿仏の威神功徳、不可思議なるを讃嘆したまふ。あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜して乃至一念せん。至心回向したまへり。かの国に生れんと願ずれば、すなはち往生を得、不退転に住せん。ただ五逆と正法を誹謗するを除く」と。

とあります。同じく行の説明に18願成就文が引かれています。

以上の意味については『末灯鈔』にあります。

信の一念・行の一念ふたつなれども、信をはなれたる行もなし、行の一念をはなれたる信の一念もなし。そのゆゑは、行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。この御ちかひをききて、疑ふこころのすこしもなきを信の一念と申せば、信と行とふたつときけども、行をひとこゑするとききて疑はねば、行をはなれたる信はなしとききて候ふ。また、信はなれたる行なしとおぼしめすべし。

(現代語訳)

信の一念と行の一念とは言葉は二つでありますが、 信を離れた行もありませんし、 行の一念を離れた信の一念もありません。 なぜなら、 行というのは、 本願に誓われている名号を一声称えて浄土に往生するということを聞いて、 一声でも称え、 あるいは十声でも称えることをいうのであり、 この本願を聞いて、 疑う心が少しもないことを信の一念というのです。 ですから信と行とは二つではありますが、 名号を一声称えて往生すると聞いて疑う心がないので、 行を離れた信はないとうかがっています。 また、 信を離れた行もないとお考えください。

簡単なことで、18願に信心と念仏が誓われているのと同様に、その成就文にも信心と念仏両方があります。なぜなら、信心と念仏とは密接不離であるのです。

高森会長は、18願の意味も間違っていますから、成就文の意味も間違っているのは至極当然なことであり、驚くことではありません。

|

« 昔は言葉だけは正しかったもののずれていた解釈、今では解釈以前に言葉もずれまくりの高森顕徹会長 | トップページ | 念仏軽視の高森顕徹会長には理解できない蓮如上人の教え »

18願」カテゴリの記事

コメント

昔、法然上人は「財布を忘れるな」、親鸞聖人は「金を忘れるな」で真宗のお法り聞いた覚えがありますが、あまりピンときませんでした。
これが「念仏為本」と「信心為本」であることの説明をしていたのに気づいたのは時間が必要でした。

上人は第十八願だけでで真宗のお法りを説明されましたが、聖人は「第十一願、第十二願,第十三願、第十七願、第十八願」で真宗のお法りを説明されました。
これが分かれば念仏為本=信心為本と整理できます。

また出体釈から念仏を体として信心が開けたでもいいでしょう(もともと信心には体が無いのですから)。

信心と念仏の二つに振り回されないようにしたいものです。信心と念仏との間にものすごい溝があるなんて考えると迷路に突入しますよ
なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ ありがたい

投稿: | 2016年11月20日 (日) 22時27分

財布と金のたとえはどうもピントが合っていないように思います。
もしこのたとえを無理やり使うなら、むしろ反対ではないかと感じます。金が念仏をたとえた方ではないかと。
かといって財布が信心のたとえだというのは気持ちが悪いですが。。

投稿: YGM | 2016年11月21日 (月) 08時49分

財布と金の話、ありがたいですね。
法然聖人は『選択本願念仏集』で、念仏と諸業を比較して、

 初めの勝劣とは、念仏はこれ勝、余行はこれ劣なり。所以はいかんとならば、名号はこれ万徳の帰するところなり。しかればすなはち弥陀一仏のあらゆる四智・三身・十力・四無畏等の一切の内証の功徳、相好・光明・説法・利生等の一切の外用の功徳、みなことごとく阿弥陀仏の名号のなかに摂在せり。ゆゑに名号の功徳もつとも勝となす。余行はしからず。
 おのおの一隅を守る。ここをもつて劣となす。たとへば世間の屋舎の、その屋舎の名字のなかには棟・梁・椽・柱等の一切の家具を摂せり。棟・梁等の一々の名字のなかには一切を摂することあたはざるがごとし。これをもつて知るべし。p.1207

と、されておられます。
これを財布(屋舎)という入れ物でいえば、その中に「万徳」が収まっている。ゆえに名号は勝行であるといいうことになります。だから「財布を忘れるな」という説教になったのでしょう(ただし、名号を諸行の入れ物入れ物として考察することには批判があります)。

ともあれ、御開山はその名号の財布の中から、信を別開されたのでした。
御開山の主著は、仏教の通規にあわせて「教行証文類」という、教・行・証の三法建てですが、その中身は、教・行・信・証という四法になっています。
いわゆる最勝の行という財布から、信を別開されたのが「金を忘れるな」という意でしょう。財布とは、コレクターならいざ知らず、我々には中身(金)があって意味があるのである、ということを卑近な生活上の譬えで示したのでしょう。
財布の中には金があり、金は財布に入れるものということを前提とした譬えでです。ようするに行と信は一体であるという、『御消息』(7)の、

 さては、仰せられたること、信の一念・行の一念ふたつなれども、信をはなれたる行もなし、行の一念をはなれたる信の一念もなし。そのゆゑは、行と申すは、本願の名号をひとこゑとなへて往生すと申すことをききて、ひとこゑをもとなへ、もしは十念をもせんは行なり。この御ちかひをききて、疑ふこころのすこしもなきを信の一念と申せば、信と行とふたつときけども、行をひとこゑするとききて疑はねば、行をはなれたる信はなしとききて候ふ。また、信はなれたる行なしとおぼしめすべし。p.749

の行と信を、財布とその中身で譬えた説教なのでしょうね。
古参の浄土真宗の門徒は「譬えは一分」といって譬喩で表現される言葉に迷わず、その中身を聞いていたものですが、親鸞会関係者の方は、言葉について回る傾向があるのでよく意味のないバトルになった記憶があります。すまん、お節介でした(笑

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

投稿: 林遊@なんまんだぶ | 2016年11月25日 (金) 00時34分

林遊さん、ご説明有難うございます。
どうもうまく理解できないので、譬えが表している一分と私の理解とがずれているのかなと思っています^^;

ところで、名号、念仏、信心の3つ出てまいりましたので、今さら!?ですが基本的な質問させて下さい。
名号=南無阿弥陀仏
念仏=南無阿弥陀仏と称えること
信心=南無阿弥陀仏と称えて往生すると信ずる心
でよろしいですよね?(愚問ですみません。。)

投稿: YGM | 2016年11月25日 (金) 12時40分

財布と中身を名号と信心の、縁と因の関係でいえばわかりやすいかも。
というわけで「行文類」の両重因縁釈p.187などを読むと面白いと思ふ。

なお各用語はWikiArcなどを参照してください。
ここは飛雲さんのブログなのでややこしい論議は遠慮しておきます。
信心については、稲城選恵和上の「他力の信の特色」が解りやすいのでリンクしておきます。

http://www.hongwan.net/index.php/%E4%BB%96%E5%8A%9B%E3%81%AE%E4%BF%A1%E3%81%AE%E7%89%B9%E8%89%B2

なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

投稿: 林遊@なんまんだぶ | 2016年11月25日 (金) 13時48分

親鸞会という団体があることで富山のイメージが微妙に下がります。将来的に高岡市に引っ越すため、越した先で変な勧誘に遭ったりしないか気になります。富山から遠く離れたところはインターネット以外で親鸞会の名前を聞くことはないのが現状ですが、富山では有名だそうなので。

投稿: | 2016年11月28日 (月) 01時30分

林遊さま
稲城選恵和上のリンク有難うございました。
大変ありがたいお話で楽しく読ませていただきました。

財布とお金の譬えで、信をお金の方に譬えられていることに気持ち悪さがあったのですが、
なぜ腑に落ちなかったのか、無所得性のところでわかりました。
>>いわゆる最勝の行という財布から、信を別開されたのが「金を忘れるな」という意でしょう。
これを言わんとするための譬えなのに、別のことでひっかかっていただけでした。。
お世話かけました。

投稿: YGM | 2016年11月29日 (火) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/68497054

この記事へのトラックバック一覧です: 18願を知らないから成就文も当然知らない高森顕徹会長:

« 昔は言葉だけは正しかったもののずれていた解釈、今では解釈以前に言葉もずれまくりの高森顕徹会長 | トップページ | 念仏軽視の高森顕徹会長には理解できない蓮如上人の教え »