« 18願の救いと聖道門との違いさえも認識できない高森顕徹会長 | トップページ | 変な譬え話が更に変になり、真宗教義の欠片もなくなった高森教 »

2016年10月28日 (金)

弥陀の誓願不思議と摩訶不思議な体験・信心との違いが理解できない高森顕徹会長

何十年の講師部員・会員でも、親鸞会の異常な活動についてゆけずに辞めていく人は後を絶ちませんが、それでも親鸞会が異常性を改めないのは、そうしなければ会を維持できないからです。講師部員・幹部会員への締め付けは年々酷くなり、特に献金の要求は他の宗教団体の追随を許さないところまできています。

こんな異常な中にあっても、親鸞会を辞めない人の心理は、高森顕徹会長の摩訶不思議な体験と信心に魅力を感じているからでしょう。しかしそれは、麻原死刑囚の空中浮揚の神秘性に惹かれてオウムに入った信者と全く同じです。

言うまでもなく、高森会長の言っている摩訶不思議な体験も信心も、阿弥陀仏の救いや親鸞聖人の教えとは関係がありません。

親鸞聖人は不思議、不可思議というお言葉を良く使われますが、それは阿弥陀仏の救いが不思議、不可思議と言うことであって、体験や信心が不思議、不可思議なのではありません。

会員には何のことか理解できないと思いますので、少し説明します。

親鸞聖人は『教行信証』行巻に念仏と諸善とを比較された中に

思不思議対
(現代語訳)
念仏は不可思議の仏智の顕現であり、諸善は分別思議の法である。

があります。
念仏で往生し成仏するということが、到底考えられないことだということです。それに対して諸善で往生や成仏することは不思議でもなんでもないことです。諸善で宿善が厚くなって獲信に近づくという理屈も不思議でもなんでもないことです。そんな理屈も思議も全く及ばない救いであるから、不思議なのです。もちろん諸善で宿善が厚くなってとか、諸善の道程とかがない救いなので、不思議なのです。

蓮如上人の愛読書であった『安心決定鈔』には

まことに往生せんとおもはば、衆生こそ願をもおこし行をもはげむべきに、願行は菩薩のところにはげみて、感果はわれらがところに成ず。世間・出世の因果のことわりに超異せり。和尚(善導)はこれを「別異の弘願」(玄義分)とほめたまへり。

とありますように、救いを求める我らが願を立て行を励むのが筋であるのに、願も行も法蔵菩薩が励まれて、それでいて受ける結果は我らの往生となるのです。世間の理屈でも聖道門の因果の道理にも全くあわないことなので、善導大師は18願を「別異の弘願」と仰って褒め称えられたのです。

もう一度言いますと、不思議、不可思議なのは念仏で往生成仏させると誓われた阿弥陀仏の救いであって、体験や信心が不思議、不可思議なのではありません。我らが善を全くしないのに往生し成仏できるから、考えられないことと親鸞聖人が仰っているのです。

こういうと、信心は地獄行き間違いなしと極楽参り間違いなしの2つが同時に起こる絶対矛盾的自己同一で不思議だろう、と反論するでしょうが、そんな信心は未来永劫起こりません。そんな個人的な味わい感想はあっても、それは信心ではありません。
二種深信は、善では助からない、念仏で助かると心が定まったことをいうのです。二種深信自体は理屈上矛盾ではありません。助かる手段が善か念仏かの選択だからです。ただ、無善で念仏のみで助かるという理屈が矛盾にしか思えないことを不思議、不可思議と仰っているのです。

ここまで説明しても、善なしで信仰が進むなんて考えられない、三願転入せずしてどうして救われるのか、と納得できない会員が多いでしょう。だから、不思議、不可思議なのです。

高森会長自身も、弥陀の誓願不思議と摩訶不思議な体験・信心との違いが理解できていないことは、言うまでもありません。

|

« 18願の救いと聖道門との違いさえも認識できない高森顕徹会長 | トップページ | 変な譬え話が更に変になり、真宗教義の欠片もなくなった高森教 »

18願」カテゴリの記事

コメント

以前の記事で飛雲さんが紹介しておられた、比校対論の「勧無勧対」(諸仏は念仏を勧められたが、諸善は勧められていない)。これは衝撃的でした。親鸞聖人の教えに善の勧めがないことを、強力に裏付けるお言葉です。現役会員さんには、この比校対論をよくよく読んで欲しいです。

投稿: | 2016年10月28日 (金) 22時35分

いつも詳しいご解説、ありがとうございます。


ところで、記事と関係ない質問で恐縮なのですが、

七高僧方や覚如上人、存覚上人、蓮如上人方の上で、具体的に20願を出して触れられている箇所

ってございますでしょうか? 祖師が『化身土文類』に20願の根拠として引文されているお言葉は、18願のことを言われている根拠とも取れるものばかりで、それぞれの高僧知識方が20願を表現されたものなのか判別ができません。


○19願を実践していくとどうなるか

親鸞聖人 (臨終に来迎があれば)辺地・胎生・懈慢界の往生。20願へ進むという説示は無い
―――――――――――――――――――――――――――――
高森会長 善のカケラもできない自己が知らされて、20願へ進む


という教義の差別をし、万人の獲信までのプロセスとして19願→20願→18願と進むのだとかいう珍説を打破したいと思い調べているのですが、ふと親鸞聖人以外で20願についての記述を見たことがないなと気付きました。18願と19願は善導大師(正確には要門と弘願ですが)、法然聖人、親鸞聖人、覚如上人、存覚上人、蓮如上人方は差別化して説かれていますが、18願と20願について差別化して説かれている箇所は聖人以外で見たことがないし、そもそも20願について他の方々の記述が見つかりません。

親鸞会の説が正しいならば、19願を実践していった先に20願があるのだから、20願についての記述がなければ、そして20願の念仏の実践を勧められていなければおかしいことになります。特に覚如上人、存覚上人、蓮如上人方は親鸞聖人の教えを相承された方々ですから尚更です。それで20願についての文証を探している次第です。ご存じな点があれば、お忙しいところ恐縮ですが教えて頂けたら幸いです。


ブログは常々見させて頂いていますので、このコメントに返信する形で大丈夫です。あるいは真偽検証ブログにコメント、メールという形でも結構です。宜しくお願い致します。

投稿: 淳心房 | 2016年10月31日 (月) 06時14分

名無し 様

会員に言っても、マインドコントロールのよく効いていると、「それは信一念のことだ、それまでは諸善が必要だ」というようなことをいうでしょう。文証も論理も理屈も何も関係ない人には何を言っても無駄ですが、理性の残っている人には有効だと思います。

淳心房 様

20願については善導大師の『観念法門』で

また四十八願(大経・上意)のなかに説きてのたまふがごとし。「たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、菩提心を発し、もろもろの功徳を修し、心 を至して発願してわが国に生ぜんと欲せん。命終の時に臨みて、われ大衆と その前に現ぜずは、正覚を取らじ」(第十九願)と。これまたこれ摂生増上縁 なり。  また下の願(大経・上意)にのたまふがごとし。「たとひわれ仏を得たらんに、 十方の衆生、わが名号を聞きて、念をわが国に計け、心を至して回向してわが 国に生ぜんと願ぜん。果遂せずは、正覚を取らじ」(第二十願)と。これまたこ れ摂生増上縁なり。また下の願(同・上意)にのたまふがごとし。「たとひわれ仏を得たらんに、 十方世界に、それ女人ありて、わが名字を聞きて、歓喜信楽し、菩提心を発し て、女身を厭悪せん。命終の後に、また女身とならば、正覚を取らじ」(第三十五願)と。義にいはく、すなはち弥陀の本願力によるがゆゑに、女人、仏の 名号を称すれば、まさしく命終の時すなはち女身を転じて男子となることを 得。弥陀手を接し、菩薩身を扶けて宝華の上に坐せしむ。仏に随ひて往生し、仏の大会に入りて無生を証悟す。また一切の女人もし弥陀の名願力によらずは、 千劫・万劫・恒河沙等の劫にも、つひに女身を転ずることを得べからず、知る べし。いまあるいは道俗ありて、女人浄土に生ずることを得ずといはば、これ はこれ妄説なり、信ずべからず。またこの経をもつて証す。またこれ摂生増 上縁なり。

とあるだけです。これも往生を誓われた願の1つとして紹介されているだけです。

他の方は言及されていません。

親鸞聖人が20願に言及されたのは、法然上人のお弟子の中で自力の念仏に拘る人がいたからだと思います。法然上人も自力念仏を勧められていますので、その意図を果遂の願と位置付けられることで説明されたのではないかと思います。
覚如上人、蓮如上人は、親鸞聖人以上に自力念仏を否定されたので、20願について言及されなかったのではないかと思います。

投稿: 飛雲 | 2016年10月31日 (月) 07時07分

お忙しいところありがとうございました。

20願についての記述はあるが、祖師以外ではごくごく一部で、それも獲信までのプロセスとして仰ったものではないということがよく分かりました。

三願転入は「この道に迷うな」、『化身土文類』の教えは暫用でなく簡非だという聖人のお示しがいよいよ明らかに知られます。

投稿: 淳心房 | 2016年11月 1日 (火) 05時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/68155319

この記事へのトラックバック一覧です: 弥陀の誓願不思議と摩訶不思議な体験・信心との違いが理解できない高森顕徹会長:

« 18願の救いと聖道門との違いさえも認識できない高森顕徹会長 | トップページ | 変な譬え話が更に変になり、真宗教義の欠片もなくなった高森教 »