« 真実の信心を教えられた親鸞聖人、他教の信心を教える高森顕徹会長 | トップページ | 木の深信が立った高森顕徹会長 »

2016年9月24日 (土)

念仏誹謗の解釈しかしていない高森顕徹会長

阿弥陀仏の18願さえまともに学んだり、調べたこともないのが、高森顕徹会長です。高森会長が18願を言い換えていつも言っているのが、

どんな人をも 必ず助ける 絶対の幸福に

ですが、頓珍漢な内容です。創価学会用語の絶対的幸福を用いていること自体が、すでに他宗、他教の教えになっている証拠です。

前々回、善導大師の18願の言い換えを紹介しましたが、親鸞聖人も御自身のお言葉で、18願を言い換えられた所があります。

『末灯鈔』に

念仏往生と信ずる人は、辺地の往生とてきらはれ候ふらんこと、おほかたこころえがたく候ふ。そのゆゑは、弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。信心ありとも、名号をとなへざらんは詮なく候ふ。また一向名号をとなふとも、信心あさくは往生しがたく候ふ。されば、念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。詮ずるところ、名号をとなふといふとも、他力本願を信ぜざらんは辺地に生るべし。本願他力をふかく信ぜんともがらは、なにごとにかは辺地の往生にて候ふべき。このやうをよくよく御こころえ候うて御念仏候ふべし。

(現代語訳)

念仏して往生すると信じる人が、 辺地といわれる方便の浄土に往生するなどと嫌われるようなことは、 まったく理解できません。 なぜなら、 阿弥陀仏の本願は、 名号を称える人を極楽浄土へ迎えようとお誓いになっているのですから、 そのことを深く信じて名号を称えるのが尊いことなのです。 信心があるといっても、 名号を称えないようなら、 それは意味のないことです。 また、 ひとすじに名号を称えても、 信心が浅いようなら往生することはできません。 ですから、 念仏して往生すると深く信じて、 しかも名号を称える人は、 間違いなく真実の浄土に往生するのです。 結局のところ、 名号を称えるといっても、 本願他力を信じないようなら辺地に生れることでしょう。 本願他力を深く信じる人が、 どうして辺地に往生するようなことになるでしょうか。 このことをよく心得て、 念仏しなければなりません。

とあります。「弥陀の本願と申すは、名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じてとなふるがめでたきことにて候ふなり。」の部分です。また、「念仏往生とふかく信じて、しかも名号をとなへんずるは、疑なき報土の往生にてあるべく候ふなり。」とも仰っています。
18願とは、信心と念仏が揃って往生する、ということです。親鸞聖人は、往生と表現されているだけで、絶対の幸福らしきお言葉は存在しません。

重要なのは、信心の説明です。「名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じて」ですから、念仏は信心のオマケでも付録でもありません。
18願文の「乃至十念」をお礼の念仏としか説明していないし、高森会長自身もそう考えていることが、他宗、他教の者だということです。

親鸞聖人は18願のことを念仏往生の願と仰っているのですから、「乃至十念」の念仏が、信後の報謝の念仏に限るなどとは言える筈もないです。
信心正因称名報恩を誤解している無知な高森会長ですが、もう一度いいますと信心とは、「名号をとなへんものをば極楽へ迎へんと誓はせたまひたるを、ふかく信じて」ですし、念仏往生なので、信心と念仏とは不可分です。

親鸞会では、念仏を称えて往生すると言う人は、間違いであり、必堕無間だと創価学会と同じ念仏誹謗をいいますが、それは親鸞聖人が間違いを指摘された、「念仏往生と信ずる人は、辺地の往生とてきらはれ候ふらんこと、おほかたこころえがたく候ふ。」を遥かに超えたトンデモ邪義です。

親鸞会にしか真実は教えられていない、と考えるマインドコントロールされている会員には、親鸞会には真実のかけらも教えられていない、と早く気付いてもらいたいものです。

|

« 真実の信心を教えられた親鸞聖人、他教の信心を教える高森顕徹会長 | トップページ | 木の深信が立った高森顕徹会長 »

18願」カテゴリの記事

コメント

親鸞会教義は、

信心は二種深信。二種深信は地獄一定と極楽一定が同時に知らされること。その体験が信心決定であり、その身になることが人生の目的。人生の目的を完成すると何物も障りとならない無碍の一道に出る、絶対の幸福になる。その体験をするまで進む手段が聴聞、破邪顕正(勧誘)、お布施(献金)、会長や上司及び会の指示への無条件服従・・・。念仏は信後報謝に限る、あるいは信前も信後もお礼。

とこのような感じですから、念仏はどうしてもおまけ、ついでに浄土往生も絶対の幸福になればついてくるおまけと捉え、念仏や往生を軽視し、摩訶不思議な体験、絶対の幸福だとかいう幻想的な楽を追い求めるようになってしまいますよね。他教の信心を教え、それを聞く者にも求めされているということがよく分かる記事でした。

投稿: 淳心房 | 2016年9月24日 (土) 09時19分

念仏を誹謗したといわれる日蓮を思うて、念仏誹謗の有情は阿鼻地獄に堕罪して、とご和讃あるともいわれます。余り軽視したりすると、同じようにも取れると思ってもしまいますが。

投稿: | 2016年9月28日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/67637797

この記事へのトラックバック一覧です: 念仏誹謗の解釈しかしていない高森顕徹会長:

« 真実の信心を教えられた親鸞聖人、他教の信心を教える高森顕徹会長 | トップページ | 木の深信が立った高森顕徹会長 »