« 親鸞聖人が大変重要視なされた龍樹菩薩の獲信までの体験 | トップページ | 釈尊が最初から他力念仏を勧められた御文 »

2016年3月30日 (水)

親鸞聖人が大変重要視なされた曇鸞大師の獲信までの体験

曇鸞大師についてはやはり『正信偈』に

三蔵流支、浄教を授けしかば、仙経を焚焼して楽邦に帰したまひき。

とありますし、『高僧和讃』にも、

本師曇鸞和尚は
 菩提流支のをしへにて
 仙経ながくやきすてて
 浄土にふかく帰せしめき

と仰っています。
『正信偈大意』には、

「三蔵流支授浄教 焚焼仙経帰楽邦」といふは、かの曇鸞大師、はじめは四論宗にておはせしが、仏法のそこをならひきはめたりといふとも、いのちみじかくは、ひとをたすくることいくばくならんとて、陶隠居といふひとにあうて、まづ長生不死の法をならひぬ。すでに三年のあひだ仙人のところにしてならひえてかへりたまふ。そのみちにて菩提流支と申す三蔵にゆきあひてのたまはく、「仏法のなかに長生不死の法は、この土の仙経にすぐれたる法やある」と問ひたまへば、三蔵、地につばきを吐きていはく、「この方にはいづくのところにか長生不死の法あらん、たとひ長年を得てしばらく死せずといふとも、つひに三有に輪廻すべし」といひて、すなはち浄土の『観無量寿経』を授けていはく、「これこそまことの長生不死の法なり、これによりて念仏すれば、はやく生死をのがれて、はかりなきいのちを得べし」とのたまへば、曇鸞これをうけとりて、仙経十巻をたちまちに焼きすてて、一向に浄土に帰したまひけり。

と詳しく仰っています。
曇鸞大師は聖道門から一時道教に迷われたものの、菩提流支との出遭いによって『観無量寿経』を授けられ、「これによりて念仏すれば、はやく生死をのがれて、はかりなきいのちを得べし」と18願に帰された、という極めて具体的な記述です。

もう一度、「これによりて念仏すれば、はやく生死をのがれて、はかりなきいのちを得べし」です。気が付かれたと思いますが、道教から「念仏」ですので、諸善の19願は通られていないのです。

曇鸞大師の獲信の道程を簡単に言うと

聖道門 → 道教 → 18願

です。
これを親鸞聖人も蓮如上人も明言されていますので、曇鸞大師は三願転入されていないことの証拠でもあります。

曇鸞大師は道教から浄土教に入られた、と親鸞聖人が曇鸞大師の体験を繰り返し仰っていますので、これも一箇所にしか書かれていない三願転入の文よりも重要な位置にあるのは、言うまでもありません。

ちなみに曇鸞大師は阿弥陀仏の48の願の中で重要な願として3つ挙げられています。

18願・11願・22願

です。
曇鸞大師の御著書のどこにも19願のことは触れられていません。

参考までに『高僧和讃』曇鸞讃の

万行諸善の小路より
 本願一実の大道に
 帰入しぬれば涅槃の
 さとりはすなはちひらくなり

の「万行諸善の小路」は、19願ではありません。なぜなら、曇鸞大師は19願のことを全く仰っていないので、ここは当然聖道門のことです。
高森理論でいう「万行諸善の小路」を必ず通るのならば、聖道門を必ずしなければならないことになってしまいます。

『正信偈』の意味などまるで知らないのに厚顔無恥な高森顕徹会長にも困ったものです。

|

« 親鸞聖人が大変重要視なされた龍樹菩薩の獲信までの体験 | トップページ | 釈尊が最初から他力念仏を勧められた御文 »

三願転入」カテゴリの記事

コメント

高森先生のあくなき事業意欲は天を突きます。重箱の隅つつくより、浄土仏教の底辺拡大にまい進する姿は鬼気をも感じないでしょうか?こういう志には二面ありますが、善き面を取りたく思います。いかがでしょうか?

投稿: | 2016年4月12日 (火) 11時10分

仰っている意味がよく判りませんが、高森会長は浄土真宗という箱とは違う箱ですので、重箱の隅とか次元が違います。
浄土仏教の底辺拡大など、高森会長は頭の隅にもないです。私利私欲で動いているのが、高森顕徹という人物です。
高森会長を信じたい気持ちは判りますが、高森会長と懇意な仲になって、高森会長の人格をよく理解してからコメント頂きたいものです。

投稿: 飛雲 | 2016年4月12日 (火) 11時22分

本当に言ってる意味分からない。事業意欲どうのこうの以前に教義の間違いだらけなのが問題。
その事業も計画性ゼロだし、他人の金を溝に捨ててる人間のどこに善き面があるのか全く理解出来ない。

投稿: | 2016年4月12日 (火) 21時02分

>こういう志には二面ありますが、善き面を取りたく思います。

取りたくない、もう一面はどのような悪しき事なのでしょうか?
非常に興味があります。

投稿: とくま | 2016年4月12日 (火) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/64729486

この記事へのトラックバック一覧です: 親鸞聖人が大変重要視なされた曇鸞大師の獲信までの体験:

« 親鸞聖人が大変重要視なされた龍樹菩薩の獲信までの体験 | トップページ | 釈尊が最初から他力念仏を勧められた御文 »