« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義40 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義42 »

2016年2月23日 (火)

『なぜ生きる2』のトンデモ邪義41

最近の親鸞会は、新規会員獲得に血眼になっています。現会員から大金を巻き上げる方法がいつもいつも出てきませんので、入会金5万円が大きな魅力となっているのでしょう。

現会員も新規会員も訳のわからない宿善という言葉に騙されてお金を出していることが多いのですが、その時によく使われるのが『御一代記聞書』の

陽気・陰気とてあり。されば陽気をうる花ははやく開くなり、陰気とて日陰の花は遅く咲くなり。かやうに宿善も遅速あり。されば已今当の往生あり。
弥陀の光明にあひて、はやく開くる人もあり、遅く開くる人もあり。
とにかくに、信不信ともに仏法を心に入れて聴聞申すべきなりと[云々]。
已今当のこと、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふと[云々]。
昨日あらはす人もあり、今日あらはす人もありと仰せられしと[云々]。

です。『なぜ生きる2』18章でも最後の2文を除いて取り上げられています。
ただし、この意味がまた無茶苦茶です。この意訳として

陽の当たるところの花は速く咲き、日蔭の花は遅いだろう。
陽の当たるところの花が速く咲くように、弥陀の本願を真剣に聞き速く救われる人もある。聞法を怠れば日蔭の花のように救われるのも遅くなる。
同じく弥陀の光明(聞法)に遇っても、救われるのが速い人と遅い人があるのは、人それぞれの宿善(過去の善根)に遅速(厚薄)があるからだ。
救われている人も、救われていない人も、ともかくも、大事なことは真剣な聴聞である。

としています。
かなり無理な訳にしていることがお判りでしょうか。
最も問題なのが

かように宿善も遅速あり

ですが、この意味は高森顕徹会長の言葉を使うなら、

同じく弥陀の光明(聞法)に遇っても、救われるのが速い人と遅い人がある

です。

人それぞれの宿善(過去の善根)に遅速(厚薄)があるからだ

の意味はありません。
その証拠をお見せしましょう。

このお言葉は蓮如上人が「金を掘り出すような聖教」とまで絶賛されました『安心決定鈔』にあるお言葉を言い換えられたものです。事実、『御一代記聞書』には、『安心決定鈔』からの引用が多数あります。
ここの関連部分は

かるがゆゑに仏の正覚のほかは凡夫の往生はなきなり。十方衆生の往生の成就せしとき、仏も正覚を成るゆゑに、仏の正覚成りしとわれらが往生の成就せしとは同時なり。仏の方よりは往生を成ぜしかども、衆生がこのことわりをしること不同なれば、すでに往生するひともあり、いま往生するひともあり、当に往生すべきひともあり。機によりて三世は不同なれども、弥陀のかはりて成就せし正覚の一念のほかは、さらに機よりいささかも添ふることはなきなり。
(中略)
かくこころうれば、われらは今日今時往生すとも、わがこころのかしこくて念仏をも申し、他力をも信ずるこころの功にあらず。勇猛専精にはげみたまひし仏の功徳、十劫正覚の刹那にわれらにおいて成じたまひたりけるが、あらはれもてゆくなり。覚体の功徳は同時に十方衆生のうへに成ぜしかども、昨日あらはすひともあり、今日あらはすひともあり。已・今・当の三世の往生は不同なれども、弘願正因のあらはれもてゆくゆゑに、仏の願行のほかには、別に機に信心ひとつも行ひとつもくはふることはなきなり。

です。
ここに書かれてあることは、
阿弥陀仏が十劫の昔に、本願を成就されているのに、人によって往生の時期に前後ができるのはなぜかということについてです。
『御一代記聞書』と比較するとよく判ります。

已今当の往生あり(『御一代記聞書』)

すでに往生するひともあり、いま往生するひともあり、当に往生すべきひともあり(『安心決定鈔』)

已・今・当の三世の往生は不同なれども(『安心決定鈔』)

このことより、

宿善も遅速あり(『御一代記聞書』)

仏の方よりは往生を成ぜしかども、衆生がこのことわりをしること不同なれば(『安心決定鈔』)

覚体の功徳は同時に十方衆生のうへに成ぜしかども、昨日あらはすひともあり、今日あらはすひともあり(『安心決定鈔』)

となります。

に当ります。「ことわりをしる」「あらわす」とありますし、『御一代記聞書』の最後に

昨日あらはす人もあり、今日あらはす人もあり

とありますので、『御一代記聞書』の「宿善」とは、信心のことを指していることがお判り頂けると思います。

つまり『御一代記聞書』では、信心をうることに遅速があるから、已今当の往生がある、と教えられたお言葉と理解できます。

『安心決定鈔』の「ことわりをしる」「あらわす」ことは、自分のやった善とは全く関係ないのです。『安心決定鈔』の、

弥陀のかはりて成就せし正覚の一念のほかは、さらに機よりいささかも添ふることはなきなり

仏の願行のほかには、別に機に信心ひとつも行ひとつもくはふることはなきなり

に、そのことが明確に解説されています。
要するに、『御一代記聞書』の「宿善」には、自力的な意味の善は含まれていないのです。

結局

人それぞれの宿善(過去の善根)に遅速(厚薄)があるからだ。

こんな意味になることは、100%あり得ません。
高森会長が妄想で築き上げた砂上の楼閣など、聖教の前では瞬時に崩れ去る本当に脆いものなのです。

悔しければ、いつでも法論をしますので、遠慮なく申し出てください。ただし、聖教上での法論しかしませんので、体験談のごり押しは拒絶します。

|

« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義40 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義42 »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

コメント

初めまして。コメントさせて頂くのは初めてですが、以前からちょくちょく拝見していました。今年に入って阿弥陀さまと出会うまでは、正直書かれる内容がよく分かっていませんでしたが、今は有難く読ませて頂いています。お聖教を自分で拝読するようになってから、どっかの会にいた頃の自分がいかに真宗を誤解させられていたかを知りました。最近は仏教を全く知らない方にお話する機会が多いのですが、可能であるならば俺なんかが話すよりも、浄土三部経、教行信証、ご文章などのお聖教をそのまま読んで南無阿弥陀仏を喜んで頂きたいと思っています。
教学力は飛雲さんにはとても及びませんが、南無阿弥陀仏をお伝えしたいという気持ちだけは負けないように、これからも苦しんでいる方々にお伝えしていきたいと思っています。
これからも陰ながら応援させて頂くと同時に、勉強させて頂きます。
南無阿弥陀仏

投稿: R1000 | 2016年2月24日 (水) 00時37分

R1000 様

はじめまして、他のブログではよくお見かけしております。
救われても聖教を読めるようになる訳ではない、とよく言われますが、確かに能力が変わらないのでそうとも言えそうですが、私は読めるようになりました。親鸞会にいた時に、いわゆる教学力は全くなかったので、このブログを書いているのが私だと特定するのに、親鸞会は相当に苦労したようです。
親鸞会の最大の弱点は親鸞会で言うところの教学力です。聖教を全く読んでいないので、聖教に書かれてあることを教えてあげると顔がこわばります。訳の判らない捻くれた解釈をしても、他の根拠を出すと、顔が引きつり始めます。それでまた適当なその場しのぎの屁理屈を言ってくるので、それを覆す根拠を示すと流石に絶句します。
聖教を読んでいるかいないかで、親鸞会を怯えさせる存在になるかどうかがはっきり分かれます。
お互いに勉強していきましょう。

投稿: 飛雲 | 2016年2月24日 (水) 06時44分

飛雲さん 私用に使ってごめんなさい。私は辞めて数年になりますが、会のことがいまだに気になります。参詣者はいまどれくらいの規模か、講師の方で辞められた方、詳しいことを知っておられる方教えてください。

投稿: | 2016年2月27日 (土) 19時15分

>>元会員さん

横から失礼します。俺も会を辞めて何年も経つので現状はよく分かりませんが、よく「親鸞会・ブログポータルナビ -本当の親鸞会-」というサイトをみてます。そこにも出てきます、山も山さんの「脱会ブログ」などはご参考になるのではと思いました。
ご存知でしたら、失礼しました。

投稿: R1000 | 2016年2月28日 (日) 00時57分

出鱈目な教義のええ加減な指導者、親鸞会。でも、なぜか懐かしいのです。

投稿: | 2016年2月29日 (月) 18時39分

親鸞会は、規則正しい、まじめ人間には、まことに居心地いいところです。それと勉強好きな方に向いていると思います。努力の好きな人と言ったほうがいいでしょう。もひとつ学歴が大好きです。特に東京大学が。
しかし知識と知恵の違いはどうしようもありません。

投稿: | 2016年3月 1日 (火) 14時27分

「絶対の幸福になれるぞ」とか「浄土真宗です」とか「唯一絶対の先生です」etc言わなければ、それなりに良いことも言っているのかも知れない。

投稿: | 2016年3月 1日 (火) 20時02分

オウムが問題になっていたときはそんなこと夢にも思いませんでしたが
ネットで情報を見ることが出来るようになって非常に類似点があると感じました
平生業成なんてことも教えてたらしいです

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 02時35分

退会しても懐かしい。といって帰ることのない「真の故郷」。仕事以上に、のめり込んだあの日々が懐かしい。でも、真宗においても社会においても無くならねばならない団体なんですが。

投稿: | 2016年3月 7日 (月) 15時19分

はじめまして。14年前に退会した者です。
ご解説ありがとうございました。
宿善が信心であることは良くわかりました。
ところで、
「されば陽気をうる花ははやく開くなり、陰気とて日陰の花は遅く咲くなり」
これは信心に遅速があることの説明だと思います。
ここで陽気とか陰気とかは何をたとえられたのでしょうか。
ご多忙のところ申しわけありませんが、ご教示くださいますよう、よろしくお願いします。

投稿: SSS | 2016年10月 4日 (火) 19時52分

SSS様

阿弥陀仏のお育てについて、多くのお育てにあずかっている人、そうでない人の差です。
具体的に言えば、親鸞聖人の教え18願を知って、信じる人と信じない人の差です。
親鸞聖人の教えを知って信じて話を聞く人は早く信心を獲ることができますが、親鸞聖人の教えを知っても疑ったり、謗ったり、興味のない人は信心を獲ることは遅いです。そこまでいかなくても、親鸞聖人の教えを知って尊重はするもののそれで終わりの人もいて、そんな人もすぐに信心を獲ることはありません。
では阿弥陀仏のお育てに差があるのは、過去世の善根の差ではないかと親鸞会は言うでしょうが、それも違います。過去世に善根をたくさん積んできた菩薩であっても、18願を信じ求めることは難しく、過去世に善根を積んでこなかった悪人でも親鸞聖人の教えをすぐに信じて信心を獲る人もあるからです。源信僧都はそのことを『往生要集』で仰っています。

投稿: 飛雲 | 2016年10月 4日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/64109359

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義41:

« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義40 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義42 »