« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義37 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義39 »

2016年1月31日 (日)

『なぜ生きる2』のトンデモ邪義38

親鸞会をネット上で非難している人は、表に出てこれなくて陰でこそこそしている

と親鸞会は的外れのことを言って、会内だけの陰でこそこそしています。
書籍は表の世界だと言いたいのでしょうが、ネットこそが世界中に公表された最も開かれた世界です。
私の正体も、親鸞会の上層部では十二分に知れ渡っていますが、高森顕徹会長も講師部員も幹部会員も、一人として、直接私に反論してくることはありません。

私のことが怖くて怖くて仕方がないようですが、親鸞会とはそんな臆病者の集団だということです。

因みに、当ブログへのアクセスが一番多い県は、富山県です。他県を圧倒しています。これが何を意味しているかは、言うまでもないでしょう。

さて、『なぜ生きる2』16章にこんなことが書かれています。

 なぜ十八願のみを真実の願と言われるのか。
 十八願には阿弥陀仏の本心が誓われている、唯一の願であるからだ。
 十八願は弥陀が自らの心(自意)を、そのまま(随)誓われた願であるから「随自意の願」と言われる。
 いわゆる「真実の願」のことである。
(中略)
 こんな十方衆生を真実の十八願まで、どう導き救おうか。
 弥陀が五劫の思惟をなされた末に、一時相手の程度(他意)に合わせて(随)誘導する十九・二十願を建てられたのだ。
 よって十九・二十の願を「随他意の願」と言われる。いわゆる「方便の願」である。
(中略)
 では釈迦の善巧方便とは、何だろう。
『観無量寿経』と『阿弥陀経』の釈迦の教説である。
 弥陀の十九願の御心を釈迦は『観無量寿経』にどう解説されたか、すでに述べてきた。
 二十願の弥陀の御心は『阿弥陀経』に釈迦が解説されている。
『観無量寿経』も『阿弥陀経』も、弥陀の真実・十八願へ導く、釈迦の善巧方便に他ならない。

実は、これを書くための元があります。これまで何回も紹介してきた教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)』の補註です。

 方便とは、仏が衆生を救済するときに用いられるたくみな方法をいう。その中に真実と権仮とがある。真実の方便とは、仏の本意にかなって用いられる教化の方法で、随自意の法門をいう。それは、大智を全うじた大悲が巧みな方法便宜をもって衆生を済度されるというので、善巧方便ともいう。阿弥陀仏を方便法身というときの方便がそれである。
 権仮方便とは、未熟な機は直ちに仏の随自意真実の法門を受けとれないから、その機に応じて、仮に暫く誘引のために用いられる程度の低い教えをいう。機が熟すれば真実の法門に入らしめて、権仮の法門は還って廃せられる。このように暫く用いるが、後には還って廃するような随他意の法門を権仮方便という。「方便化身土」といわれるときの方便がそれである。
 親鸞聖人は四十八願の中で、往生の因を誓われた第十八願、第十九願、第二十願のうち第十八願のみが真実願であり、第十九願、第二十願は方便願であるとされた。第十八願は、他力回向の行信によって、真実報土の果を得しめられる真実願であり、第十九願は、自力諸行によって往生を願うものを、臨終に来迎して方便化土に往生せしめることを誓われたものであり、第二十願は、自力念仏によって往生を願うものを、方便化土に往生せしめることを誓われた方便願であるといわれるのである。そしてこの三願は、聖道門の機を浄土門に誘うために第十九願が、自力諸行の機を念仏の法門に導き、さらにその自力心を捨てしめて第十八願の他力念仏往生の法門に引き入れるために第二十願が誓われたとされている。

如何でしょうか。

随自意」「随他意」「真実願」「方便願」、ここまで真似しながら肝心な「善巧方便」の意味を故意に曲げています。「権仮方便」は隠しています。

三つの願の関係を正しくまとめると

18願=「随自意の願」=「真実願」=「善巧方便」
19願・20願=「随他意の願」=「方便願」=「権仮方便」

です。
19願は権仮方便です。

根拠は、『教行信証』化土巻

これによりて方便の願(第十九願)を案ずるに、仮あり真あり、また行あり信あり。願とはすなはちこれ臨終現前の願なり。行とはすなはちこれ修諸功徳の善なり。信とはすなはちこれ至心・発願・欲生の心なり。この願の行信によりて、浄土の要門、方便権仮を顕開す。

今回の邪義は、高森会長の無知が理由ではありません。高森会長の悪意そのものです。

|

« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義37 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義39 »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

コメント

飛雲様
いつもご教授有難うございます。
今回のエントリーの冒頭で、飛雲さんを「表に出てこれなくて陰でこそこそしている」と非難している親鸞会会員がいるようですが、まったく的を外した非難であると私も思います。
かつての私のように、何の検証もせず高森会長を唯一無二の善知識と信じ込んでしまい、多くの時間とお金を搾取され続けている親鸞会会員に、本当のことを解ってほしいと1円の利益もないのに多くの時間を費やして親鸞会の誤りを発信し続けてくださっているのが飛雲さんですよ。
私もささやかながら、会員時代に縁のあった講師や会員に、親鸞会教義の誤りをメールで知らせているのですが、私に反論してくる人は全くありません。
唯一返信してきたのが高森会長の側近中の側近の講師から「私に一切、メールを送らないよう要求します」でした。
あなた、親鸞会の講師でしょう、「身命を賭して、破邪顕正に突撃しなければならない。」(白道燃ゆp253)とした親鸞会の看板しらないのですか?という思いになりました。
現親鸞会会員の方々、しっかりと飛雲さんのブログを読み込み高森会長の邪義と正しい浄土真宗の教義を知ってくださいな。
なんまんだぶ なんまんだぶ

投稿: どら焼き | 2016年2月 6日 (土) 23時14分

どら焼き様

親鸞会の公約
「親鸞会は公約しています。親鸞会の主張に対して異議、反論のある方は遠慮なく申し出てください。相手が集団であれ、個人であれ、公開であれ、非公開であれ、討論であれ、文書討論であれ、相手の希望される方法で、時と場所を問わず、本当の親鸞聖人のみ教えを開顕するために、喜んで対決に応じます。」

これは会の内部では宣伝していますが、今では外部には言えない公約になっています。その程度の実にお粗末な教義を自覚しているのでしょう。

投稿: 飛雲 | 2016年2月12日 (金) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/63731746

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義38:

« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義37 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義39 »