« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義22 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義24 »

2015年10月24日 (土)

『なぜ生きる2』のトンデモ邪義23

19願、『観無量寿経』とうるさい割には、『観無量寿経』の内容を高森顕徹会長も講師部員も幹部会員もほとんど知りません。親鸞聖人の御著書でさえ読んでいないのですから、『観無量寿経』を読んでいないのは当然と言えば当然で、況や善導大師の『観無量寿経疏』は見たこともないでしょう。

『なぜ生きる2』には、妄想の『観無量寿経』について語っていますが、12章の最初にこうあります。

 千三百年前の中国でも、イダイケ夫人を特別な人物とする思い違いが仏教界を覆っていた。当時の中国仏教をリードしていた、天台、浄影、嘉祥などの一宗一派を開いた諸師の説であったからである。
 そのなか善導大師ひとりが、それらの諸師の誤謬を破り、イダイケ夫人は正真正銘、十方衆生(すべての人)の一人であることを明かし、教界の誤りを正されたのだ。

韋提希が十方衆生の一人という表現もおかしいのですが、善導大師が聖道門の諸師の誤謬を破った内容についてもピントがずれています。
間違いを詳しく書くと、高森会長も講師部員も幹部会員もついてこれないので、重要なポイントだけを紹介しておきます。

善導大師が聖道門の諸師の誤謬について特に取り上げられたのは、九品についての解釈です。上品上生から下品下生までの九品を聖道門ではそれぞれ特別な存在としていました。
中でも下品下生についてが最も大きな問題になったのです。五逆罪を造った極重の悪人が、臨終になって初めて仏法を聞いて、10回の念仏で往生すると『観無量寿経』に説かれているのですから、聖道門としてはそのまま受け取ることができなかったのです。

天台大師が顕したと伝えられる『浄土十疑論』には

能臨終遇善知識十念成就者、皆是宿善業強、始得遇善知識十念成就。

とあり、過去世の善業の強い者という解釈です。

善導大師はこれも含めて『玄義分』で諸師の解釈をまとめて仰っていますが、ここでは下品下生を含む下輩について紹介しておきます。

下輩の三人はこれ大乗始学の凡夫なり。 過の軽重に随ひて分ちて三品となす。 ともに同じく一位にして往生を求願す

『観無量寿経』では、下品上生・下品中生・下品下生の下輩は、共通して、臨終に初めて往生を願ったと説かれていますが、本当は過去世から大乗を学び始めて過去世に往生を願っていた凡夫だという解釈です。

それに対して善導大師は反論なされました。

『玄義分』で

次に下輩の三人を対せば、諸師のいふ、「これらの人はすなはちこれ大乗始学の凡夫なり。過の軽重に随ひて分ちて三品となす。いまだ道位にあらず。 階降を弁ちがたし」とは、まさに謂ふにしからず。なんとなれば、この三品の人、仏法・世俗の二種の善根あることなし。ただ悪を作ることを知るのみ。
(中略)
下品の三人はこれ悪に遇へる凡夫なり。悪業をもつてのゆゑなり。終りに臨みて善によりて、仏の願力に乗じてすなはち往生を得。かしこに到りて華開けてまさにはじめて発心す。なんぞこれ始学大乗の人といふことを得んや。

(現代語訳)

つぎに下輩の三種の人を対破するならば、他師らは、これらの人は大乗始学の十信位の凡夫であって、罪の軽重にしたがって三品に分けるが、まだ修行をしていないから、その上下を区別しがたいといっているが、そうではなかろうと思う。何となれば、この三種の人は、仏法につけ、世間につけ、いずれの善根もなく、ただ悪を作ることだけを知っている。
(中略)
下品の三種の人は悪縁に遇うた凡夫であって、悪業があるから、臨終に善知識により、弥陀の願力に乗託してすなわち往生することができ、かの国に至って華が開けて、そこで始めて菩提心をおこすのである。どうしてこれが大乗始学の十信位の人ということができようか。

と仰っています。

高森理論で言うところの”宿善の厚い者”は、「大乗始学の凡夫」「始学大乗の人」のことになり、これを善導大師は「なんぞこれ始学大乗の人といふことを得んや」と一刀両断に斬り捨てられています。
下品上生、下品中生、下品下生は、「この三品の人、仏法・世俗の二種の善根あることなし。ただ悪を作ることを知るのみ。」と明言なされていますので、過去世にも、仏道修行したことがないだけでなく、倫理道徳の善さえもしてこなかった、過去世の善根がない人のことです。過去世の善根がないのですから、高森理論では”無宿善の者”です。

要するに、高森理論での”無宿善の者”が、臨終の念仏のみで往生を遂げることを善導大師が断言なされて、それを「善導独明仏正意」と親鸞聖人が仰ったのです。ところが、そんなことさえ知らずに、聖道諸師と同じことを親鸞聖人が教えられたとか喚いているのが高森会長だということです。

この後善導大師は

もしこの見をなさば、みづから失し他を誤りて害をなすことこれはなはだし。

と続けられ、もし高森流宿善論に拘るなら、自らの利益を失い、他人を誤まらせ、害をなすことが甚だしい、とまで厳しく非難なされています。

現在の親鸞会を見ると、まさに善導大師の予見なされた通りとなっています。

|

« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義22 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義24 »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

コメント

耳四郎のような人は、今生で善に励んだとは考えにくいので、きっと過去世で善に励んでいた宿善厚い人なのだろう、と思っていました。(現役会員ならばおそらく、十人は十人ながら、このように考えているでしょう)
しかし、これは天台大師ら聖道諸師の考えで、善導大師の考えとは相容れないものだったのですね。気付いてみれば、親鸞会はやりたい放題やってるな、という感じです。現役会員さんには、早く気付いてドン引きして、脱け出してほしいと願うばかりです。

投稿: | 2015年10月24日 (土) 23時53分

アニメ王者城の悲劇、釈尊と阿弥陀佛が入れ替わる場面、何か根拠があるのでしょうか。
釈迦は善を進め、阿弥陀佛が救うという役割分担を観無量寿経が説いていると思っていたのですが根拠らしい根拠がわかりません。

投稿: | 2015年11月 2日 (月) 01時53分

後の名無し 様

これは『玄義分』の

娑婆の化主(釈尊)はその請によるがゆゑにすなはち広く浄土の要門を開き、安楽の能人(阿弥陀仏)は別意の弘願を顕彰したまふ。

が元でしょうが、高森会長は『玄義分』を読んだい事がないので、大沼師か誰かの著書を読んで適当な妄想を膨らませただけだと思います。
因みに意味は、

釈尊は韋提希の要請によって定散二善を説かれ、阿弥陀仏は18願を顕かにされた

ということですので、釈尊が善を勧められたというのは言葉の上では正しいのですが、問題は誰に対して善を勧められたのか、です。
もちろん善人に対して善を勧められたのです。

投稿: 飛雲 | 2015年11月 3日 (火) 22時54分

おそれいります。
ありがとうございます。

投稿: | 2015年11月 5日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/62200203

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義23:

« 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義22 | トップページ | 『なぜ生きる2』のトンデモ邪義24 »