« 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論2 | トップページ | 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論4 »

2015年6月 6日 (土)

高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論3

浄土門の人にも19願が必要であるという根拠として親鸞会が出したのが、『一念多念証文』

おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。 この要門・仮門といふは、すなはち『無量寿仏観経』一部に説きたまへる定善・散善これなり。定善は十三観なり、散善は三福九品の諸善なり。これみな浄土方便の要門なり、これを仮門ともいふ。この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふがゆゑに、よろづの自力の善業をば、方便の門と申すなり。

です。「浄土の方便の善」とあるから、18願に入るには絶対に必要な「浄土の方便の善」なのだ、という訳のわからない理屈です。

現代語訳は

総じて八万四千といわれる釈尊の教えは、みな浄土の教えに導く方便としての善なのである。これを要門といい、これを仮門と名づけるのである。この要門・仮門というのは、すなわち『観無量寿経』にお説きになっている定善・散善の教えである。定善とは、心を一つに定めて修める十三の観察の行であり、散善とは、散漫な心のまま修める三福の行であり、九品のものの修めるさまざまな善である。これらはみな浄土の教えに導く方便としての要門であり、これを仮門ともいうのである。この要門・仮門により、さまざまな衆生を導き育んで、阿弥陀仏の本願すなわち一乗円融無礙の真実功徳の大宝海に導き入れてくださるのであるから、すべての自力の善は、これを方便の教えというのである。

ですが、「浄土の方便の善」とは、「浄土の教えに導く方便としての善」ということです。聖道門の人を浄土門に導くのが、「浄土の方便の善」ということで、浄土門の人を18願に導く「浄土の方便の善」ではありません。

親鸞会でしか話を聞いたことがなければ判りにくいと思いますが、これは、『教行信証』化土巻・隠顕釈

釈家(善導)の意によりて『無量寿仏観経』を案ずれば、顕彰隠密の義あり。顕といふは、すなはち定散諸善を顕し、三輩・三心を開く。しかるに二善・三福は報土の真因にあらず。諸機の三心は自利各別にして、利他の一心にあらず。如来の異の方便、欣慕浄土の善根なり。これはこの経の意なり。

(現代語訳)

善導大師の解釈された意向にしたがって 観無量寿経をうかがうと、 顕彰隠密の義がある。その顕とは、 定善・散善のさまざまな善を顕わすものであり、 往生するものについて上・中・下の三輩を区別し、 至誠心・深心・回向発願心の三心を示している。 しかし、 定善・散善の二善、 世福・戒福・行福の三福は、 報土に生れるまことの因ではない。 三輩のそれぞれがおこす三心は、 それぞれの能力に応じておこす自力の心であって、 他力の一心ではない。 これは釈尊が弘願とは異なる方便の法として説かれたものであり、 浄土往生を願わせるために示された善である。 これが観無量寿経の表に説かれている意味であり、 すなわち顕の義である。

にある、「如来の異の方便、欣慕浄土の善根」のことを指しています。

これは更に、善導大師の『散善義』深心釈の第三深信を指して仰ったものです。

また決定して深く、釈迦仏、この『観経』の三福・九品・定散二善を説きて、かの仏の依正二報を証讃して、人をして欣慕せしめたまふと信ず。

(現代語訳)

また釈迦仏がこの《観経》に、阿弥陀仏の依正二報を讃嘆せられて、三福・九品・定散二善の行を説かれてあるのは、衆生を誘引したもう方便の善である、と決定して深く信ずる。

『観無量寿経』に説かれている善は、「欣慕浄土の善根」、浄土往生を願わせるために示された善なのです。つまり、浄土を願っていない人に対して浄土を願わせるための善ということで、結局は、浄土を願っていない聖道門の人に対しての方便の善ということです。

元々の『教行信証』化土巻・要門釈

しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども、真なるものははなはだもつて難く、実なるものははなはだもつて希なり。偽なるものははなはだもつて多く、虚なるものははなはだもつて滋し。
ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。

が、聖道門の人に対して19願が建てられ、定散二善が説かれた、という解釈の正しさを裏付ける根拠になっただけです。

高森顕徹会長は完全に墓穴を掘ったのです。

これによって、高森会長はますます追い詰められます。

|

« 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論2 | トップページ | 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論4 »

三願転入」カテゴリの記事

法論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/60278130

この記事へのトラックバック一覧です: 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論3:

« 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論2 | トップページ | 高森顕徹会長が大惨敗し逃亡した三願転入の法論4 »