« 退会者の影に怯え続ける高森顕徹会長 | トップページ | 『観無量寿経』を一度も読んだことのない高森顕徹会長1 »

2015年3月28日 (土)

19願の意味さえ知らない高森顕徹会長

三願転入、19願の実践と口うるさく言う割には、高森顕徹会長は19願のことをよく知りません。18願成就文のことは言っても、19願成就文については、高森会長が言ったことがありません。知らないからです。

『三経往生文類』には、

 至心発願の願(第十九願)成就の文、『大経』にのたまはく、「仏、阿難に告げたまはく、十方世界の諸天・人民、それ心を至して、かの国に生れんと願ずることあらん。おほよそ三輩あり。その上輩は、家を捨て欲を棄てて沙門となり、菩提心を発して一向にもつぱら無量寿仏を念じ、もろもろの功徳を修してかの国に生れんと願ぜん。これらの衆生、寿終らんときに臨みて、無量寿仏、もろもろの大衆とその人の前に現ぜん。{乃至}
阿難、それ衆生あつて、今世において無量寿仏を見たてまつらんと欲うて、無上菩提の心を発し功徳を修行してかの国に生れんと願ずべし。仏、阿難に語りたまはく、それ中輩は、十方世界の諸天・人民、それ心を至してかの国に生れんと願ずることあらん。行じて沙門となり、大きに功徳を修することあたはずといへども、まさに無上菩提の心を発して一向にもつぱら無量寿仏を念じ、多少善を修し、斎戒を奉持し、塔像を起立し、沙門に飯食せしめ、繒を懸け灯を燃し、華を散じ香を焼くべし。これをもつて回向してかの国に生れんと願ぜん。その人、終りに臨みて、{乃至}つぶさに真仏のごとく、もろもろの大衆とその人の前に現ぜん。{乃至}
仏、阿難に告げたまはく、それ下輩は、十方世界の諸天・人民、それ心を至してかの国に生れんと欲ふことあらん。たとひもろもろの功徳をなすことあたはずとも、まさに無上菩提の心を発して一向に意をもつぱらにして乃至十念、無量寿仏を念じて、その国に生れんと願ずべし。もし深法を聞きて歓喜信楽して疑惑を生ぜず、乃至一念、かの仏を念じて、至誠心をもつてその国に生れんと願ぜん。この人、終りに臨みて、夢にかの仏を見たてまつり、また往生を得ん。功徳・智慧、次いで中輩のもののごとくならんとなり」と。{以上略抄}

(現代語訳)

 至心発願の願 (第十九願) が成就したことを示す文は、 『大無量寿経』 に次のように説かれている。
 「釈尊が阿難に仰せになる。 すべての世界の神々や人々で、 心から無量寿仏の国に生れたいと願うものに、 大きく分けて上輩・中輩・下輩の三種がある。 まず上輩のものについていうと、 家を捨て欲を離れて修行者となり、 さとりを求める心を起して、 ただひたすら無量寿仏を念じ、 さまざまな功徳を積んで、 その国に生れたいと願うのである。 このものたちが命を終えようとするとき、 無量寿仏は多くの聖者たちとともにその人の前に現れてくださる。 (中略) だから阿難よ、 この世で無量寿仏を見たてまつりたいと思うものは、 この上ないさとりを求める心を起し、 功徳を積んでその仏の国に生れたいと願うがよい。
 また仰せになる。 次に中輩のものについていうと、 すべての世界の神々や人々で、 心から無量寿仏の国に生れたいと願うものがいて、 上輩のもののように修行者となって大いに功徳を積むことができないとしても、 この上ないさとりを求める心を起し、 ただひたすら無量寿仏を念じるのである。 そして善い行いをし、 八斎戒を守り、 堂や塔をたて、仏像をつくり、 修行者に食べものを供養し、 天蓋をかけ、 灯明をささげ、 散華や焼香をして、 それらの功徳を回向してその国に生れたいと願うのである。 この人が命を終えようとするとき、 (中略) 無量寿仏は報身さながらのおすがたで、 多くの聖者たちとともにその人の前に現れてくださるのである。 (中略)
 また仰せになる。 次に下輩のものについていうと、 すべての世界の神々や人々で、 心から無量寿仏の国に生れたいと願うものがいて、 たとえさまざまな功徳を積むことができないとしても、 この上ないさとりを求める心を起し、 ひたすら心を一つにしてたとえば十回でも無量寿仏を念じて、 その国に生れたいと願うのである。 もし奥深い教えを聞いて喜んで心から信じ、 疑いの心を起さず、 たとえば一回でも無量寿仏を念じ、 まことの心をもってその国に生れたいと願うなら、 命を終えようとするとき、 この人は夢に見るかのように無量寿仏を仰ぎ見て、 その国に往生することができ、 中輩のものに次ぐ功徳や智慧を得るのである」

と親鸞聖人は示しておられます。いわゆる三輩の文です。

この19願成就文を簡単に言えば、上輩という出家の善人は諸々の善を修して往生し、中輩という在家の善人は上輩程ではないが諸々の善を修して往生し、下輩という善のできない悪人は善をせずに念仏で往生する、ということです。ちなみに「一向専念無量寿仏」とは念仏のことだと法然上人が明らかにされ、親鸞聖人もそのまま継承されています。
もし私たちが悪人で下輩だというのであれば、念仏で往生する、と教えなければならないのですが、それを言いません。私たちは悪人ではなく、在家の善人だと言うのなら、「斎戒を奉持し、塔像を起立し、沙門に飯食せしめ、繒を懸け灯を燃し、華を散じ香を焼くべし」と勧めるのが19願です。
ところが、在家の悪人である筈の会員に勧めているのは、上輩や中輩に対して勧められている”布施”です。

これでも、高森会長の言うことが正しいと思うのなら、オウムの信者と何ら変わりがありません。

ついでに言いますと、中輩に対して「十方世界の諸天・人民」とされ、下輩に対しても「十方世界の諸天・人民」です。もちろん上輩に対しても「十方世界の諸天・人民」です。何が言いたいのかと言えば、出家の善人だけでも「十方衆生」、在家の善人だけでも「十方衆生」、善のできない悪人だけでも「十方衆生」なのです。要するに、一部の人に対しても「十方衆生」と使われるのですから、「十方衆生」だから漏れているものがいない、関係のない人はいない、なんていう理屈は、真実の経である『大無量寿経』でも否定されているのです。

まとめて言いますと、19願の「修諸功徳」の善を勧められている対象は、出家の善人と在家の善人です。もし、善のできない悪人に19願の「修諸功徳」を当て嵌め、19願の「十方衆生」に悪人を含めるのなら、悪人に対して勧めるのは自力の念仏であって、善ではありません。

このことは『観無量寿経』でも同じです。訳のわからないその場しのぎの屁理屈を並べたところで、聖教を示されたら、無知と嘘がすぐにばれてしまいます。

オウムの信者並みの思考停止会員にしか高森邪義は通用しないのです。

|

« 退会者の影に怯え続ける高森顕徹会長 | トップページ | 『観無量寿経』を一度も読んだことのない高森顕徹会長1 »

三願転入」カテゴリの記事

コメント

この問題は以前から気づいておりました。
深いことは判りませんが、なぜだろうと思っていました。

ご本願と表裏一体の念仏が出てこないのと、御本典の行巻に、あれだけ念仏のすごさが記されているのに、
釈然としないのは私一人ではないでしょう。

投稿: | 2015年4月23日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/59437460

この記事へのトラックバック一覧です: 19願の意味さえ知らない高森顕徹会長:

« 退会者の影に怯え続ける高森顕徹会長 | トップページ | 『観無量寿経』を一度も読んだことのない高森顕徹会長1 »