« 高森顕徹流因果の道理という迷信 | トップページ | 定善を実践する必要も気もない韋提希が、定善を実践したと思い込んでいる高森顕徹会長 »

2015年1月27日 (火)

高森顕徹会長が会員に勧めながら知らない散善

親鸞聖人が否定されたことを肯定されたと断言している書と罵倒嘲笑されている『なぜ生きる2』ですが、最近、また親鸞会がAmazonレビューで工作をしています。とはいっても、批判レビューに反論しているのではなく、批判を一般の人にできるだけ見えなくする程度の工作ですから、工作している人も親鸞会の間違いに気が付いていることでしょう。哀れなものです。

さて、高森顕徹会長の大きな大きな勘違いの1つが、五雑行です。以前に当ブログのコメント欄でも講師部員か幹部会員と思われる人物と論争したことがありますが、五雑行は諸善万行とは別物、つまりは19願、定散二善とは異なる物と思って、五雑行は捨てることは容易にできても19願、定散二善は信一念まで捨てることはできないと親鸞会では言っています。
単なる無知なだけですが、それを証明するに最も判りやすいのが、法然上人の『選択本願念仏集』です。

次に散善につきて二あり。一には三福、二には九品なり。初めの三福とは、『経』にのたまはく、「一には孝養父母、奉事師長、慈心不殺、修十善業。二には受持三帰、具足衆戒、不犯威儀。三には発菩提心、深信因果、読誦大乗、勧進行者なり」と。

とあり、『観無量寿経』の散善三福の具体的な内容を紹介された後、「読誦大乗」の説明を

「読誦大乗」とは、分ちて二となす。一は読誦、二は大乗なり。
(中略)
願はくは西方の行者、おのおのその意楽に随ひて、あるいは『法華』を読誦してもつて往生の業となし、あるいは『華厳』を読誦してもつて往生の業となし、あるいは『遮那』・『教王』および諸尊の法等を受持し読誦してもつて往生の業となし、あるいは「般若」・方等および『涅槃経』等を解説し、書写してもつて往生の業となせ。
これすなはち浄土宗の『観無量寿経』の意なり。

とされています。簡単に言えば、『法華経』『華厳経』『般若経』『涅槃経』等の経典を読誦することを往生の行とせよ、というのが『観無量寿経』の諸行往生の意味だということです。要するに、読誦雑行は、散善の1つであり、19願の行だということですから、高森会長の言う諸善万行の中に五雑行があるのです。
またこのようににも説明されています。

また読誦大乗の行あり。人みなおもへらく、大乗経を読誦してすなはち往生すべし。もし読誦の行なくは、往生すべからずと。
これにつきて二あり。一には持経、二には持呪なり。持経とは、「般若」・『法華』等の諸大乗経を持するなり。
持呪とは随求・尊勝・光明・阿弥陀等のもろもろの神呪を持するなり。

持呪」「神呪」とは、真言宗で唱える呪文のようなもののことです。親鸞会では完全に拒否している呪文のようなものを往生の行とすることが散善だということです。

親鸞会が勧めている散善の意味くらい知っておかないと恥ずかしいのですが、高森会長も会員も共に無知ですからこんな愚かな迷信を信じることになるのです。

|

« 高森顕徹流因果の道理という迷信 | トップページ | 定善を実践する必要も気もない韋提希が、定善を実践したと思い込んでいる高森顕徹会長 »

親鸞会の迷信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/58718737

この記事へのトラックバック一覧です: 高森顕徹会長が会員に勧めながら知らない散善:

« 高森顕徹流因果の道理という迷信 | トップページ | 定善を実践する必要も気もない韋提希が、定善を実践したと思い込んでいる高森顕徹会長 »