« 高森顕徹会長の知らない根拠は”難しい根拠”だそうです | トップページ | 高森顕徹会長の説く迷信をこれでも信じることができるのでしょうか »

2014年12月21日 (日)

高森顕徹会長にとって”最も難しい根拠”

前々回、前回と、「極重悪人唯称仏」について述べてきましたが、この元は『往生要集』であり、更にその元は『観無量寿経』下品下生です。

ちなみに、高森顕徹会長の”最も難しい根拠”は、『観無量寿経疏』でしょう。
知ったかぶって『観無量寿経』を解説しているように必死に演技していますが、『観無量寿経』は高森会長にとって”難しい根拠”の代表例であり、その解説書の『観無量寿経疏』に至っては、何が書かれてあるかすら、高森会長は全く知らないと言っても過言ではありません。

当ブログでは、これまで『観無量寿経』下品下生について、かなりしつこく述べてきたと思います。それで今回は、高森会長のために、”最も難しい根拠”の『観無量寿経疏』から、下品下生について紹介します。
『観無量寿経疏』の1巻である『玄義分』に、

下が下とは、「これらの衆生不善業たる五逆・十悪を作り、もろもろの不善を具す。 この人悪業をもつてのゆゑに、さだめて地獄に堕して多劫窮まりなからん。命終らんと欲する時、善知識の、教へて阿弥陀仏を称せしめ、勧めて往生せしむるに遇ふ。この人教によりて仏を称し、念に乗じてすなはち生ず」(観経・意)と。この人もし善に遇はずは、必定して下沈すべし。 終りに善に遇ふによりて七宝来迎す。

(現代語訳)

下品下生とは、「これらの衆生は、善くない業である五逆・十悪を造り、いろいろの悪を犯している。この人は悪業によるから必ず地獄に堕ちて多劫のあいだ窮まりない苦しみを受ける人であるが、命終わろうとするとき、善知識が南無阿弥陀仏と称えることを教え、往生を勧めてくださるのに遇う。この人はその教にしたがって念仏し、念仏によって往生する。」(観経・意)とある。この人がもし善知識に遇わなければ必ず地獄に堕ちるところであったが、臨終に善知識に遇うたことによって、七宝の蓮台に迎えられたのである。

とあります。
臨終に善知識から勧められたことは念仏だけです。これが『往生要集』の「ただ仏を称念して、極楽に往生することを得」であり、「他の方便なし」なのです。

過去世や平生に善をしてきた筈だ

と聖道門と同じ強引な理屈を捏ねるでしょうが、それについてこの前に下品を総称して

この三品の人ひと、 仏法・世俗の二種の善根あることなし。 ただ悪を作ることを知しるのみ。

(現代語訳)

この三種の人は、仏法につけ、世間につけ、いずれの善根もなく、ただ悪を作ることだけを知っている。

と仰っています。高森会長の好きな「あることなし」ですから、善根は過去世にも平生にもなかったし、勧められてもいません。

このように下品下生の極重の悪人には、善の勧めは全くないのです。唯念仏によって往生できる、としか釈尊も七高僧も親鸞聖人も教えられていなのです。

浄土真宗を語る上では、基礎の基礎です。

無二の善知識を演じたいのであれば、『観無量寿経』『観無量寿経疏』を”難しい根拠”と敬遠せすに、一度くらいは読んでみては如何でしょうか。真宗学の基礎がなければ、読んでもチンプンカンプンでしょうけど。

|

« 高森顕徹会長の知らない根拠は”難しい根拠”だそうです | トップページ | 高森顕徹会長の説く迷信をこれでも信じることができるのでしょうか »

唯念仏」カテゴリの記事

コメント

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
他のブログで「さよなら親鸞会」と「飛雲」は両輪とありました。「さよなら」も重要ですが、教義主体の飛雲さんを応援しています。

投稿: 過去に会員 | 2015年1月 5日 (月) 10時41分

過去に会員 様

おめでとうございます。
できるだけ、御期待に応えられるよう、努力したいと思います。

投稿: 飛雲 | 2015年1月 5日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/58336773

この記事へのトラックバック一覧です: 高森顕徹会長にとって”最も難しい根拠”:

« 高森顕徹会長の知らない根拠は”難しい根拠”だそうです | トップページ | 高森顕徹会長の説く迷信をこれでも信じることができるのでしょうか »