« 釈尊が臨終の父王に念仏三昧を勧められたと言いながら、会員に諸善を強要する高森顕徹会長 | トップページ | どんな詭弁も通用しないことにようやく気が付いた高森顕徹会長と愉快な仲間達 »

2014年10月25日 (土)

「称名を本願と誓ひたまへる」が「諸善を本願と誓ひたまへる」とすり替わる高森顕徹会長の邪義

私がブログで親鸞会の教えを非難していることに対して、「お前の言動がおかしい」という”反論”をしてくる会員が、最近目につくようになりました。このような”反論”は、私にとりましては大変光栄なことです。なぜなら、「お前の言っていることには反論はできないが、お前の言動は少なくともおかしい」ということで、教義的には降伏を宣言したことと同じなのですから。

さて、親鸞会の知らない浄土門の超常識である下品下生の往生について、これまで詳しく説明してきましたが、もう少し述べておきます。

親鸞聖人が書写されて同行に読むように勧められた『唯信鈔』に、

『観無量寿経』の下品下生の人の相を説くにいはく、「五逆・十悪をつくり、もろもろの不善を具せるもの、臨終のときにいたりて、はじめて善知識のすすめによりて、わづかに十返の名号をとなへて、すなはち浄土に生る」といへり。これさらにしづかに観じ、ふかく念ずるにあらず、ただ口に名号を称するなり。「汝若不能念」といへり、これふかくおもはざるむねをあらはすなり。「応称無量寿仏」と説けり、ただあさく仏号をとなふべしとすすむるなり。「具足十念称南無無量寿仏 称仏名故 於念々中 除八十億劫生死之罪」といへり。十念といへるは、ただ称名の十返なり。本願の文これになずらへてしりぬべし。 善導和尚はふかくこのむねをさとりて、本願の文をのべたまふに、「若我成仏 十方衆生 称我名号 下至十声 若不生者 不取正覚」といへり。十声といへるは口称の義をあらはさんとなり。

とあります。念仏軽視の親鸞会思想では全く理解できないと思いますが、下品下生の往生とは「五逆・十悪をつくり、もろもろの不善を具せるもの、臨終のときにいたりて、はじめて善知識のすすめによりて、わづかに十返の名号をとなへて、すなはち浄土に生る」であり、これが18願の意を顕わされたものだということです。つまり仏法世俗の二種の善を修してこなかった極悪人でも、臨終に初めて仏法を聞いて、善知識の勧められるまま十回の念仏を称えて往生できるのです。それが「口称の義」です。「諸善の義」ではありません。

以上を親鸞聖人が解説なされたのが『唯信鈔文意』です。

「汝若不能念」といふは、五逆・十悪の罪人、不浄説法のもの、やまふのくるしみにとぢられて、こころに弥陀を念じたてまつらずは、ただ口に南無阿弥陀仏ととなへよとすすめたまへる御のりなり。これは称名を本願と誓ひたまへることをあらはさんとなり。「応称無量寿仏」とのべたまへるはこのこころなり。「応称」はとなふべしとなり。
「具足十念 称南無無量寿仏 称仏名故 於念々中除八十億劫生死之罪」といふは、五逆の罪人はその身に罪をもてること、十八十億劫の罪をもてるゆゑに、十念南無阿弥陀仏ととなふべしとすすめたまへる御のりなり。一念に十八十億劫の罪を消すまじきにはあらねども、五逆の罪のおもきほどをしらせんがためなり。「十念」といふは、ただ口に十返をとなふべしとなり。しかれば選択本願には、「若我成仏 十方衆生 称我名号下至十声 若不生者 不取正覚」と申すは、弥陀の本願は、とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり。念と声とはひとつこころなりとしるべしとなり。念をはなれたる声なし、声をはなれたる念なしとなり。

(現代語訳)

『観無量寿経』 に 「汝若不能念 (なんぢもし念ずるあたはずは)」 と説かれているのは、 五逆・十悪の罪を犯した人や、 私利私欲のために教えを説いたものが、 病の苦しみに阻まれて、 心に阿弥陀仏を念じることができなければ、 ただ口に 「南無阿弥陀仏」 と称えよとお勧めになっているお言葉である。 これは称名念仏を本願の行としてお誓いになっていることをあらわそうとされているのである。 続いて 「応称無量寿仏 (まさに無量寿仏を称すべし)」 と説かれているのは、 この意味である。 「応称」 は、 称えよということである。
『観無量寿経』 に 「具足十念 称南無無量寿仏 称仏名故 於念念中 除八十億劫 生死之罪 (十念を具足して南無無量寿仏と称せしむ。 仏名を証するがゆゑに、 念々のなかにおいて八十億劫の生死の罪を除く)」 と説かれているのは、 五逆の罪を犯した人はその身に八十億*劫の十倍の罪をもつことになるので、 十回 「南無阿弥陀仏」 と称えよとお勧めになっているお言葉である。 一回の念仏で八十億劫の十倍の罪を消すことができないのではないけれども、 五逆の罪がどれほど重いのかを人々に知らせるために、 このようにいわれているのである。 「十念」 というのは、 ただ口に念仏を十回称えよというのである。 このようなわけで、 選択本願に 「若我成仏 十方衆生 称我名号 下至十声 若不生者 不取正覚 (もしわれ成仏せんに、 十方の衆生、 わが名号を称せん、 下十声に至るまで、 もし生れずは正覚を取らじ)」 と誓われていると 『往生礼讃』にいわれているのは、 阿弥陀仏の本願は、 念仏するのがたとえ十回ほどであっても、 みな浄土に往生することができることを知らせようと善導大師がお思いになって、 「十声」 といわれているのである。 「念」 と 「声」 とは同じ意味であると心得なさいというのである。 「念」 を離れた 「声」 はなく、 「声」 を離れた 「念」 はないということである。

称名を本願と誓ひたまへることをあらはさんとなり」「弥陀の本願は、とこゑまでの衆生みな往生すとしらせんとおぼして十声とのたまへるなり」と親鸞聖人が仰っているように、念仏を称えて往生するのが、18願です。善はどこにも出てきませんので、往生に善は不要なのです。もちろん過去世の善根も不要です。

どこをどう読もうが、高森顕徹流宿善論も、三願転入論も完全な間違いなのです。反論があるなら、いつでも根拠を挙げてコメントをください。もちろん、できないことは判っていますが。

|

« 釈尊が臨終の父王に念仏三昧を勧められたと言いながら、会員に諸善を強要する高森顕徹会長 | トップページ | どんな詭弁も通用しないことにようやく気が付いた高森顕徹会長と愉快な仲間達 »

三願転入」カテゴリの記事

宿善」カテゴリの記事

コメント

あの人のコメントを見ていると、自身の論が間違っていると分かった上で嫌がらせをしているのではないかとさえ思えてきます
あのコメントでは、会員が読んでも外部の人が読んでも、会の為になるとは思えませんので一体何が目的なのかよく分かりません
悔しいから突っかかっているのか、やり込めたいのか...

投稿: 某ブログ読者 | 2014年10月26日 (日) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/57784889

この記事へのトラックバック一覧です: 「称名を本願と誓ひたまへる」が「諸善を本願と誓ひたまへる」とすり替わる高森顕徹会長の邪義:

« 釈尊が臨終の父王に念仏三昧を勧められたと言いながら、会員に諸善を強要する高森顕徹会長 | トップページ | どんな詭弁も通用しないことにようやく気が付いた高森顕徹会長と愉快な仲間達 »