« 浄なる果は衆生の因なくして得られないとする高森顕徹会長のトンデモ邪義 | トップページ | ちょっと話がややこしくなるだけで理解不能に陥る高森顕徹会長 »

2014年9月30日 (火)

宿善厚き弥勒菩薩と宿悪重き耳四郎の矛盾に気が付いている高森顕徹会長

親鸞会では、宿善の定義として『口伝鈔』

宿善あつきひとは、今生に善をこのみ悪をおそる。宿悪おもきものは、今生に悪をこのみ善にうとし。

をよく使いますが、これをそのまま信じているとはとても思えません。たとえば、親鸞会でも有名な『教行信証』信巻

まことに知んぬ、弥勒大士は等覚の金剛心を窮むるがゆゑに、竜華三会の暁、まさに無上覚位を極むべし。念仏の衆生は横超の金剛心を窮むるがゆゑに、臨終一念の夕べ、大般涅槃を超証す。

とが同時に信じられるのなら、思考が相当におかしいです。
等覚の弥勒菩薩は、「宿善あつきひとは、今生に善をこのみ悪をおそる」の代表です。もしこれを否定するなら、もはや仏教徒ではありません。
一方で、親鸞会が宿善の厚かったと認めている耳四郎はどうですか。法然上人御説法を聞くまでは殺人、強盗を平気で行ってきて、獲信後も盗みを止めることができなかった人物ですので、「宿悪おもきものは、今生に悪をこのみ善にうとし」の代表です。

ここまできたら、普通の人は誰でも親鸞会の矛盾に気が付くと思います。
宿善あつき弥勒菩薩は、18願での救いを求める気持ちがありませんが、宿悪おもき耳四郎は、18願での救いを聞くつもりが無くてたまたま聞いたところ、たちどころに救われた。

ここまで書いてもまだ高森顕徹会長の言っていることが正しいと思うなら、思考できないのでしょう。

一応『口伝鈔』の御言葉の意味を述べると、この後の文章と併せて再度紹介すると、

宿善あつきひとは、今生に善をこのみ悪をおそる。宿悪おもきものは、今生に悪をこのみ善にうとし。ただ善悪のふたつをば過去の因にまかせ、往生の大益をば如来の他力にまかせて、かつて機のよきあしきに目をかけて往生の得否を定むべからずとなり。

となっていまして、「宿善あつきひと」「宿悪おもきもの」では「往生の得否を定むべからず」なのです。宿善が厚いか薄いかと往生できるかどうかは関係がないのです。

よって、弥勒菩薩が往生できず、耳四郎が往生しても、何の矛盾も無いのです。

高森邪義は、どこをどうみても矛盾に満ち溢れていますが、浄土真宗、親鸞聖人の教えは筋が通っているのです。

これまでの法論連戦連敗記録更新中の高森会長は、自己の矛盾に気が付いているのですが、それを永遠に訂正しないでしょう。

|

« 浄なる果は衆生の因なくして得られないとする高森顕徹会長のトンデモ邪義 | トップページ | ちょっと話がややこしくなるだけで理解不能に陥る高森顕徹会長 »

宿善」カテゴリの記事

コメント

親鸞会員は宿善を仏教的な善悪の意味ではとらえていないと思います。
何か、マンガの主人公が備えているような超自然的な力と思っているのではないでしょうか。
ある象徴的な行為によってその力がパワーアップしていくところなどもそうです。
宿善がそういうものならば、弥勒菩薩は宿善が薄く、耳四郎は宿善が厚いと言えてしまいます。
つまり、口先では尤もらしいことを言いますが内心外道を帰敬していると思います。

投稿: | 2014年9月30日 (火) 23時32分

名無し 様

それは一理あるでしょうね。
過去世の善根の厚薄と宿善の厚薄が同じだといいながら実は違っているんだ、とか訳のわからないことを言ってくるでしょう。確かに外道の発想です。

投稿: 飛雲 | 2014年10月 1日 (水) 06時52分

新幹線は50年前からあるのに、それを傍らに差し置いて、「今晩の研修に間に合わない」と東京から歩きで目的地に行こうと計画し、人にも勧めるのが我らが「無二」の善知識高森顕徹大先生。

投稿: | 2014年10月 2日 (木) 23時05分

会にいたとき、本願寺の教えは「死んだら極楽」「死んだら仏」と報恩講の劇まで演じて笑ったものですが、これって凄いことじゃないの‽少なくとの信心決定の方が頗る少ない会が笑えることじゃないよね。未だに在籍の方は、人生のサンクコストを考えてみるべきだよ。仏光寺派の経豪氏が蓮師の元に下りた素直さは、伝教大師が年下の弘法大師の弟子となり密教を学ばれた素直さと同様仏教共通のものだと思うけど。

投稿: | 2014年10月 2日 (木) 23時15分

もう一つ思い出しました。
親鸞会は宿善と「罪悪観」を結びつけています。
真摯な会員は皆、自分を「必堕無間の極悪人」と深く知ることが宿善だと思っていると思われます。
罪悪感の深さ=宿善の厚さでした。
弥勒菩薩は等覚まで自力で登られたのですから必堕無間などと感じるはずはありません。つまり宿善が薄いです。否、宿善が無いのかも(笑)。
耳四郎は凶悪犯罪を実行してきたことを振り返り必堕無間を自覚した。つまり宿善が厚い。
と言えてしまいます。
罪悪感を煽り反省を求めることは、会員を支配する上で非常に有効な手段でしょうから、これからも言い続けるに違いありません。

投稿: 最初の名無し | 2014年10月10日 (金) 01時38分

最初の名無し 様

今回のエントリーで少しまとめておきました。

投稿: 飛雲 | 2014年10月11日 (土) 21時08分

飛雲 10月11日(土)の投稿を読みました。誠にわかりやすく、親鸞会に縁のあったものが普通誰でも感じる疑問を見事に説明しています。多くの人はそこを深く考えないことにして、心中で自ら作り上げたバーチャルな善知識と高森会長を重ね合わせ、傾倒して行っているようです。自分もかつてそうでした。このようなブログを立ち上げ、多くの人々を啓蒙している活動に両手を合わせたい気持ちです。惜しむらくは35年前に高森会長自身の口からこのブログにあるようなことを聞きたかったです。私も38年前に親鸞会でお世話になり、仏教に導入して頂き、35年前に親鸞会を卒業させてもらった一人の仏教徒です。子どもの頃南無阿弥陀仏に出会いながら放逸にしていた私が南無阿弥陀仏を再認識できたのは親鸞会のおかげです。いまのこの私の仕合わせな心境にいたらせてくれたのは会長をはじめ、親鸞会の愉快な仲間たちの方便のおかげです。本願寺の数々の書物のおかげです。親鸞会は私をここまで押し出しすために一大芝居を演じてくれた劇団四季みたいな存在。だから親鸞会には感謝の気持ちやちょっと残念な気持ちはあっても恨みはありません。すでに高齢の会長なきあと親鸞会の純粋な仏教徒たちはたぶん、ちりぢりになるでしょう。なってもいいのです。無量寿の光明が消えるわけではないのですから。会員だった人がひとつの指針さえ見失わなければ。求心力のなくなったとき、会長任せの教学から自分で調べる教学、そこから会員たちのほんとうの求道が始まるように思います。自ら考え勉強し、南無阿弥陀仏の信念に従って自ら実行する求道者に生まれ変わるように思います。帰命無量寿如来、南無不可思議光如来、南無阿弥陀仏、帰命尽十方無碍光如来、どれもひとつの真理を指し示す言葉です。だから「南無阿弥陀仏以外では助からない」と言い切ることは真か偽かといえば「偽」です。親鸞会に縁があったひとでも本願寺に縁があった人でも、この意味を追求し続ける限り、どんな道を選んでも必ずゴールに行き着けるはずです。多くの親鸞会の会員はたぶんゴールすれば歩かなくていいようになると勘違いしているように思います。ゴールした人はよりいっそう足取り軽く歩くはずですよね。なにせ宇宙の真理に身も心もゆだねたのですから、ぼやーとしていませんよね。忙しくなるはずです。「衆生苦悩 我苦悩、衆生安楽 我安楽」のこころと一体になったのですから。この飛雲のブログや投稿をみて、多くの人が目覚めることを願います。

投稿: 洞 正男 | 2014年11月23日 (日) 23時03分

洞 正男 様

コメント有難うございます。
私も、30年前に会長からこのような話が聞きたかったです。そうすれば、遠回りをしなくても済んだのにと思います。
現会員にも、いつか洞正男さんと同じ気持ちになってくれることを願うばかりです。

投稿: 飛雲 | 2014年11月24日 (月) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/57538284

この記事へのトラックバック一覧です: 宿善厚き弥勒菩薩と宿悪重き耳四郎の矛盾に気が付いている高森顕徹会長:

« 浄なる果は衆生の因なくして得られないとする高森顕徹会長のトンデモ邪義 | トップページ | ちょっと話がややこしくなるだけで理解不能に陥る高森顕徹会長 »