« 会員を騙すことしか頭にない高森顕徹会長 | トップページ | 聖教も無視、文法も無視して必死に金集めを正当化する高森顕徹会長 »

2014年8月31日 (日)

「因果の大道理を深信する親鸞学徒は極重の悪人」と寝惚けた妄言を吐く高森顕徹会長

以前にも何回かエントリーやコメントで言いましたが、私は、「本願寺あるいは伝統教学が正しくて、親鸞会は間違っている」という前提で親鸞会を非難したことはありませんし、するつもりもありません。私が言っていることは、親鸞会が大前提としている「親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人が絶対に正しい」とするなら、高森顕徹会長と親鸞会は親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人の仰せと全く違うことを教えている、という単純明快な話です。

したがいまして、親鸞聖人が正しいことを教えられている、覚如上人・蓮如上人が親鸞聖人の教えられた通りに教えられている、という検証はしていませんし、ましてや本願寺や伝統教学を鵜呑みにすることは一切しません。

補足しますと、「親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人が絶対に正しい」という親鸞会の大前提を基に、親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人が間違いない方と仰る七高僧と聖覚法印・隆寛律師・存覚上人と浄土三部経によって、高森会長と親鸞会の教義的矛盾について述べているだけです。

さて、未だに「因果の大道理を深信する親鸞学徒」なることを恥ずかしくもなく親鸞会は言っていますが、こんな単純明快な矛盾を平気で言わざるを得ないほど、親鸞会も追い詰められているのでしょう。

簡単に解説しておきますと、「因果の大道理を深信する」ことは散善三福の行福にあたるものです。

元々は『観無量寿経』にある「深信因果」ですが、これを善導大師は『序分義』

四に「深信因果」といふはすなはちその二あり。 一には世間の苦楽の因果を明かす。 もし苦の因を作ればすなはち苦の果を感じ、もし楽の因を作ればすなはち楽の果を感ず。 印をもつて泥に印するに、印壊れて文成ずるがごとし。 疑ふことを得ず。

(現代語訳)

四つに、「深く因果を信じ」というのは、これに二つある。一つには世間の苦楽の因果を明かす。もし苦のための因を作るならば苦の結果を受け、もし楽のための因を作れば楽の結果を受ける。あたかも臘印をもって泥に押して、これに金をとかして入れると蝋印が壊れて鋳物ができるようなものである。因果が相続することは疑うことができない。

とあり、更には『散善義』上品中生

三には深く世・出世の苦楽二種の因果を信じ、これらの因果およびもろもろの道理に疑謗を生ぜざることを明かす。

(現代語訳)

三つには、深く迷いとさとりとの苦楽二種の因果を信じて、これらの因果およびそのほか仏法のいろいろの道理を疑いそしらないことを明かす。

とあります。
要するに、因果の道理を深信する人は上品中生の1つの条件を満たした善人になります。

参考までに上品下生では

一には所信の因果不定なることを明かす。 あるいは信じ信ぜず。 ゆゑに名づけて「亦」となす。 あるいはまた前の〔上品中生の〕深信に同じかるべし。 また信ずといへども深からず。 善心しばしば退し、悪法しばしば起る。 これすなはち深く苦楽の因果を信ぜざるによりてなり。 もし深く生死の苦を信ずるものは、罪業畢竟じてかさねて犯さず。

(現代語訳)

一つには、因果を信ずることが定まらないことを明かす。すなわち、あるいは信じたり、あるいは信じないから、「亦」というのである。あるいは、亦た、上品中生に出る「深く因果を信ず」に同じといってもよい。亦た、信ずるといっても深くなくて、善心がしばしば退いて、悪い行いがしばしば起こる。これは、深く苦楽の因果を信じないからである。もし深く迷いの苦を信ずるならば、罪業を、ついに重ねては犯さない。

とありますから、因果の道理を深信はできなくても浅信していて、善を行ったり悪を行ったりしている人は、上品下生の条件の1つを満たした善人になります。

実に単純な話で、「因果の大道理を深信する親鸞学徒」は間違いなく善人でありますから、「全人類は極重の悪人と阿弥陀仏が見抜かれた」といっている高森会長の話とは完全に矛盾するということです。もちろん、「微塵の善もできない者」と知らされることは永久にありませんから、永久に救われないことになります。

この程度のことさえ理解できなくして、会員を金集め人集めに利用するのが親鸞会のマインドコントロールです。これを哀れと言わすして何と言うのでしょうか。

|

« 会員を騙すことしか頭にない高森顕徹会長 | トップページ | 聖教も無視、文法も無視して必死に金集めを正当化する高森顕徹会長 »

因果の道理」カテゴリの記事

コメント

真剣に善を修めることで、善のできない極悪人であったと知らされる。矛盾は感じませんが。

投稿: | 2014年8月31日 (日) 17時17分

名無し 様

今回のエントリーで言うなら、「善心しばしば退し、悪法しばしば起る。 」が親鸞会で言うところの善を修することにあたるでしょう。
ということは、少なくとも「因果不定なる」状態で、これ自体が行福だと善導大師は仰っています。
善のできないものではなく、善のできるものではないですか。
ちなみに、親鸞会の大好きな雑毒の善は、散善の善です。悪ではありません。
「雑毒の善しかできない」と「善のできない極悪人」とは全く違います。
「善のできない極悪人」について善導大師は『玄義分』に

仏法・世俗の二種の善根あることなし。 ただ悪を作ることを知るのみ。

とあります。「雑毒の善」とは「仏法・世俗の二種の善根」のことです。言い換えると

悪人とは「雑毒の善あることなし。ただ悪を作ることを知るのみ。」となります。
ちなみに真実の善は、仏の善ですから、凡夫のできる善でないことは、大大前提です。

もう一度言いますと、
善を修するこころがある人は善人です。善を修するこころの無い人が悪人です。悪人の中で、五逆罪・謗法罪を造っている人を極重の悪人といいます。

投稿: 飛雲 | 2014年8月31日 (日) 17時28分

飛雲様

酒井雄哉氏(大阿闍梨)は親鸞聖人がなされた千日回峰行を二回達成した史上三人目の人で偉業達成後「何のためにやっているか、自分でもわかんないだよ。とにかくやっているだけのことだな。」と言われたそうです。親鸞会は酒井さんを超える結果(自力無効を知る)を出させるために全ての人、会員全員に善を勧めているのですか?それならばまず獲信経験者と言われる会長がどのような修行を具体的にされたのか聞かれたことはありますか??また会長に質問すれば教えて頂けるのでしょうか?

投稿: | 2014年8月31日 (日) 19時40分

後の名無し 様

高森会長は、善を修した体験は、全く聞いたことがありません。泣く泣く聞法した話や無常を取り詰めるために危険なことをしたとか以外には、具体的に何も語ったことはありません。会長に質問しても、多分誤魔化すでしょう。もし善を修したと答えたら、具体的にどこに財施をし、勧誘をしてどこに誘ったのか、更に突っ込んで尋ねるべきでしょう。
もし、講師部員に尋ねたら、会長は宿善が厚かったから善を修しなくてもよかった、とかいうでしょうね。

投稿: 飛雲 | 2014年8月31日 (日) 20時01分

教えてください。どうして自分は聞法と危険な行為で、会員は財施なのでしょうか?応病与薬という言葉がありますが、自分と会員の宿善の厚薄を見抜く力があるのでしょうか?また聞法と危険な行為から財施に変わったのはどうしてか聞かれたことはありますか?宿善の厚薄の差ですか?

投稿: 後の名無し | 2014年8月31日 (日) 22時01分

後の名無し 様

矛盾しかないのが高森会長の説明ですが、講師や会員に尋ねれば、無二の善知識という超特別な人物と一般人を一緒にするな、というところでしょう。それと善による宿善の厚薄を言いだしたのは、親鸞会を作ってからですので、高森会長が獲信したといっている18才の時には、その概念自体が全くありませんでした。つまり、親鸞会を作ってから、財施を強要するようになったということです。
過去に高森会長が言っていることを持ち出すな、が親鸞会の流れですから、誤魔化し以外の何物でもありません。

投稿: 飛雲 | 2014年9月 1日 (月) 07時02分

飛雲様
有難うございます。しかしひどい話ですね。確かに会長は一般人とは違います。まさに造悪無碍の一道ですね。天神地祗も驚嘆しそうですね。魔界外道も笑止することなさそうですね。会員も収支報告聞くことかなわずですか。欲のために真実をねじ曲げて一心に金儲けにダダ走りしているつもりでしょうが、真実はねじ曲がらず、自分をねじ曲げていることに気づかない浅はかな、お馬鹿ですね。確かに無二の悪知識です。

投稿: 後の名無し | 2014年9月 1日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/57235058

この記事へのトラックバック一覧です: 「因果の大道理を深信する親鸞学徒は極重の悪人」と寝惚けた妄言を吐く高森顕徹会長:

« 会員を騙すことしか頭にない高森顕徹会長 | トップページ | 聖教も無視、文法も無視して必死に金集めを正当化する高森顕徹会長 »