« 一口問答(法の深信8) | トップページ | 一口問答(法の深信10) »

2014年7月13日 (日)

一口問答(法の深信9)

問い

往生も含めての往生への道ではないですか。往生自体が判らない信心など考えられません。

答え

『歎異抄』で言うなら、
念仏よりほかに往生のみちをも存知し、また法文等をもしりたるらん」が自力の信心、「ただ念仏して弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひとの仰せをかぶりて信ずるほかに別の子細なきなり。」が他力の信心です。
自力の信心と他力の信心との違いは、「往生のみち」が、「念仏よりほかに」あると思っているか、「ただ念仏して」と心が定まるかの違いです。
往生が判らない判るで、自力と他力の違いを説明された根拠があるなら出してください。

|

« 一口問答(法の深信8) | トップページ | 一口問答(法の深信10) »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/56778092

この記事へのトラックバック一覧です: 一口問答(法の深信9):

« 一口問答(法の深信8) | トップページ | 一口問答(法の深信10) »