« 高森顕徹会長の知らない三願転入のイロハ | トップページ | 高森流三願転入論を完全に否定された親鸞聖人 »

2014年5月30日 (金)

三願転入の文より重要な体験文

三願転入の文は親鸞聖人の体験文であり、親鸞聖人が万人共通の道として教えられた

と高森顕徹会長は説明しています。ここに疑問を持たないと、思考力が心配です。
なぜなら、他の体験文は万人共通ではないが、三願転入の文だけは万人共通だとする意味が判りません。親鸞聖人が、三願転入の文だけは万人共通の体験だ、と仰っているなら別ですが、そのようなお言葉は全くありません。

親鸞聖人は七高僧の体験についても仰っているところがあります。
龍樹菩薩については『正信偈』で、

大乗無上の法を宣説し、歓喜地を証して安楽に生ぜん

とあるのは、会員でも知っているでしょう。
また『教行信証』真仏土巻に『讃阿弥陀仏偈』を引かれて

尊語を伏承して歓喜地にして、阿弥陀に帰して安楽に生ぜしむ。

(現代語訳)

釈尊のお言葉を承り、歓喜地の位にあって、阿弥陀仏に帰依して浄土に往生された。

と仰っています。
龍樹菩薩は、聖道門で歓喜地を証されて後に阿弥陀仏に帰依された体験をなされている、と親鸞聖人が仰っています。『高僧和讃』にも同様のことを仰っていますから、親鸞聖人は龍樹菩薩の体験を殊更強調されています。一箇所しか書かれていない三願転入の文よりも重要だと親鸞聖人は見做されているのは明らかです。

曇鸞大師についてはやはり『正信偈』

三蔵流支、浄教を授けしかば、仙経を焚焼して楽邦に帰したまひき。

とありますし、『高僧和讃』にも、

本師曇鸞和尚は
 菩提流支のをしへにて
 仙経ながくやきすてて
 浄土にふかく帰せしめき

と仰っています。
曇鸞大師は道教から浄土教に入られた、と親鸞聖人が曇鸞大師の体験を繰り返し仰っていますので、これも一箇所にしか書かれていない三願転入の文よりも重要な位置にあるのは、言うまでもありません。
龍樹菩薩と曇鸞大師の体験については、親鸞聖人が一字一涙の思いで書かれたと高森会長が説明している『正信偈』にあるくらいですから、当然な結論です。

親鸞聖人御自身の一箇所の体験文の方が、龍樹菩薩や曇鸞大師の複数箇所の体験文よりも格上だ

と訳の判らない屁理屈を言ってきそうですが、それならば、その最も重要な親鸞聖人の三願転入の体験文を覚如上人、蓮如上人が紹介されていないのはなぜでしょうか。

答えは、重要ではないし、知る必要がないからです。

ちょっと思考を働かせれば判ることですが、高森会長が絶対正しい、の思考停止状態では騙されるのです。

高森会長や講師部員と法論をして勝つことは、容易いことです。
ちょっと思考を働かせて、相手の矛盾点を突くだけで終わりです。

|

« 高森顕徹会長の知らない三願転入のイロハ | トップページ | 高森流三願転入論を完全に否定された親鸞聖人 »

三願転入」カテゴリの記事

コメント

相変わらず切れ味がいいですね。
高森会長はまたも一撃でダウンです。

投稿: | 2014年5月30日 (金) 21時29分

名無し 様

有難うございます。

投稿: 飛雲 | 2014年5月30日 (金) 21時34分

「万民共通」というのはよく言ってましたが、ほんとに意味不明でしたね。
どこにもそんなことは書かれてないのに何処からそんな解釈が出てくるのか、いぶかしんだものです。
他にも書かれてないことを恣意的に付け加えたような解釈は親鸞会ではよく見かけると思います。
それらは会員たちをミスリードしようとする会長の思惑なのは明らかです。

投稿: | 2014年5月31日 (土) 07時38分

会員が三願転入の御文を万人共通の体験だと納得してしまっているのは第十九願や第二十願にも「十方衆生」とあるからですし、蓮如上人に関しては『領解文』の御文が三願転入であると思っているわけですから、そういった会員が反射的に反論したくなるようなところについて書いた記事のリンクも本文中に貼ってあげると親切だと思います。
ある批判をするとき、ある程度は包括的に説明してあげないと、「こいつは全然わかってないな」と逆に思い上ってしまうのが親鸞会会員です。

本文下に自動表示している関連リンクはSEO的には意義深いですが、読者に向けた効果としては弱いと思います。
やはりテーマに関連する、内容を補足する過去の記事を飛雲さんが選んで引っ張ってきて、本文中の流れで紹介してあげるのが効果的かと思います。

投稿: 黒猫 | 2014年5月31日 (土) 11時15分

黒猫 様

親鸞会が三願転入の文を万人共通のものとしている理屈は、これ以外にも知っています。
もちろん、それを全部網羅して行けばいいのですが、1つのエントリーを長くすると読みませんので、1つの理屈を順番に論破していくようにしているだけです。
今回は体験文という、本来は親鸞会が嫌うものを三願転入の体験文だけを殊更に取り上げる矛盾を理解してもらうのが主旨です。
包括的に一度に言って、一度で理解できる人なら、未だに会に留まってはいないでしょう。
1つの矛盾点から、会員の信念に綻びができるのを期待するのが、今の作戦です。

自動表示リンクについては、こちらで変えることができませんし、補足のエントリーを紹介することは、必要かもしれません。検討してみます。

投稿: 飛雲 | 2014年5月31日 (土) 11時27分

初めまして。いつも興味深く拝見させていただいております。
今回の記事とは直接関係ないのですが、親鸞会さんの事で少しわからないことがあるので筆をとらせていただきました。
飛雲さんの記事を読んでいて初めて、浄土真宗内に念仏を三願転入論等々の観点から、万行随一・万行超過・自然法爾の念仏に分けるという考えがあることを知りました。
そのような考え方があることは理解できるのですが、この言葉づかいといいますか、言い回しは、親鸞会さん独特のものなのでしょうか?それとも、どなたかがおっしゃっている言い回しなのでしょうか?

念仏を三つに分ける考え方に関しては、私は大学時代に鎮西義との比較をしていたもんですから、浄土宗の二祖聖光房弁長上人の『徹選択集』の中に、
本選択集の題について三義あり。所謂第一に本選択集の題の中の念仏というは、これ諸師所立の口称念仏なり。故に題の次の行に南無阿弥陀佛というなり。第二に本選択集の題の中に本願というは善導所立の本願念仏なり。故に題の次の行に南無阿弥陀佛というなり。第三に本選択集の題の中に選択というは、これ然(法然)師所立の選択本願念仏なり。故に題の次の行に南無阿弥陀佛というなり。この故に本選択集の題中に三重の念仏ありと雖も、ともに観念の念仏にあらず。ただこれ口称の念仏なり。
とあって、その弟子三祖良忠上人は『選択伝弘決疑鈔』の中でこれを注釈して、
題に三義あり。一には念仏、二には本願念仏、三には選択本願念仏なり。初めの念仏とは、万行随一の念仏は是れ諸師の所立に当る。未だ正雑・助正を分たざる故に。次に本願念仏とは、万行の中に於て正雑を分別し、正雑の中に於て助正を細判す。其の正業とは称名念仏、弥陀の本願なり。是れ今家の所立に当る。後の選択本願念仏とは、本願の上に於て更に選択の一義を加う。是れ祖師にして始めて此の義を立つ。謂く、二百一十億の諸仏の願行の中より選択する所の本願なり。然るに一義の為の念仏は直の念仏に非ず、是れ本願念仏なり。直の本願念仏に非ず、是れ選択本願の念仏なり。
と説いておられ、この部分を思い出しました。

良忠上人の言葉の中に親鸞会さんと共通する「万行随一の念仏」って言葉が出てきますし、何となく似てるなと思ったんですが、どうなんでしょうかね?浄土真宗において親鸞会さん以外の派でも、念仏を三つに分けるという説明の仕方してるんでしょうかね?

よろしかったら教えてください。よろしくお願いします。

投稿: 一無碍道 | 2014年6月 2日 (月) 10時11分

一無碍道 様

念仏を3つに分けることは、本願寺派でも大谷派でも聞いたことがありますし、親鸞会以外の書籍でも見かけます。
ただし、「自然法爾の念仏」という言い方は、親鸞会以外では聞いたことがありません。想像するに、大沼法竜師からの盗用ではないかと思います。
語源がどこにあるのかまでは、勉強不足で知りません。

投稿: 飛雲 | 2014年6月 2日 (月) 21時43分

 ありがとうございます。

>>念仏を3つに分けることは、本願寺派でも大谷派でも聞いたことがありますし、親鸞会以外の書籍でも見かけます。
 そうなんですね。わたしは不勉強で知りませんでした。自力の念仏と他力の念仏というぐらいにしか考えていませんでした。ある意味このお念仏を自力他力とわける分類自体も、あまり私の好みではないんですけどね。

>>ただし、「自然法爾の念仏」という言い方は、親鸞会以外では聞いたことがありません。想像するに、大沼法竜師からの盗用ではないかと思います。
 それを聞いて、グーグルで「万行随一 万行超過」と書籍検索をかけてみたら、全文は読めず断片しか出ませんでしたが五十嵐大策師の『真宗における念仏と信心』という書籍にありそうな気配がありました。

>>語源がどこにあるのかまでは、勉強不足で知りません。
 いえいえ、私の方が勉強不足で、いわゆる真宗のボーズなんですがいつもこちらを読んで勉強させていただいております。ありがとうございました。また何ぞの折にコメントさせていただきます。
合掌 南無阿弥陀佛

投稿: 一無碍道 | 2014年6月 3日 (火) 09時42分

一無碍道 様

このブログは、高森邪義に一度は染まったことのある人を主な対象としていますので、親鸞会とは関係のない所で学ばれている方には理解しがたい所もあるかと思います。
その点だけは御理解いただきたいと思います。

投稿: 飛雲 | 2014年6月 3日 (火) 21時03分

横から失礼致します。
飛雲様の推察通り、大沼法龍師著「法界」の141ページに「万行随一の念仏」「万行超過の念仏」「自然法爾の念仏」という言葉が出て来ます。
大沼師の書いた図で、縦の線と横の線があり、六三法門を対応させたものがあります。
人形の絵はありませんが。
私も持っていて探したのですが、見つかりませんでした。
この図の中に確か3つの念仏も書いてあったかと記憶しております。
法界も「六三法門」→「自力の心と疑」→「化土往生」と話が進んで、「化土往生」の所に3つの念仏が出て来ます。
「自然法爾の念仏」を「他力の念仏」と捉え、他力の念仏と聞けば既に他力不思議を体得したように自惚れている人を戒めています。
ご存知の通り、私は沢山書物を持っており、幾らかこの念仏についての記載を探してみましたが、見当たりませんでした。
ただ「自然法爾の念仏」という言葉は不適切だとは思えないので、その様な言い方は以前あったのかもしれません。
この3つの念仏の言葉が問題ではなく、飛雲様がおっしゃる通り親鸞会の念仏に対する気持ちが問題だと思います。
親鸞会では、諸善〉〉〉〉〉〉〉〉念仏が諸善=念仏となり、念仏〉〉〉〉〉〉〉諸善となってゆくみたいな感覚があります。
そのような意味で万行随一の念仏も称えていない親鸞会の会員は高森会長の言う通り「19願の入り口にも入っていない」のかもしれません。
あるブログのコメントに「三願と三念仏が対応しているならば、念仏だけで良いのでは?」というものがありました。
その通りだと思います。

投稿: ひろし | 2014年6月 4日 (水) 08時54分

ひろし 様

普通に考えれば、念仏だけで良い筈なのですが、大沼師の著書を誤解したのと、私利私欲が人一倍強いために、念仏軽視の善の勧めに繋がったと思われます。

投稿: 飛雲 | 2014年6月 4日 (水) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/56359232

この記事へのトラックバック一覧です: 三願転入の文より重要な体験文:

« 高森顕徹会長の知らない三願転入のイロハ | トップページ | 高森流三願転入論を完全に否定された親鸞聖人 »