« 高森邪義を完全否定する救いであるから「甚難希有」 | トップページ | 高森顕徹会長の知らない三願転入のイロハ »

2014年5月 8日 (木)

高森会長の戯言を完全否定したなら「易信」

親鸞聖人は『教行信証』序

ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。

と仰っています。
4月号の顕真では、この御言葉を以って、

真実の信心は、五十年や百年で獲られる信心ではなかったと、「多生にも値いがたく」「億劫にも獲がたし」と言われています。

と説明していますが、浅はかな詭弁です。少しでも思考をはたらかせることができれば、この詭弁を見抜くことができると思います。
念のために説明しておきますと、これは親鸞聖人が、多生の間、聖道門に迷い続けてきて、18願を信じようとしなかったことを振り返って仰ったものであり、18願での救いを求めてから長い時間がかかることを仰ったものではありません。

その証拠に、この前の1文が

穢を捨て浄を欣ひ、行に迷ひ信に惑ひ、心昏く識寡く、悪重く障多きもの、ことに如来の発遣を仰ぎ、かならず最勝の直道に帰して、もつぱらこの行に奉へ、ただこの信を崇めよ。

(現代語訳)

煩悩に汚けがれた世界を捨てて清らかなさとりの世界を願いながら、行に迷い信に惑い、心が暗く知るところが少なく、罪が重くさわりが多いものは、 とりわけ釈尊のお勧めを仰ぎ、必ずこのもっともすぐれたまことの道に帰して、ひとえにこの行につかえ、ただこの信を尊ぶがよい。

です。
親鸞会でも知っている根拠を挙げるなら『正像末和讃』

三恒河沙の諸仏の
 出世のみもとにありしとき
 大菩提心おこせども
 自力かなはで流転せり

でもそれは判ります。

まあ、親鸞会を聖道門に含めるなら、親鸞会に属していれば「真実の信心は、五十年や百年で獲られる信心ではなかった」となるのは筋が通ります。
要するに、親鸞会を離れて初めて

ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。

と知らされるのです。

さて、前回紹介した元照律師の『阿弥陀経義疏』に続いて信巻で親鸞聖人は、

『聞持記』にいはく、「〈愚智を簡ばず〉といふは、[性に利鈍あり。]〈豪賤を択ばず〉といふは、[報に強弱あり。]〈久近を論ぜず〉といふは、[功に浅深あり。]〈善悪を選ばず〉といふは、[行に好醜あり。]〈決誓猛信を取れば臨終悪相なれども〉といふは、[すなはち『観経』下品中生に地獄の衆火、一時にともに至ると等いへり。]〈具縛の凡愚〉といふは、[二惑まつたくあるがゆゑに。]〈屠沽の下類、刹那に超越する成仏の法なり。一切世間甚難信といふべきなり〉といふは、[屠はいはく、殺を宰る。沽はすなはち醞売。かくのごとき悪人、ただ十念によりてすなはち超往を得、あに難信にあらずや。]

(現代語訳)

『聞持記』にいっている。「『阿弥陀経義疏』の文に、<愚者と智者のへだてなく>とあるのは、人々の性質に賢愚の違いがあることをいう。<富めるものと貧しいもののへだてなく>とあるのは、人々の生活に貧富の違いがあることをいう。<修行期間の長短を論じることなく>とあるのは、修行の功に浅深の違いがあることをいう。<行いの善し悪しを論じることなく>とあるのは、行いに善悪の違いがあることをいう。<決定の信心を得れば、臨終に悪相をあらわしても>とあるのは、『観無量寿教』の下品下生の文に<地獄の猛火が一斉に押し寄せてくる>などと説かれているありさまをいう。<煩悩に縛られた愚かな凡夫>とあるのは、見惑と思惑の煩悩をすべて持っているものをいう。<生きものを殺し、酒を売って生活し、賤しいとされるものであっても、たちどころにすべてを飛び超えて仏になる教えである。まことに世間の常識を超えた信じがたい尊い教えというべきである>とあるのは、生きものを殺すもの、酒を売るものなど、このような悪人でも、たとえば十声念仏して、たちまち飛び超えて浄土に往生することができるのであって、まことに信じがたいすぐれた教えではないか、という意味である。

と紹介されています。最後の一文「かくのごとき悪人、ただ十念によりてすなはち超往を得、あに難信にあらずや。」に全て集約されています。
過去世にも現在世でも善のしたことのない、悪しかしてこなかった悪人でも、「十念」だけで浄土往生できるのが18願ですから、「難信」なのです。

前回同様ですが、親鸞会の教えていることとは正反対で、何の条件もなく、過去世の善根の有無も、19願を実践するか否かに関わらず、救われるのが18願ですから、「難信」なのです。もっと端的に言えば、高森顕徹会長の戯言を信じているから「難信」なのであり、高森会長の戯言を完全否定したなら「易信」です。

|

« 高森邪義を完全否定する救いであるから「甚難希有」 | トップページ | 高森顕徹会長の知らない三願転入のイロハ »

難信」カテゴリの記事

コメント

真実の信心を獲るのに50年も100年もかかれば、真実の信心をえる前に死ぬ人が
多いです。

投稿: ブラウンタビー | 2014年5月16日 (金) 17時28分

ブラウンタビー 様

全くその通りですが、その通りと納得しているのが親鸞会会員です。

投稿: 飛雲 | 2014年5月17日 (土) 20時17分

とても勉強になります。
難中之難無過斯、との関連はどうなるでしょうか?

投稿: 819 | 2014年5月19日 (月) 09時15分

50年で助かるとしても、年に100人くらいは救われてもいいはず。
誰も救われていない現状を見て、親鸞会では1万年聞いても助からないと予想できる。
論も証拠もない。

投稿: | 2014年5月20日 (火) 13時44分

819 様

出張しておりまして、返事が遅くなりました。
御質問の御言葉の元は、『大経』の

もし人、善本なければ、この経を聞くことを得ず。
清浄に戒を有てるもの、いまし正法を聞くことを獲。
むかし世尊を見たてまつりしものは、すなはちよくこの事を信じ、謙敬にして聞きて奉行し、踊躍して大きに歓喜す。
驕慢と弊と懈怠とは、もつてこの法を信ずること難し。
宿世に諸仏を見たてまつりしものは、楽んでかくのごときの教を聴かん。
(現代語訳)
もし人が功徳を積んでいなければ、この教えを聞くことはできない。
清らかに戒を守ったものこそ正しい教えを聞くことができる。
以前に仏を仰ぎ見たものは、無量寿仏の本願を信じ、
うやうやしく教えを尊び、仰せのままに修行をして喜びが満ちあ
ふれるに至る。
おごり高ぶり、誤った考えを持ち、なまけ心のある人々は、こ
の教えを信じることができない。
過去世に仏がたを仰ぎ見たものは、喜んでこの教えを聞くことができる。


の部分と、


仏、弥勒に語りたまはく、
「如来の興世に値ひがたく、見たてまつること難し。諸仏の経道、得がたく聞きがたし。菩薩の勝法・諸波羅蜜、聞くことを得ることまた難し。善知識に遇ひ、法を聞き、よく行ずること、これまた難しとす。もしこの経を聞きて信楽受持することは、難のなかの難、これに過ぎたる難はなけん。このゆゑにわが法はかくのごとくなし、かくのごとく説き、かくのごとく教ふ。まさに信順して法のごとく修行すべし」と。
(現代語訳)
釈尊が弥勒菩薩に仰せになった。
  「 如来がお出ましになった世に生れることは難しく、その如来に会うことも難しい。また、仏がたの教えを聞くことも難しい。菩薩のすぐれた教えや六波羅蜜の行について聞くのも難しく、善知識に会って教えを聞き、修行することもまた難しい。ましてこの教えを聞き、信じてたもち続けることはもっとも難しいことであって、これより難しいことは他にない。そうであるから、わたしはこのように仏となリ、さまざまなさとりへの道を示し、ついにこの無量寿仏の教えを説くに至ったのである。そなたたちは、ただこれを信じて教えのままに修行するがよい 」


をまとめたものです。

前者が18願を信じる人の条件を仰ったもので、後者が聖道門の教えを聞くこと、修行すること、そして聖道門の信楽を獲ることは「難中之難無過斯」と仰っています。つまり、本来の「難中之難無過斯」は聖道門のことを『大経』では仰っていたのですが、それと前者の18願を信じることは、信じやすい聖道門よりも難しいことだと親鸞聖人は仰っているのです。

判りにくいかもしれませんが、蓮如上人の御言葉で説明すると『御文章』3帖目12通に

それ、当流の他力信心のひととほりをすすめんとおもはんには、まづ宿善・無宿善の機を沙汰すべし。さればいかに昔より当門徒にその名をかけたるひとなりとも、無宿善の機は信心をとりがたし。まことに宿善開発の機はおのづから信を決定すべし。されば無宿善の機のまへにおいては、正雑二行の沙汰をするときは、かへりて誹謗のもとゐとなるべきなり。この宿善・無宿善の道理を分別せずして、手びろに世間のひとをもはばからず勧化をいたすこと、もつてのほかの当流の掟にあひそむけり。
されば『大経』(下)にのたまはく、「若人無善本不得聞此経」ともいひ、「若聞此経 信楽受持 難中之難 無過斯難」ともいへり。また善導は「過去已曾 修習此法 今得重聞 則生歓喜」(定善義)とも釈せり。いづれの経釈によるとも、すでに宿善にかぎれりとみえたり。しかれば宿善の機をまもりて、当流の法をばあたふべしときこえたり。


とあります。宿善の無い人(18願を信じる気のない人)と宿善の有る人(18願を信じて聞く気のある人)とを区別して、宿善の有る人(18願を信じて聞く気のある人)に18願の話をするように仰ったところですが、この中に、「難中之難 無過斯難」を引用されています。
宿善の有る人(18願を信じて聞く気のある人)は、なかなかいないので、それを「難中之難 無過斯難」と仰っていることがお判りいただけると思います。


要するに、前回、今回のエントリーと同じ内容だということです。

投稿: 飛雲 | 2014年5月20日 (火) 23時43分

返事が遅くなってしまいすみません。
何回か読み直しましたが正しく理解できたかどうかは分かりません。

親鸞会で教えを聞いてる人たちは18願を信じる気がある人なのに、善の勧めを教えるのはおかしいということでしょうか?

親鸞会にいる人もほとんどが18願を信じる気がない人ならば、善を勧めても間違ってないのでしょうか?

投稿: 819 | 2014年5月24日 (土) 07時06分

819 様

>親鸞会で教えを聞いてる人たちは18願を信じる気がある人なのに、善の勧めを教えるのはおかしいということでしょうか?

その通りで、完全におかしいです。

>親鸞会にいる人もほとんどが18願を信じる気がない人ならば、善を勧めても間違ってないのでしょうか?

親鸞会では18願を信じながら善をすすめるという頓珍漢なことを言っています。
18願を信じるなら、善は勧めません。
18願以外で救われる道を求める、たとえば聖道門でさとりを開くことを目指すとか、19願で諸行往生を目指すのなら、善を勧めることは筋が通ります。

しかし、18願での救いを求めるなら、善を捨てよと勧められます。もちろん、倫理道徳の善は大いにすればいいですが、それが18願と関係があるとかおかしなことをいうのが親鸞会です。

投稿: 飛雲 | 2014年5月24日 (土) 07時18分

おそらく親鸞会では、18願の救いを求めている人も18願を信じる気がない人だという前提で、善を勧めているのだと思います。
「難信」ですからその前提は間違っていないと思うのですがどうでしょうか?

また、三願転入を教えますから、それが正しいのなら筋は通っていると思います。
三願転入が正しいのかどうかは私には分かりませんが…

投稿: 819 | 2014年5月25日 (日) 17時52分

819 様

>おそらく親鸞会では、18願の救いを求めている人も18願を信じる気がない人だという前提で、善を勧めているのだと思います。
>「難信」ですからその前提は間違っていないと思うのですがどうでしょうか?

全くの勘違いです。
まず、親鸞会で何の救いを言っているのかと言えば、18願での救いです。過程は兎も角、最終的には18願の他力によって救われると言っているのですから、会員は全員18願での救いを信じていなければ何の会員でしょうか。
18願を信じる気が無い人とは、

1.外道での救いを求めている人
2.聖道門での救いを求めている人
3.19願での諸行往生の救いを求めている人
4.20願での自力念仏往生の救いを求めている人
5.そもそも救い自体を求めていない人

以外にはありません。親鸞会の会員が1~5のどれかに属するのなら、最初から18願の救いを教えていないという前提です。
屁理屈を捏ね繰り回していても、全くピント外れのコメントと言わざるを得ません。

>また、三願転入を教えますから、それが正しいのなら筋は通っていると思います。

これは意味が不明です。
何度も何度も繰り返し繰り返し述べ続けてきたことですが、歴代の善知識で三願転入の道が正しいと仰った方は、誰一人ありません。
誰も仰っていないことが、「正しいのなら」と言えるなら、何でもありでしょう。
貴方の理論なら、親鸞聖人は「南無妙法蓮華経」と唱えることを勧められた、と言う人があっても「正しいのなら」なんて言っても否定できないことになりますよ。

もう少し真面目なコメントをしてください。

投稿: 飛雲 | 2014年5月25日 (日) 18時02分

高森会長は
「18願に救われるためには三願転入の道しかない」
と教えていて、それを会員は信じているのでしょ。
だったら、会員は18願を信じているってことじゃないの?
18願を信じる気が無い会員は、三願転入の道も歩む気が無い人、つまり活動する気が無い、聴聞する気が無い人ですが、違います?

投稿: はじめ | 2014年5月25日 (日) 20時08分

遅くなって申し訳ありません。

真面目にコメントしているつもりです。

凡夫には真実はカケラもないので、18願を信じる心がありません。それは阿弥陀仏から頂く心です。
そこまで導くのに19願、20願が必要と教えているので、前回のようなコメントをしたのですが、いかがでしょうか?

投稿: 819 | 2014年5月30日 (金) 08時09分

819 様

>凡夫には真実はカケラもないので、18願を信じる心がありません。それは阿弥陀仏から頂く心です。

これは信心です。
今、信心の話をしていません。もう一度書きます。

18願を信じる気が無い人とは、

1.外道での救いを求めている人
2.聖道門での救いを求めている人
3.19願での諸行往生の救いを求めている人
4.20願での自力念仏往生の救いを求めている人
5.そもそも救い自体を求めていない人

以外にはありません。親鸞会の会員が1~5のどれかに属するのなら、最初から18願の救いを教えていないという前提です。

投稿: 飛雲 | 2014年5月30日 (金) 08時12分

>そこまで導くのに19願、20願が必要と教えているので

誰が教えているのですか。高森会長だけです。
もう一度書きます。

何度も何度も繰り返し繰り返し述べ続けてきたことですが、歴代の善知識で三願転入の道が正しいと仰った方は、誰一人ありません。
誰も仰っていないことが、「正しいのなら」と言えるなら、何でもありでしょう。
貴方の理論なら、親鸞聖人は「南無妙法蓮華経」と唱えることを勧められた、と言う人があっても「正しいのなら」なんて言っても否定できないことになりますよ。

投稿: 飛雲 | 2014年5月30日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/56117578

この記事へのトラックバック一覧です: 高森会長の戯言を完全否定したなら「易信」:

« 高森邪義を完全否定する救いであるから「甚難希有」 | トップページ | 高森顕徹会長の知らない三願転入のイロハ »