« 自身と親鸞会の利益になる因だけを勧めている高森顕徹会長 | トップページ | 高森邪義を完全否定する救いであるから「甚難希有」 »

2014年4月29日 (火)

親鸞聖人を馬鹿にする高森顕徹会長と親鸞会

いわゆる三大諍論を通して、高森顕徹会長は親鸞会会員に、

信心決定は極めて難しいことで、その希有な体験をしたのがほかならぬワシだ

との洗脳を必死に行っています。
4月号の顕真には、体失不体失往生の諍論についての妄想解釈と共に、「顕正一口メモ」が載っています。

◎ある人
  親鸞会には救われている者が、
  いないのではないか②
◎親鸞学徒
  貴方たちの程度の信仰を
  求めているのではない。
  我々の求めているのは
  他力真実の信心なのだ。

最後の一行を「高森真実の信心なのだ」と修正すれば、全くその通りでしょう。しかし、「他力真実の信心」と「高森真実の信心」とは、全く異なるものです。

まず、親鸞会で言う「他力真実の信心」が、宝くじに当たるよりも低い割合の人にしか、賜らないものというのは、根拠のないことです。尤もらしく根拠を出していますが、高森会長一流の勘違いです。

親鸞聖人は、「難信」について『教行信証』信巻で次のように教えられています。

しかるに常没の凡愚、流転の群生、無上妙果の成じがたきにあらず、真実の信楽まことに獲ること難し。
なにをもつてのゆゑに、いまし如来の加威力によるがゆゑなり、博く大悲広慧の力によるがゆゑなり。

(現代語訳)

ところで、常に迷いの海に沈んでいる凡夫、迷いの世界を生れ変り死に変りし続ける衆生は、この上もない証を開くことが難しいのではなく、そのさとりに至る真実の信心を得ることが実に難しいのである。なぜなら、信心を得るのは、如来が衆生のために加えられるすぐれた力によるものであり、如来の広大ですぐれた智慧の力によるものだからである。

とあります。
真実の信楽まことに獲ること難し」の理由は「如来の加威力」と「大悲広慧の力」によって獲られるものであるからだと親鸞聖人は仰っています。
つまり、衆生の方で何かをする必要は全くないにもかかわらず、自分で何かをしなければならないという愚かな計らいを入れるから、「真実の信楽まことに獲ること難し」なのです。
具体的には、高森会長の説く因果の道理と「真実の信楽」とが関係あるとか、過去に行ってきた善やこれから行うであろう善と「真実の信楽」とが関係あるとか、19願を通らなければ「真実の信楽」を獲られない、とかいう愚かな計らいです。
如来の加威力」と「大悲広慧の力」とは、衆生に何か用意してくることを期待したものではありません。世間的な発想や、聖道門的な発想とは別次元であるのが「如来の加威力」と「大悲広慧の力」ですが、それを同次元に思うから「真実の信楽まことに獲ること難し」なのです。逆にいえば、親鸞会で聞いてきたような世間的な発想や、聖道門的な発想をすべて捨てされば、「真実の信楽まことに獲ること難し」ではなくなります。

信巻には、また

律宗の用欽のいはく、「法の難を説くなかに、まことにこの法をもつて凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなるをや。大きにこれ易かるべきがゆゑに、おほよそ浅き衆生は多く疑惑を生ぜん。すなはち『大本』(大経・下)に〈易往而無人〉といへり。ゆゑに知んぬ、難信なり」と。

(現代語訳)

律宗の用欽がいっている。
「阿弥陀仏の教えを信じることが難しいと説くのは、まことにこの教えは、凡夫を転じて仏とすることが、ちょど手のひらを返すようだからである。きわめてたやすいから、かえって浅はかな衆生は多くの疑いを生じる。そこで『無量寿経』には、<浄土は往生しやすいにもかかわらず、往生する人がまれである>と説かれている。このようなわけで信じることが難しいと知られる」

とあります。高森会長の邪説を払拭すれば、「凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなる」です。高森会長の邪説をいつまでも引き摺っていることを、「おほよそ浅き衆生は多く疑惑を生ぜん」と言われているのです。聖教に書かれた通りにそのまま従えば、「凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなる」ですが、聖教を額面通りに受け取らず、裏を詮索するのを「おほよそ浅き衆生は多く疑惑を生ぜん」と非難されているのです。

まとめると、衆生の方で何かをしたり準備する必要がないと阿弥陀仏が誓われた本願に背いて、善をしなければ、因果の道理を信じなければ、との高森邪説を信じてしまうから「真実の信楽まことに獲ること難し」なのです。高森邪説を捨て去ったならば、「凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなる」と知らされるのです。

再度「顕正一口メモ」を修正するなら

◎ある人
  親鸞会には救われている者が、
  いないのではないか②
◎高森学徒
  親鸞聖人の程度の信仰を
  求めているのではない。
  我々の求めているのは
  高森真実の信心なのだ。

親鸞聖人を馬鹿にする高森会長と親鸞会です。

|

« 自身と親鸞会の利益になる因だけを勧めている高森顕徹会長 | トップページ | 高森邪義を完全否定する救いであるから「甚難希有」 »

難信」カテゴリの記事

コメント

会員時代は信心決定をゴールのように思っていましたが、真宗では信心決定がスタートであり、語弊があるかもしれませんが「当たり前」のようなもの。そもそも信心決定していないということは真宗を信じていないのですから、信徒ですらないです。拍子抜けするほど易しです、信心決定は。ただ聞くだけですから。
こちらの言葉を受け入れてくれれば、早ければ数十分話すだけで彼等は信心決定するでしょう。残念です。

投稿: 黒猫 | 2014年5月 1日 (木) 02時47分

なかなか信心決定できないのは親鸞会の邪義が抜けきっていないからなのでしょうか…
難しい教学はいらないと思っているのですが…

投稿: 木綿豆腐 | 2014年5月 1日 (木) 22時22分

信心決定に小難しい教学は必要ありません。むしろ、教学は信心決定してからした方がいいです。なぜなら、御聖教の内容は信心の世界であり、自分も信心決定していなければ本当の意味で理解できません。
逆に、信心決定してしまえば、今まで難解であった御聖教の記述が嘘のようにスルスルと読めてしまいます。まさに氷解です。

本当に信心決定されたい気持ちがあるのであれば、信心を持っている人と直接話すのがよいです。本願寺での僧侶(ピンキリですが)でも、飛雲さんでも、宮田さんでも誰でもいいですよ。直接会うなり電話で話してもらうなりお願いしてみては如何ですか。

もちろん私も、真面目に本願を聞き求める方のためならいくらでも時間を割きます。

http://noabop.blog.fc2.com/


投稿: 黒猫 | 2014年5月 2日 (金) 01時38分

木綿豆腐 様

親鸞会の退会者において、特に幹部として長年活動してきた人において共通するのは、善に対する執着が非常に強いことです。自分は親鸞会でこれだけ真面目に活動してきたから、幽霊会員や本願寺の門徒よりも余程、信心決定に近い筈だ、という思いがいつまでもあります。木綿豆腐はどうかわかりませんが、これが信心決定を妨げている最大の要因であると思います。
黒猫さんの言われるように、教義の難しいことを勉強する必要はありませんが、上記のことがもし抜けきれないのであれば、教義の勉強を通して障害を取り除く縁になることもあります。
親鸞聖人の教えを簡潔にいいますと、

浄土往生の因は阿弥陀仏が100%用意されていますので、我々がすることは浄土往生の因になるものは全くない

ということです。
だったら何もしなくてもいいのか、という愚かな質問を会員は常にしてきますが、その考えこそが愚かです。
今言いました親鸞聖人の教えを聞いて、それに疑いのないのが、信心です。
親鸞聖人の教えを聞きもしない人は、疑いない状態ではなく無知の状態です。全く違います。

私も、真面目に質問される方にはどこまでも答えますので、コメントでも直接でも気軽にお尋ねください。

投稿: 飛雲 | 2014年5月 2日 (金) 06時43分

黒猫 様

>こちらの言葉を受け入れてくれれば、早ければ数十分話すだけで彼等は信心決定するでしょう。残念です。

言われることはよくわかりますが、誤解を招く表現かもしれません。間違っているとはいいませんが、時間的な言葉は、入れない方が無難だと思います。揚げ足取りに命をかけているのが親鸞会ですから。

投稿: 飛雲 | 2014年5月 2日 (金) 06時50分

飛雲さん、黒猫さん、ありがとうございます。
悩んでいるのでつい書いてしまいました。
飛雲さんとも、黒猫さんとも面識のある者です。
本当の意味の聞法を始めてから結構な時間が経ったのに、「これでは往生は無理だな」と思います。
最近は日常の色々なことに追われて聴聞の時間もあまり取れませんが、それがいけないのだろうかとも思います。
善に対する執着は実際強いかも知れません。あまり具体的な事情を書くのは怖いので、近々またお目にかかりたいです。

投稿: 木綿豆腐 | 2014年5月 2日 (金) 23時03分

随分前に本願寺でお会いした方ですかね。

以下、私の老婆心ですから別に読まれずとも結構です。


>最近は日常の色々なことに追われて聴聞の時間もあまり取れませんが、それがいけないのだろうかとも思います。

「どうせ自分が信心決定するにはまだまだ時間がかかるだろう」とか、「もっと色々な説法を聴聞しなきゃいけないだろう」とか、もしそんな風に考えているのであれば、その考え方が根本的に真宗とそぐわないです。

だって貴方はもう正しい本願の内容を知っているはずですから。

もし私のこのコメントを読まれているのであれば、今この場で信心を賜れるのだということをまず受け入れて下さい。


>「これでは往生は無理だな」と思います。

なぜ無理なんですか?

貴方は今まで何を聴聞されてきたのでしょうか。

五兆の願行というのは、貴方がどんな人間でどんな状態であろうと、そんなことは一切関係なく往生を可能にさせるためのものだったはずです。

阿弥陀様が「貴方を必ず往生させる」と仰っているのですから、素直にそれを受け入れて下さい。

なぜ抵抗するのでしょうか。抵抗したところで何の得もありません。


>善に対する執着は実際強いかも知れません。

これも同様です。

貴方の善悪など一切往生に関係ないと、そうこれまで何十回、何百回と聞かされてきたのではないんですか?

なぜそれを聞き容れずに、自分は善に対して執着しているなどと言うのでしょうか。

今この場で執着するのをやめればいいだけです。


先のコメントで書いた通り、信心決定するのに難しい教学など必要ありません。

貴方に往生を願う気持ちがあるのであれば、聞くべきは以下の内容だけです。


阿弥陀仏の本願とは、「私を信じて浄土に生まれると思い、念仏を称えなさい。必ず浄土に生まれさせる」という誓いである。

この誓いは南無阿弥陀仏という力となって完成されており、いま現在、私達を場としてはたらき続けている。

煩悩具足の我々は迷いの世界を脱出する術を有しておらず、この大願業力によってのみ浄土往生をかなえることができる。

この私が浄土に往生して成仏するには、この南無阿弥陀仏を信ずるだけでよい。

「信ずる」とは「聞く」ことであり、「必ず往生させる」という呼び声をそのまま計らいを入れずに受け容れることであり、阿弥陀仏に自身の後生を委ね、任せ、阿弥陀仏の力に頼ることである。

「必ず往生させる」という阿弥陀仏の信心がそのまま、「必ず往生できる」という私の信心となり、これが他力回向の信心を賜った仏凡一体の姿である。


以上です。

後は、貴方が自分に目を向け自分に拘り続けるのか、それとも阿弥陀仏の方へ目を転じてその言の葉に耳を傾けるのか、それ次第です。

「必ず往生させる」という招喚を素直に受け入れて「必ず往生できる」と思う。常に私へ呼びかけて下さる南無阿弥陀仏を聞き続けて念仏称える余生を送る。

ただそれだけです。

これ程に易いことはありません。

「凡小修し易き真教、愚鈍往き易き捷径なり」とはこのことです。

投稿: 黒猫 | 2014年5月 3日 (土) 13時38分

木綿豆腐 様

お待ちしています。

投稿: 飛雲 | 2014年5月 3日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/55991086

この記事へのトラックバック一覧です: 親鸞聖人を馬鹿にする高森顕徹会長と親鸞会:

« 自身と親鸞会の利益になる因だけを勧めている高森顕徹会長 | トップページ | 高森邪義を完全否定する救いであるから「甚難希有」 »