« 一口問答(三願転入3) | トップページ | 一口問答(三願転入5) »

2014年1月13日 (月)

一口問答(三願転入4)

問い

弥陀は十九願を建てて善を勧め、釈迦が一代、廃悪修善を説かれたのは、知った分かったの観念の遊戯ではなく、実地にやらせるためであったと、聖人は仰せになっています。
その文証が、
しかるに濁世の群萌、穢悪の含識、いまし九十五種の邪道を出でて、半満・権実の法門に入るといへども、真なるものははなはだもつて難く、実なるものははなはだもつて希なり。偽なるものははなはだもつて多く、虚なるものははなはだもつて滋し。
ここをもつて釈迦牟尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来、本誓願を発してあまねく諸有海を化したまふ。
」(教行信証化土巻)
です。

答え

御文の前半の意味が抜けています。「半満・権実の法門」は聖道門のことですから、聖道門に入っても、「偽なるもの」「虚なるもの」ばかりである、ということです。そして後半の「ここをもって」に繋がりますから、阿弥陀仏の19願と釈尊の『観無量寿経』定散二善は、聖道門に入っても虚偽なるものに対して説かれたと、聖人は仰せになっています。

|

« 一口問答(三願転入3) | トップページ | 一口問答(三願転入5) »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

一口問答」カテゴリの記事

三願転入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/54587955

この記事へのトラックバック一覧です: 一口問答(三願転入4):

« 一口問答(三願転入3) | トップページ | 一口問答(三願転入5) »