« 一口問答(三願転入9) | トップページ | 「しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし」とは。 »

2014年1月21日 (火)

雑行の基本

コメント欄が荒らされましたので、南風と名乗られる方のコメントだけをスパムコメント扱いにしました。
実際、コメント欄が長過ぎて、私もまともに読んでいませんし、皆さんも読まれるのが大変でしょうから、今回の結論だけ御報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■南風さんの邪義まとめ■

法然上人--「雑行は往生の行」
南風さん--「雑行は聖道門の行」

法然上人--「散善である布施・持戒は雑行」
南風さん--「散善である布施・持戒は雑行ではない」

法然上人--「散善の読誦大乗は五雑行の1つでもある」
南風さん--「定散二善は五雑行と対立する」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

法然上人の雑行の定義と明らかに反する特殊な雑行の定義を振りかざし、その特殊な雑行の定義を以って、三選の文を解釈すると言うとんでもないことを延々と続けられました。しかし、それにいつまでも付き合うほど、私も暇ではありませんので、このような措置としました。

ただし、経緯を誤魔化そうとするでしょうから、これまでのコメントは残しておきます。

一応上の雑行について解説しておきますと、『選択本願念仏集』

善導和尚の意によらば、往生の行多しといへども大きに分ちて二となす。一には正行、二には雑行なり。

とあります。往生の為にする行が、正行と雑行です。往生の為にしない行、自力でさとりを開こうとして修する行は、雑行ではありません。しかし、それを完全に間違えていたということです。

また、親鸞会で強要する布施については、同じく『選択本願念仏集』

次に雑行は、すなはち文(同)に、「この正助二行を除きてのほかの自余の諸善をことごとく雑行と名づく」といふこれなり。意はいはく、雑行無量なり、つぶさに述ぶるに遑あらず。ただしばらく五種の正行に翻対してもつて五種の雑行を明かすべし。
(中略)
このほかまた布施・持戒等の無量の行あり。みな雑行の言に摂尽すべし。

と仰っていますから、間違いない雑行です。

最後に定散二善と五雑行の関係についてですが、法然上人は散善行福の「読誦大乗」について、

みなすべからく「読誦大乗」の一句に摂すべし。願はくは西方の行者、おのおのその意楽に随ひて、あるいは『法華』を読誦してもつて往生の業となし、あるいは『華厳』を読誦してもつて往生の業となし、あるいは『遮那』・『教王』および諸尊の法等を受持し読誦してもつて往生の業となし、あるいは「般若」・方等および『涅槃経』等を解説し、書写してもつて往生の業となせ。

と教えておられます。『法華経』『華厳経』『般若経』『涅槃経』等の聖道門の経典を往生の行として読誦するのが、散善の1つであり、読誦雑行でもあります。このように散善と五雑行が重なる部分もあります。ですから定散二善と五雑行は別という考えは間違いになります。

基本的なことですが、雑行について説明しておきました。

|

« 一口問答(三願転入9) | トップページ | 「しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし」とは。 »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

三願転入」カテゴリの記事

コメント

解釈は人それぞれだと思います。なぜなら知識、環境、また味わい等などの要因がどうしても関係してくるからです。しかし、一つだけ守らなけばならないことがあります。それは聖教に反してはいけないということです。当たり前の話ですが。
また個人、または狭いコミュニティ内における解釈ならばある程度自由度は高くてもよろしいかと思うのですが別のコミュニティに対して発言するならばそれ相応の根拠と整合の取れた論理が必要となります。しかし玉見さん、南風さんはその2つが決定的に不足しています。

つまり何が言いたかというと、もっと勉強してください。外側の知識、解釈をよく知ってください。とりあえず親鸞聖人の御手紙を10回ほど読んでください。それからまた来てくださいね。

投稿: 親鸞解放の方へ | 2014年1月21日 (火) 23時35分

親鸞会の主張は、教えをなんとか献金に誘導することと勝他のため。
頭からそれしかない。

投稿: | 2014年1月22日 (水) 06時24分

飛雲さん御苦労さまです。
親鸞会の人達には自分達の教義の間違いは無視して
他を攻撃することで 会長の腐った教義が正しいとしか
考えられないかわいそうな人達ですね。
本当にご苦労様でした。これからも 応援しています。
お身体大切に。

投稿: あきれた | 2014年1月22日 (水) 08時39分

最初のコメントの名前が「親鸞解放」になっちゃってますね…正しくは「親鸞会
」です。

投稿: あらあら | 2014年1月22日 (水) 11時25分

親鸞会に見切りをつけたと言っている人も、まだ会長が間違いにせよ仏教を説いていたつもりだった、と思ってる人がいますね。
それは自分が会に掛けた膨大な時間と努力が全て高森のいいように使われていただけで無駄なことだったと認めたくないんだと思います。
しかし残念ながら会長は始めから自分の欲に浄土真宗を利用していただけにすぎない。
それを求道心のようなものでうまいこと覆い隠し会員たちはそれが会長の本意と錯覚させられてたわけです。
会長の言う事なすことは全て献金に結びつくように仕向けてられている。
このことは会長が会員が救われることなどこれっぽちも思ってなく、金と権威が欲しいだけということの現れに過ぎない。
ところがお人よしの会員たちはそんな悪意も善意に解してしまって会長を擁護するようになてしまう。
そして知らずに悪の土蔵秘事親鸞会がいまだに続いてしまうことに加担してしまっているわけです。

投稿: | 2014年1月22日 (水) 12時18分

コメント頂いた皆様

親鸞会の現状は、仰る通りです。
ところで、親鸞会からすると私に好意的なコメントされた皆さんは、私の分身だということにされていますので、念の為、お知らせしておきます。
飛雲の意見に同意する者などいる筈がない、という自信なのか思い込みなのか夢想なのか願望なのか判りませんが。

投稿: 飛雲 | 2014年1月22日 (水) 18時06分


正直、今回の打ち切りに私は残念に思いました。

まず南風さんとの議論の途中で、相手が言ってないことを勝手に記事にして、非
難したことです。
一口問答(三願転入9)の
「捨てよという雑行とは、五雑行のことで、五雑行以外の諸善は含まれていない」
の部分です。
南風さんは、ハッキリ、諸善も含まれると書いていました。

「別の会員との法論だ」と逃げるのかもしれませんが、南風さんとのやりとりは
みんなが見れる場で行われたものであり、明らかに南風さんのことを言っている
のは明らかです。
謝罪を要求されるのも当然と思います。
この件にお詫びもしないまま、荒らしといって議論を打ち切るのはいかがなもの
でしょう?
マナー違反はどちらでしょうか?

しかも、飛雲さんは「定散二善」の「定善」は三選文でいえば「雑行」か「正行」
か答えられないでいます。
今まで私も定散二善=雑行と思っていましたが、法然上人の三選文にあてはめて
考えますと合わないので、そんな単純なものではないのだなと思いました。
それを南風さんは順番に話しようとしておられたのです。
その状態で、邪義ときめつけるのは如何なものでしょう?

直前の一口問答(三願転入9)の内容が、先走ってあげてしまった内容だけに、
今回の結論もそうではないかと思ってしまいます。
一見、教えに反するようにみえても、実は違ったということがあるのではないで
しょうか?
まさに「定散二善=雑行」と親鸞聖人が言われているから、どの雑行にもあては
まるとは限りませんでしたし。
散善などの理解も、意外な落とし穴があるかもしれないじゃないですか?
それを議論の途中で自分の考えに合わないからといって、切り捨てるのは納得で
きません。
そんな調子では、他の人をどうこう非難できないと思います。

このコメントもスグ削除されてしまうのかもしれませんが、誠意ある態度で、少
なくとも「定善」についてはお話ししていただきたいなと思いました。
よろしくお願いします。

投稿: サキ | 2014年1月22日 (水) 19時46分

サキ 様

御意見有難うございます。
まず、「親鸞会にとって捨てよという雑行とは、五雑行のことで、五雑行以外の諸善は含まれていないと言うことです。」については、私は複数の会員と話をしてきたことから書いたものです。南風さんだけのことなら、そういう人がいる、という書き方をします。たとえば今回の「南風さんの邪義まとめ」も、「親鸞会の邪義のまとめ」とは書きませんでした。明らかに変えています。誤魔化しと思われるなら、それでも構いません。

謝罪の話は、南風さんが質問に答えられなくなって苦し紛れに急遽書いたのは、私でなくても気が付くことと思います。

>しかも、飛雲さんは「定散二善」の「定善」は三選文でいえば「雑行」か「正行」
か答えられないでいます。

答えられないのではなく、それ以前の問題なので、答えていないだけのことです。
雑行の定義が根本的におかしいので、根本の話だけをしてきました。
それと親鸞会の手口を、私は熟知しています。論点ずらしです。
明らかな誤りに気が付くと、話を変えます。私はそれに乗らないだけです。

南風さんの順番は、全く無意味です。

もう一度言いますが、「雑行」の話をしているのに、「雑行」の定義が根本的におかしいのです。

右と左くらい違う理解で、議論が成立する筈が有りません。

それとも

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■南風さんの邪義まとめ■

法然上人--「雑行は往生の行」
南風さん--「雑行は聖道門の行」

法然上人--「散善である布施・持戒は雑行」
南風さん--「散善である布施・持戒は雑行ではない」

法然上人--「散善の読誦大乗は五雑行の1つでもある」
南風さん--「定散二善は五雑行と対立する」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

は、その議論で何か状況が変わったとでもお考えでしょうか。

今後、三選の文について書いていきます。

もちろん、聖教に沿ってしか述べませんので、南風さんの主張とは交わる点がないでしょう。聖教を無視される方とは、今後も相容れませんので、そういう方とは、議論もしません。

投稿: 飛雲 | 2014年1月22日 (水) 20時00分

南風さんの分身がいるようです。
お気をつけください。

投稿: オー | 2014年1月23日 (木) 13時19分

オー 様

気を付けます。

投稿: 飛雲 | 2014年1月23日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/54696950

この記事へのトラックバック一覧です: 雑行の基本:

« 一口問答(三願転入9) | トップページ | 「しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし」とは。 »