« 高森顕徹会長が未だかつて通ったことのない20願 | トップページ | 19願、定散二善の定義も知らない高森顕徹会長 »

2013年12月28日 (土)

他力念仏はもちろんのこと、自力念仏も知らない高森顕徹会長

高森顕徹会長は、他力念仏が如何なるものか知らないのは言うまでもありませんが、自力念仏さえも誤解しています。

まず、20願の念仏について、一般の人ができるものではない、という迷信が親鸞会に蔓延っていますが、これも間違いです。

『阿弥陀経』に「一心不乱」とあるから、相当にレベルの高い念仏だとの勘違いでしょうが、親鸞聖人は『教行信証』化土巻にて、

『小本』(小経)には「一心」とのたまへり、二行雑はることなきがゆゑに一とのたまへるなり。

(現代語訳)

『阿弥陀経』には「一心」と説かれている。念仏以外の他の行がまじらないから、一といわれるのである。

と教えられている通り、念仏以外の行である、雑行と助業が混じらないことを、「一心」というのです。もちろん、雑行を捨てた念仏です。

また、20願の念仏は相当の数を称えなければ成立しないというのも間違いで、真門釈で『法事讃』を引かれて、

またいはく、「種々の法門みな解脱すれども、念仏して西方に往くに過ぎたるは無し。上一形を尽し、十念・三念・五念に至るまで、仏来迎したまふ。ただちに弥陀の弘誓重なれるをもつて、凡夫念ずればすなはち生ぜしむることを致す」と。

(現代語訳)

また次のようにいわれている(法事讃)。
 「仏のさまざまな教えは、みな迷いを離れることのできるものであるが、念仏して西方浄土に往生する教えにまさるものはない。生涯をかけて念仏するものから少ししか念仏しないものまで、阿弥陀仏は来迎して浄土に導いてくださる。仏がたは次々に世に出られて、その本意である阿弥陀仏の本願を重ねてお説きになり、凡夫はただ念仏して、ただちに往生させていただくのである」

と説明しておられます。人間の命はいつ終わるかもしれないのですから、たとえ「十念・三念・五念」という少ない念仏でももちろん20願の行者です。

なお、高森会長が最重要視している19願にも、自力の念仏があります。

『三経往生文類』には

観経往生といふは、修諸功徳の願により、至心発願のちかひにいりて、万善諸行の自善を回向して、浄土を欣慕せしむるなり。しかれば『無量寿仏観経』には、定善・散善、三福・九品の諸善、あるいは自力の称名念仏を説きて、九品往生をすすめたまへり。

(現代語訳)

「観経往生」というのは、修諸功徳の願(第十九願)によって「至心発願」と誓われた要門に入り、 さまざまな善や多くの行によって自ら積んだ功徳を回向し、浄土往生を願うのである。そこで『観無量寿経』には、定善・散善、三福の行や九品のさまざまな善、あるいは自力の念仏を説いて、九品それぞれに異なる往生をお勧めになっている。

とあるように、『観無量寿経』の表向きは、九品中の上品上生から中品下生までは三福を勧められ、下品上生から下品下生までは自力の念仏が勧められているということです。
高森会長によれば、全人類は極重の悪人である下品下生ということですから、当然勧めるべきは『観無量寿経』の自力の念仏でなければなりませんが、おかしなことに、定散二善、というよりも布施の行を勧めています。

なぜ自力の念仏を勧めないのか?

いうまでもありません。金集め、人集めが目的で、会員に19願の道を進ませようという意図もないからです。

自力念仏も知らずに三願転入を語るとか、お笑いとしか言いようがありません。

|

« 高森顕徹会長が未だかつて通ったことのない20願 | トップページ | 19願、定散二善の定義も知らない高森顕徹会長 »

『なぜ生きる2』」カテゴリの記事

コメント

張りぼての邪義が木っ端微塵ですね。素晴らしいです。

投稿: 黒猫 | 2013年12月28日 (土) 23時18分

最近は建築会社が儲かっているもようです。
来年は今年以上に会館が建てられないと、会長や幹部やマゾハル一味は能力がないとばれることでしょう。
四月か六月に呆れて見限る会員は少し出るかもしれませんね。

しかし創価学会は政党があり強いですね。
キリスト文明の崩壊も来ませんし、なんだったんでしょ?
幸福の科学にすら負けていて情けなくなってしまいます。

やっぱりハリボテだったんだと。
諸善ってなんだったんでしょうね?

投稿: 名無しの権兵衛 | 2013年12月29日 (日) 17時58分

ダライ・ラマ怒りを癒す9頁
シャーンティデーヴァ
入菩提行論
忍耐の章
千劫の間に積み重ねられた布施、善逝(仏)への供養などの 善行の一切は 一つの怒りによってうちこわされる

宿善とか諸善とか布施とか財施とか言い換えは色々あるが信心獲得とか新人獲得とかしようとも高森の不倫粛清とFX教義や豊田永野刺殺誤魔化しとかしてるやつに金と時間と心と人生捧げてなんになるのか

古今東西の詐欺団体や詐欺師達と変わらず末路も屍も残らず

つわものどもが夢のアトならぬ
サギしたちは忘れられていくだろう
誰の口にも上ることもなくなるだろう

親鸞会のすべては無駄でしたな

怒りは信仰のバロメーターとか信仰は財施の過多によるとか

高森の本は仏教を踏みにじっていますね

親鸞会の会員全員諸善無し信仰無し

以上私なりの証明終わり

投稿: 名無しの権兵衛 | 2013年12月29日 (日) 21時46分

黒猫 様

有難うございます。


名無しの権兵衛 様

なかなかの分析だと思います。

投稿: 飛雲 | 2013年12月30日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/54413406

この記事へのトラックバック一覧です: 他力念仏はもちろんのこと、自力念仏も知らない高森顕徹会長:

« 高森顕徹会長が未だかつて通ったことのない20願 | トップページ | 19願、定散二善の定義も知らない高森顕徹会長 »