« 徹底的に矛盾に満ち溢れた高森邪義 | トップページ | 待ちに待った高森会長の三願転入法論正式参入 »

2013年11月30日 (土)

18願にも18願成就文にもない諸善を勧める破綻した高森邪義

法然上人は『選択本願念仏集』

諸行を廃して念仏に帰せしめんがためにしかも諸行を説くといふは、善導の『観経疏』のなかに、「上よりこのかた定散両門の益を説くといへども、仏の本願に望むるに、意、衆生をして一向にもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり」といふ釈の意に准じて、しばらくこれを解せば、上輩のなかに菩提心等の余行を説くといへども、上の本願に望むるに、意ただ衆生をしてもつぱら弥陀仏の名を称せしむるにあり。
しかるに本願のなかにさらに余行なし。三輩ともに上の本願によるがゆゑに、「一向専念無量寿仏」といふ。

(現代語訳)

諸行を廃して念仏に帰せしめるために諸行を説くというのは、善導の《観経疏》の中に、
「《観経》の初めから、定善・散善の両門の利益を説いてきたけれども、阿弥陀仏の本願に望めてみると、世尊の思し召しは、人々をして一向に専ら阿弥陀仏の名号を称えさせることにあるのである。」
といわれた釈の意に準じて、しばらくこれを解釈すると、上輩の中に菩提心などの余行を説かれているけれども、上の本願に望めてみると、世尊の思し召しはただ衆生をして専ら阿弥陀仏の名号を称えさせるにある。
ところが、本願の中に更に余行はない。三輩共に上の本願に依るから「一向に専ら無量寿仏を念ずる」と説かれているのである。

と教えられています。
『大無量寿経』に三輩という衆生の根性に上・中・下があり、それぞれ諸善が説かれているのに、なぜ往生するのに諸善が不要なのかといえば、18願の中に「さらに余行なし」だからだ、と法然上人は明快な説明をなされています。

一方で、高森顕徹会長は19願で諸善が勧められているから、往生には諸善が必要だ、と言っています。

法然上人と高森会長の言うことは180度違います。さて、どちらが正しいのか、説明するまでもないでしょう。

法然上人は19願を全く問題にもされていません。それ故、聖道門の学僧から猛反発を受けられたのですが、高森会長の主張はその聖道門と同じなのです。

ところで、18願に諸善がないから念仏1つで救われる、という法然上人の仰せから、高森会長のある論理を思い出します。

18願成就文には念仏がないから信心1つで救われる

『教学聖典』にもある、高森教学の1つです。念仏を1回も称えなくても救われると言っていますように、救われるのに念仏は不要だとの理屈です。

では18願願成就文には諸善はあるでしょうか。言うまでもなくありません。ならば、

18願には諸善がないから念仏1つで救われる
18願成就文には諸善がないから信心(念仏1つと信じた心)1つで救われる

となるでしょう。諸善は18願にも18願成就文にもないから、どう頑張っても不要なのです。高森会長の論理で、高森会長の主張を論破できます。

高森会長の主張は、全くもってお粗末としか言いようがありません。

いつもの11項目に2項目を加えておきます。

いつもの13項目

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

11.因果の道理について

親鸞聖人 罪福の因果を信じることは自力・仏智不思議を疑う心
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 因果の道理を深信しなければならない

12.三願転入について

親鸞聖人 聖道門の人を浄土門に導く方便が19願であり、19願の勧めはない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 全人類は19願から始めなければならない

13.「一向専念無量寿仏」について

親鸞聖人 諸善を廃して念仏1つになること
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 阿弥陀仏1仏に向かって諸善をすることも含む

『歎異抄』について

第1章

1.「ただ信心を要とす」の「信心」とは

親鸞聖人 「ただ念仏で往生できる」と信じた心
----------------------------------
高森会長 「助かった」とハッキリした心

2.「本願を信ぜんには他の善も要にあらず」とは

親鸞聖人 本願に救われるには善は不要
----------------------------------
高森会長 救われたなら善は不要だが、救われる前には善が勧められている

3.「悪をもおそるべからず」とは

親鸞聖人 本願に救われるのに、悪が妨げになることはない
----------------------------------
高森会長 悪を恐れ不安になるのは、地獄一定の悪人と知らされていないからだ

第2章

4.「ただ念仏して」の「ただ」とは

親鸞聖人 念仏一行
-----------
高森会長 びっくり仰天

5.「総じてもつて存知せざるなり」とは

親鸞聖人 念仏が浄土に生れる因なのか地獄に行く因なのかを知る智慧を持っていない
----------------------------------
高森会長 知り過ぎた知らん

6.「弥陀の本願まことにおわしまさば」は仮定か断定か

親鸞聖人 仮定
--------
高森会長 断定

第3章

7.「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」とは

親鸞聖人 善人ではなく悪人のために18願を建てられた
----------------------------------
高森会長 「悪人」とは、全人類のことであり、「人間」の代名詞にほかならない

|

« 徹底的に矛盾に満ち溢れた高森邪義 | トップページ | 待ちに待った高森会長の三願転入法論正式参入 »

一向専念無量寿仏」カテゴリの記事

コメント

彼らがこういう理屈に合わないことを押し付けるとき、常套句にするのが「先生の御心」なんですよねえ。笑

投稿: | 2013年12月 1日 (日) 08時56分

会長は「善知識として尊敬されたい」を通り越して「仏として崇拝されたい」と願望しているのでしょうね。
会では阿弥陀如来の御心ではなく会長先生の御心だけが組織を通して徹底されるのも、その現れだとすれば意味が判ります。

投稿: | 2013年12月 1日 (日) 10時17分

「18願はただのただもいらん世界。その自力を捨てるために弥陀は19願で諸善を勧められた。18願に諸善があて力になると誰が言ったか。こんなことも分からん奴のブログを見てどうする。馬鹿馬鹿しい」と誰かさんが言いそうな今回。

投稿: | 2013年12月 3日 (火) 19時09分

親鸞会にとっては、高森会長が言ったことがすべてで、理屈が通っているかとか、根拠が有るかとかはどうでもいいのです。

親鸞会が邪教と見下している教義と何ら変わりません。

投稿: 飛雲 | 2013年12月 4日 (水) 20時06分

少し残念。飛雲さんの一つ前のコメントに現会員の追随コメントが続けば、①飛雲ブログを読みながらデタラメ教義を垂れ流し続けていたこと②今回も断章主義の体質が露わになったかも、です。

投稿: | 2013年12月 4日 (水) 21時21分

私も1日待ってみたのですが、現会員のコメントがなかったので、残念に思います。
親鸞会の現状をよく表わしていると言えるでしょう。

投稿: 飛雲 | 2013年12月 4日 (水) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/54105418

この記事へのトラックバック一覧です: 18願にも18願成就文にもない諸善を勧める破綻した高森邪義:

« 徹底的に矛盾に満ち溢れた高森邪義 | トップページ | 待ちに待った高森会長の三願転入法論正式参入 »