« やはり体験至上主義の親鸞会 | トップページ | 簡単な話を訳の判らない話にするのが高森会長 »

2013年10月23日 (水)

聖教を読んだことのない高森会長に判る筈もない三願転入の意図

親鸞聖人が三願転入の体験を記されたのは、

1.皆さんも三願転入の道を進め
2.私は遠回りをしてしまったので皆さんは同じ道を進まないように

のどちらの御心なのかが問題です。
しかし、親鸞聖人は三願転入の体験を『教行信証』化土巻にしか記されていませんし、最初の19願を勧められた御言葉も皆無です。それどころか、化土巻で19願に関して親鸞聖人が仰っていることは、19願を否定するお言葉ばかりです。

ここまでくれば、少しでも理性があるなら、親鸞聖人は1の御心はありえず、必然的に2になる筈です。

mixiでの三願転入の法論では、高森顕徹会長は、親鸞聖人が19願を勧められた御言葉を最後の最後まで出すことができませんでした。mixi上からは、そのやりとりを抹消してしまうほどの狼狽ぶりでしたが、その経緯は

親鸞会法論惨敗の記録~飛雲より

にありますので、そちらをご覧ください。

ところが、その後会員向けには、『正像末和讃』

如来の諸智を疑惑して
 信ぜずながらなほもまた
 罪福ふかく信ぜしめ
 善本修習すぐれたり

を出して、親鸞聖人が19願を勧められた御言葉として説明したようですが、これについては

親鸞会法論惨敗の記録4~飛雲より

にまとめてあるように、20願成就文を親鸞聖人が言い換えられただけで、もちろん19願を勧められた意図は全くありません。

高森会長は会員を騙すことしか考えていないことが、ここからも判ります。

そして、親鸞聖人が19願についてどう仰っているかは、要門釈の結論である

『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。

が最も判りやすいでしょう。本来は行巻にも引かれている『往生要集』の

『観経』には「極重の悪人他の方便なし。ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得」

とあるものに、「定散の諸機」を加えられたものです。『観無量寿経』では、「極重の悪人」には念仏以外の方便、つまり諸善は勧められていません。それで「極重の悪人」には、念仏しか勧められていないことは、聖道門でも浄土門でも常識なのです。一方で「定散の諸機」には念仏以外の方便として、定散二善が勧められていることも常識です。

しかし、そんな「定散の諸機」に対しても親鸞聖人は「極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。」という論理を展開されているのです。「定散の諸機」も「極重の悪人」と同様に「ただ弥陀を称せよ」と勧められているのだ、と仰っているのです。

要するに、定散二善のできる「定散の諸機」も、そしてもちろん「極重の悪人」も、19願に拘らずに捨てよ、としか仰っていないのです。

その理由はこの前にありますが、19願では報土往生はできず化土往生にしかならないからです。

まあ、聖教を読んだことのない高森会長や親鸞会信者の面々には興味のない話かもしれませんが。

|

« やはり体験至上主義の親鸞会 | トップページ | 簡単な話を訳の判らない話にするのが高森会長 »

三願転入」カテゴリの記事

コメント

こういう類いの誤解から「念仏称えていれば、死んだら極楽」という発想が生まれているんでしょうね、昔から。

投稿: | 2013年10月23日 (水) 20時09分

名無し 様

そうですね、簡単な御文さえ理解できない上、まともな思考がない人には、
皆さん三願転入をしなさい
と親鸞聖人が仰ったと誤解するのでしょう。

投稿: 飛雲 | 2013年10月23日 (水) 20時29分

ついでですから、少し教えてあげましょう。

『正像末和讃』の

如来の諸智を疑惑して
 信ぜずながらなほもまた
 罪福ふかく信ぜしめ
 善本修習すぐれたり

は次に

仏智を疑惑するゆゑに
 胎生のものは智慧もなし
 胎宮にかならずうまるるを
 牢獄にいるとたとへたり

と続きます。この2つで1つの意味をなしているのです。
たぶん理解できないでしょうから、もう少し解説すると、

20願は、仏智を疑って因果の道理を信じて念仏称えることですが、その人は化土にしか往けない、
こういうことです。

『浄土和讃』の最初には

誓願不思議をうたがひて
 御名を称する往生は
 宮殿のうちに五百歳
 むなしくすぐとぞときたまふ

とありますが、これも同じことです。
同じく『浄土和讃』に

安楽浄土をねがひつつ
 他力の信をえぬひとは
 仏智不思議をうたがひて
 辺地・懈慢にとまるなり

とあります。

>こういう類いの誤解から「念仏称えていれば、死んだら極楽」という発想が生まれているんでしょうね、昔から。

少しは自分のコメントが恥ずかしく思えましたか?

恥ずかしく思えたのなら、親鸞聖人の教えを信じている人ですし、恥ずかしく思えなければ、親鸞聖人の教えなどどうでもよい、高森会長が言っていることがすべてだ、という人でしょう。

投稿: 飛雲 | 2013年10月23日 (水) 20時47分

会員の負け犬の遠吠えは、酷いね。

もう少し気の利いたコメントは書けないものだろうか。

お聖教を読んだことのない高森会長にかわって、親鸞聖人が十九願を勧められた根拠を出すとかさ。

無理だからくだらないコメントしか書けないのでしょうが、みっともなさ過ぎ。

投稿: 元カルト信者 | 2013年10月23日 (水) 21時38分

会員は恥さらしですね。
反論できないなら、コメントしなければいいのに。
コメントしたということは、しっかり読んでいる証拠。
しっかり読んだ上で、反論しないのは、反論できないことを証明したことになるのに、
それさえ気が付かないなんて…

投稿: 恥晒し | 2013年10月24日 (木) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/53692886

この記事へのトラックバック一覧です: 聖教を読んだことのない高森会長に判る筈もない三願転入の意図:

« やはり体験至上主義の親鸞会 | トップページ | 簡単な話を訳の判らない話にするのが高森会長 »