« 一口問答(因果の道理6) | トップページ | やはり体験至上主義の親鸞会 »

2013年10月 6日 (日)

ますますカルト化する親鸞会

顕正新聞、顕真では、全国の会館の話ばかりです。幹部に要求されている献金額は、最低100万円からというもので、これまで散々出しつくしてきた幹部にとりましては、辛酸を嘗める日々のようです。そんな状態ですので、教義の間違いに気付くよりも先に、金銭的な理由で、ある日突然幹部がいなくなることも珍しくないようです。

ここまで異常な金集めをする訳ですから、その裏付けとなる教義の捏造にも力が入っています。大まかな話の流れは、以前と何もかわらず、

善ができると自惚れている十方衆生に善をやらせてみて、善のできない極重の悪人で地獄一定の者と知らされると同時に、極楽一定となる。その道程を親鸞聖人が三願転入で教えておられる。

というものです。
そこに因果の道理だとか、宿善とかを散りばめながら、カルト教義が仕上がるというものです。
この間違いについて、簡潔にまとめたものが以下で、一年半以上反論できない内容です。

いつもの11項目

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

11.因果の道理について

親鸞聖人 罪福の因果を信じることは自力・仏智不思議を疑う心
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 因果の道理を深信しなければならない

『歎異抄』について

第1章

1.「ただ信心を要とす」の「信心」とは

親鸞聖人 「ただ念仏で往生できる」と信じた心
----------------------------------
高森会長 「助かった」とハッキリした心

2.「本願を信ぜんには他の善も要にあらず」とは

親鸞聖人 本願に救われるには善は不要
----------------------------------
高森会長 救われたなら善は不要だが、救われる前には善が勧められている

3.「悪をもおそるべからず」とは

親鸞聖人 本願に救われるのに、悪が妨げになることはない
----------------------------------
高森会長 悪を恐れ不安になるのは、地獄一定の悪人と知らされていないからだ

第2章

4.「ただ念仏して」の「ただ」とは

親鸞聖人 念仏一行
-----------
高森会長 びっくり仰天

5.「総じてもつて存知せざるなり」とは

親鸞聖人 念仏が浄土に生れる因なのか地獄に行く因なのかを知る智慧を持っていない
----------------------------------
高森会長 知り過ぎた知らん

6.「弥陀の本願まことにおわしまさば」は仮定か断定か

親鸞聖人 仮定
--------
高森会長 断定

第3章

7.「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」とは

親鸞聖人 善人ではなく悪人のために18願を建てられた
----------------------------------
高森会長 「悪人」とは、全人類のことであり、「人間」の代名詞にほかならない

かつてmixi上で行われた三願転入の法論で、高森顕徹会長が完膚なきまでに叩きのめされた訳ですから、教義に詳しい退会者に怯えていることは明らかです。

顕正新聞、顕真にいつも掲載される品性の欠片もない歌は、教義で反論してくることのない華光会だけをターゲットにしていることからも、それが判ります。
ちなみに、これだけ苦労して救われた、という体験談を華光会が語っていると非難していますが、これはそのまま親鸞会のことだと気が付いていないところが、お粗末過ぎます。その最たるものが体験発表と弁論大会です。

聖教の解釈以前の問題として、自分の言っていることの矛盾くらいは解消しておいてほしいものです。

親鸞会が相当追い詰められていることは確かです。ますますカルト化する中で、会員の忍耐と財力がいつまで続くかです。限界を越えた会員の脱会数が加速度的に増えれば、親鸞会も終わるでしょう。

|

« 一口問答(因果の道理6) | トップページ | やはり体験至上主義の親鸞会 »

コメント

自分がいたころもすごかったけど、ほんとなりふりかまわなくなってきたなぁ。
あ、でも100万払えなかったら、みんな善ができないこと知らされるんじゃ…
みんなで、「善ができないことを知らされました」ってことにして、払わんかったらいいのにねぇ。

投稿: | 2013年10月 6日 (日) 11時49分

55周年が高森会長の最後のイベントになるでしょうね。さしずめ『55終年』でしょうか。
次は 会長の葬儀となるかも知れません。
高森氏は最後まで会長として無責任に生きていくのでしょうね。

葬儀では 3日間過去のビデオを映してお布施は10万円以上ですか。
次々と建てられた 会館はどうするのでしょうか。
フラフラの教義  説法できない講師  多額の借入金 心ある講師は『飛雲』を読んで
会長のデタラメに気付き 同志を募り被害を最小限に抑えて欲しいです。

投稿: はいりゅう | 2013年10月 6日 (日) 16時22分

線と線がひとくくりに見えて読みづらくありません?

投稿: | 2013年10月 6日 (日) 16時28分

アホのひとつ覚えですから、改善はされませんよ。放っておきなさい。

投稿: | 2013年10月 8日 (火) 07時35分

>アホのひとつ覚えですから、改善はされませんよ。

ほんと、高森会長と親鸞会は、アホのひとつ覚えですから、改善はされませんよね。
でも、騙されて搾取され続けている会員が哀れですから、放置はできませんね。

投稿: 元カルト信者 | 2013年10月 8日 (火) 11時29分

しかし、最低100万円とは驚きです。脱会してかなりの年数ですか、当時が十段階で3とするなら現在は10を越えて測定不可能です。
それでも「御指示である」そんな思いで従うのです。本当にカルトの宗教組織に恐怖をかんじます。

投稿: 過去に会員 | 2013年10月10日 (木) 00時12分

親鸞会会長亡き後の勝手な想像

遺言状をねつ造し、ビデオを見るのが最善と講師長がほえまくり、
行き場のない講師と気の弱い会員はそれに付いていくでしょう。

残念ながら今もその傾向が見られます。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

投稿: とくよしみね | 2013年10月10日 (木) 23時21分

教義は崩壊しているのは白日にさらされてきたのですから、組織の崩壊も真近いことを切に祈ります。もう犠牲者を出さないためにも。

投稿: | 2013年10月11日 (金) 22時56分

コメントを頂いた皆様

教義は真宗と正反対ですし、組織的にもかなり無理がきています。
そう遠くない時期に、何らかの形で破綻するでしょうが、最後まで騙されて搾取される人はあるでしょう。残念ですが。

なお、見にくいとの御指摘、御尤もと思います。
以前から判ってはいたのですが、親鸞聖人と高森会長との隔絶を表現しながら、ブログの規制内では、今のところこれがいいと判断してそのままにしています。もし、他のよい表現を御提案頂ければ、変更を検討してみます。

投稿: 飛雲 | 2013年10月12日 (土) 08時34分

身内まで巻き込まないで欲しい幼稚カルト

投稿: ひろえ | 2018年2月 1日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/53506141

この記事へのトラックバック一覧です: ますますカルト化する親鸞会:

« 一口問答(因果の道理6) | トップページ | やはり体験至上主義の親鸞会 »