« 一口問答(因果の道理5) | トップページ | ますますカルト化する親鸞会 »

2013年9月29日 (日)

一口問答(因果の道理6)

高森顕徹会長が人集めに拘る理由は、本願寺を見返したいという強い思いと金集めの手段、そしてもう一つあります。会場が一杯で、参詣者が入りきれずに溢れている状態に、高森会長は快感を得る性格だからです。
退会者も親鸞会55周年記念大会に参加して、そこで高森会長に法論を挑めばいいのです。私はそうしたいのですが、私の周辺の人は全く誘われず、残念です。もし、法論を目的に参加される方があれば、援護します。

では、一口問答の続きです。

問い

信心決定したら、因果の道理が深信させられるのです。

答え

これこそ異安心の証拠です。
真実の信心を顕わされた二種深信を含む七深信の中に、「深信因果」はありません。
敢えて言うならば、第三深信の「また決定して深く、釈迦仏この『観経』に三福九品・定散二善を説きて、かの仏の依正二報を証讃して、人をして欣慕せしむと信ず。」(観無量寿経疏・教行信証信巻)が関係します。救われて深信させられることは、釈尊が『観無量寿経』に「深信因果」という散善を説かれたのは、浄土を願っていない聖道門の人に浄土を願わしめて浄土門に入れるための方便だった、ということです。
ところで、全人類の実機は因果を撥無する闡提ではなかったのですか。因果の道理を深信させられた闡提とは意味が判りません。

|

« 一口問答(因果の道理5) | トップページ | ますますカルト化する親鸞会 »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

教義の矛盾から、教えの誤りに気づくこともあると思います。
矛盾した教えで良かったと思います。

投稿: | 2013年10月 2日 (水) 23時34分

最近の会員は 浄土門と聖道門の違いすら知らないんじゃないですか。
会長の教えに従い 参詣 布施 顕正 教学 会場準備 掃除 体験発表等
親鸞会で言われる所の『善』を真剣にすることにより宿善が厚くなり「善の出来ない我が身」
と知らされて救われる。と言ってますが そんな教えで救われる人は誰もいない。
つまり親鸞会の人は、我が信仰は 浄土門か聖道門か分からないままで死んでいくってことですね。

浄土門と聖道門の違いは 阿弥陀仏に向うか諸仏に向うかって言ってたように思いますが
親鸞会は高森会長に向ってますから外道なんでしょうね。
救われて初めて阿弥陀仏に向うって言うこともありましたね。

投稿: はいりゅう | 2013年10月 5日 (土) 22時34分

はいりゅう 様

浄土門と聖道門の違いを知らないのは、会長です。会長が知らないから、会員が知っている筈もないです。
仏教自体も知りませんから、外道というのが適切かと思います。

投稿: 飛雲 | 2013年10月 6日 (日) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/53424986

この記事へのトラックバック一覧です: 一口問答(因果の道理6):

« 一口問答(因果の道理5) | トップページ | ますますカルト化する親鸞会 »