« 「深信因果」が何を意味するのかさえも全く知らない無二の善知識 | トップページ | 『観無量寿経』といえば韋提希のことという短絡思考の高森顕徹会長 »

2013年7月30日 (火)

見たこともない『観無量寿経』を熟読したかのように嘘をつく高森顕徹会長

親鸞聖人の教えを平気で捻じ曲げ続ける高森顕徹会長の心情は、このようなものでしょう。

世の中には、信じられないようなおかしなことを平気で言う教祖がおる。そんな者達に比べたら、ワシは真面目に教えを説いている。

高森会長の性格を考えれば、これ以上でないことは確かでしょう。
ハッキリ言ってしまえば、親鸞聖人の教えを正しく伝えることに興味がないのです。それで、聖教を読む気持ちすら起きないのです。これが無二の善知識の実態です。

さて、高森流善の勧めの最大の根拠が、『観無量寿経』ですが、言うまでもなく、高森会長は『観無量寿経』を全く見ていないでしょう。読んでいなくても、少しでも見ていれば、最近言い始めた、浄土に生れたいと思う心を起すために善を勧められている、というような愚かな話はできないでしょう。

実際に『観無量寿経』を読んでみると、高森会長の無知が鮮明に知らされます。

頻婆娑羅王は牢から釈尊に対して以下のように懇願しています。

「大目犍連はこれわが親友なり。願はくは慈悲を興して、われに八戒を授けたまへ」

(現代語訳)

「世尊のお弟子の目連尊者はわたしの親しい友でございます。どうかお慈悲をもって尊者をお遣わしになり、わたしに八斎戒をお授けください」

八斎戒とは、戒律のことです。
一方で韋提希は、

「如来世尊、むかしのとき、つねに阿難を遣はし、来らしめてわれを慰問したまひき。われいま愁憂す。世尊は威重にして、見たてまつることを得るに由なし。願はくは目連と尊者阿難を遣はして、われとあひ見えしめたまへ」

(現代語訳)

「世尊、あなたは以前から、いつも阿難尊者を遣わしてわたしをいたわってくださいましたが、わたしは今深く憂いに沈んでおります。世尊をここにお迎えするなどということは、あまりにも恐れ多いことでありますから、どうか目連尊者と阿難尊者をお遣わしになって、わたしに会わせてください」

と頻婆娑羅王同様に、釈尊ではなくお弟子に来てほしいと要望しています。ここは、高森会長の説明と違いますが、ここではこれ以上は触れません。
しかし、釈尊御自ら韋提希のもとに来られました。そこで韋提希が釈尊に言ったことは、

「世尊、われむかし、なんの罪ありてかこの悪子を生ずる。世尊また、なんらの因縁ましましてか、提婆達多とともに眷属たる。
やや、願はくは世尊、わがために広く憂悩なき処を説きたまへ。われまさに往生すべし。閻浮提の濁悪の世をば楽はざるなり。この濁悪の処は地獄・餓鬼・畜生盈満し、不善の聚多し。願はくは、われ未来に悪の声を聞かじ、悪人を見じ。いま世尊に向かひて五体を地に投げて哀れみを求めて懺悔す。やや、願はくは仏日、われに教へて清浄業処を観ぜしめたまへ」

(現代語訳)

「世尊、わたしはこれまで何の罪があって、このような悪い子を生んだのでしょうか。世尊もどういった因縁があって、あのような提婆達多と親族でいらしゃるのでしょうか。どうか世尊、わたしのために憂いも悩みもない世界をお教えください。わたしはそのような世界に生れたいと思います。この濁りきった悪い世界にはもういたいとは思いません。この世界は地獄や餓鬼や畜生のものが満ちあふれ、善くないものたちが多すぎます。わたしはもう二度とこんな悪人の言葉を聞いたり、その姿を見たりしたくありません。今世尊の前に、このように身を投げ出して礼拝し、哀れみを求めて懺悔いたします。どうか世の光でいらっしゃる世尊、このわたしに清らかな世界をお見せください」

です。

頻婆娑羅王と韋提希との違いが判られたでしょうか。

頻婆娑羅王は、「われに八戒を授けたまへ」と戒律を授かりたいと願ったのです。
一方の韋提希は、「わがために広く憂悩なき処を説きたまへ。われまさに往生すべし。」と往生を願ったのです。
判りやすく言えば、頻婆娑羅王は聖道門を求め、韋提希は浄土門を願ったということです。ここですでに、聖道門と浄土門とに分かれています。

釈尊が善を説かれる以前に、韋提希は浄土門を選んでいる訳です。

頻婆娑羅王はその後

そのとき世尊、すなはち微笑したまふに、五色の光ありて仏の口より出づ。一々の光、頻婆娑羅の頂を照らす。そのとき大王、幽閉にありといへども心眼障なく、はるかに世尊を見たてまつりて頭面、礼をなし、〔王の心は〕自然に増進して阿那含と成る。

(現代語訳)

すると釈尊はにこやかにほほえまれ、五色の光がその口から輝き出て、その一つ一つが頻婆娑羅王の頭を照らした。そのとき頻婆娑羅王は、王宮の奥深く閉じこめられていたけれども、少ししもさまたげられることなく心の目で遠く釈尊を仰ぎ見て、頭を地につけて礼拝した。すると心がおのずから開かれて、二度とこの迷いの世界に帰ることのない位に至ることができたのである。

と「阿那含」になっています。
阿那含」については、教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』には、

梵語アナーガーミンの音写。不還と漢訳する。再び迷いの世界にもどらない者の意。声聞の修道の階位、四果の第三位で、欲界の煩悩をすべて断ち切って、再び欲界に還ってこない位をいう。この果を阿那含果(不還果)といい、この果を得ようとして修行する位を阿那含向(不還向)という。

とあります。要するに頻婆娑羅王は「阿那含」になれる善人であったということです。一方の韋提希は、「阿那含」にはなれない悪人であるから、釈尊が韋提希の求めに応じられて韋提希のもとに行かれて、浄土往生の教えを説かれたということです。善人の頻婆娑羅王には、釈尊が行かれるまでもないことでしたが、悪人の韋提希には釈尊が行かれなければなければならなかったということです。

このように、釈尊は機に応じて法を説かれ、悪人の韋提希にはこの後、諸仏の浄土を見せられて、韋提希に阿弥陀仏の浄土を選ばせている、というのが『観無量寿経』の最初です。

これを『教行信証』総序

しかればすなはち浄邦縁熟して、調達、闍世をして逆害を興ぜしむ。浄業機彰れて、釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまへり。

(現代語訳)

ここに、浄土の教えを説き明かす機縁が熟し、提婆達多が阿闍世をそそのかして頻婆娑羅王を害させたのである。そして、浄土往生の行を修める正機が明らかになり、釈尊が韋提希をお導きになって阿弥陀仏の浄土を願わせたのである。

と韋提希によって、浄土門を説かれる機縁が熟した、と親鸞聖人は仰ったのです。

韋提希にとっては、浄土に生まれたいと思う心と善とは無関係です。

この簡単な話を、親鸞会の会員も自分の目で確かめてもらいたいと思います。

|

« 「深信因果」が何を意味するのかさえも全く知らない無二の善知識 | トップページ | 『観無量寿経』といえば韋提希のことという短絡思考の高森顕徹会長 »

法論」カテゴリの記事

コメント

王舍城の悲劇の親鸞会のご法話も、間違っていたのですね。余談になりますが、10数年前に結婚相談所で知りあった男性に、仏教は出さなかったのですが、王舍城の悲劇のビデオの話をしたら断られました。

投稿: ブラウンタビー | 2013年8月 2日 (金) 09時16分

ブラウンタビー 様

会長の話で、正しいところはどこか探さないと見つからない状態です。
相手の男性から、怪しい宗教信者と思われたのでしょう。
その気持ちは、よく判ります。

投稿: 飛雲 | 2013年8月 2日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/52672997

この記事へのトラックバック一覧です: 見たこともない『観無量寿経』を熟読したかのように嘘をつく高森顕徹会長:

« 「深信因果」が何を意味するのかさえも全く知らない無二の善知識 | トップページ | 『観無量寿経』といえば韋提希のことという短絡思考の高森顕徹会長 »