« 高森顕徹会長の話を信じることを、仏智疑惑・仏智不思議を疑う罪という。 | トップページ | 聖教も読んだことがない、理論も支離滅裂な高森顕徹会長 »

2013年6月24日 (月)

高森顕徹流詭弁「極重の悪人に善を勧められているのは、善のできない者と知らせるため」

ここ数年、多く親鸞会教義批判ブログができ、それらを見た真面目に親鸞聖人の教えを求める人は、親鸞会を去っていきました。

これに対する親鸞会の対応は、

ネットを見るな

の指導だけです。
高森顕徹会長には、もともと法論ができるような聖教の勉強をしてこなかったから、情報遮断しか退会を食い止める手段がないのです。

高森会長には仏教の基礎も、真宗の基礎もないために、妄想で教義を創作するより仕方がなかったのでしょう。

衆生と、善・念仏と関係については、浄土門も聖道門も同じ立場です。

善人に善を勧められ、悪人には念仏を勧められた

これが仏教の基礎であり、真宗の基礎でもあります。

そのものズバリの根拠は存覚上人の『持名鈔』にある

如来はすなはち良医のごとし。 機をかがみて法を与へたまふ。しかるに上根の機には諸行を授け、下根の機 には念仏をすすむ。

ですし、『勅修御伝』にある法然上人の御言葉、

口伝なくして浄土の法門を見るは、往生の得分を見うしなふなり。其故は極楽の往生は上は天親竜樹をすすめ、下は末世の凡夫十悪五逆の罪人まですすめ給へり。しかるをわが身は最下の凡夫にて、善人をすすめ給へる文を見て、卑下の心おこして、往生を不定におもひて、順次の往生を得ざるなり。しかれば善人をすすめ給へる所をば善人の分と見、悪人を勧め給へる所をば我分と見て得分にするなり。かくのごとくみさだめぬれば、決定往生の信心かたまりて、本願に乗じて順次の往生をとぐるなり。

もそうです。

ところが高森会長は

極重の悪人に善を勧められているのは、善ができると自惚れているから、一度善をやらせてみて善のできない極重の悪人と知らせるためだ

と言います。その根拠が、大沼師の創った瀬戸物の譬えです。
これと機の深信や『歎異抄』の「いずれの行も及びがたき」と結び付けて話をすると、なんとなく筋が通っているように騙されがちですが、これも当然詭弁です。

機の深信にしても『歎異抄』の御言葉にしても、

微塵の善もできない

ではありません。

出離できるだけの善ができない

です。
この違いを弁えておかないと、高森会長に騙されます。
このことがよく判るのは善導大師の『散善義』にある

わが身は無際よりこのかた、他とともに同時に願を発して悪を断じ、菩薩の道を行じき。他はことごとく身命を惜しまず。 道を行じ位を進みて、因円かに果熟して、聖を証せるもの大地微塵に踰えたり。
しかるにわれら凡夫、すなはち今日に至るまで、虚然として流浪す。 煩悩悪障は転々してますます多く、福慧は微微たること、重昏を対して明鏡に臨むがごとし。たちまちにこの事を思忖するに、心驚きて悲歎するに勝へざるものをや。

です。
無始より、多くの仲間と共に悪を廃して善を修してきたが、その中で聖者のさとりまで到達した人は、数えられないくらい多い。しかし、私たち凡夫は、僅かな善しかできなかったから、出離できずに流転してきたのであり、嘆かずにおれない。

こういうことです。ここで善導大師が仰っていることは、

  • 善をして聖者となり出離した人
  • 微微たる善しかできずに出離できない人

の2つに分かれ、善導大師を含めて凡夫は後者であるとの嘆きです。

機の深信も同じですし、「いずれの行も及びがたき」も同じです。

極重の悪人の意味は、どこにもありません。

法を捻じ曲げ続ける高森会長は、極重の悪人で文句ありませんが、善導大師や親鸞聖人、そして他の人まで同類にするのは止めてもらいたいものです。

|

« 高森顕徹会長の話を信じることを、仏智疑惑・仏智不思議を疑う罪という。 | トップページ | 聖教も読んだことがない、理論も支離滅裂な高森顕徹会長 »

盗作」カテゴリの記事

コメント

何度でもお聖教を拝読しましても、親鸞会や高森顕徹会長の教えやら法話は間違い、講師や会員は教行信証とは違い献金や人集めで、勝他名聞利養に騙されていると思います。
論拠を打とうとしましたが、行巻や化身土巻から沢山書きたくなりました。どのみち書いても親鸞会の人たちは誤解曲解させて誤魔化して逆効果にしていくのでしょうね。

2ちゃんねるを昨日眺めていましたら創価学会のスレッドの方が遥かに有意義な話し合いが繰り広げられていました。
都議会選挙は自公が圧勝したようですがネットでは創価公明のおかしさから日蓮さんの教義にツッコミがあります。
お金や権力を集めたり脅したり醜さが創価公明と親鸞会などカルトは同じです。
苫米地という人もマインドコントロールが上手いそうです。

徐々にですが勉強して外道に落ちないように気を付けていきたく思いました。

投稿: 親鸞会は末期的カルト | 2013年6月25日 (火) 08時34分

親鸞会は末期的カルト 様

親鸞会は、他のカルト団体と比較しても、ぼろの多い団体です。
それはひとえに、トップと側近のレベルが、低いからでしょう。
こんな団体に所属していたことが恥ずかしいです。

投稿: 飛雲 | 2013年6月27日 (木) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/52165173

この記事へのトラックバック一覧です: 高森顕徹流詭弁「極重の悪人に善を勧められているのは、善のできない者と知らせるため」:

« 高森顕徹会長の話を信じることを、仏智疑惑・仏智不思議を疑う罪という。 | トップページ | 聖教も読んだことがない、理論も支離滅裂な高森顕徹会長 »