« 今回も高森顕徹会長と退会偽装者には理解することあたはずの内容 | トップページ | 謗法罪と仏智疑惑の違いさえ理解すること「あたはず」の高森顕徹会長と退会偽装者 »

2013年6月14日 (金)

謗法罪の意味も理解すること「あたはず」の高森顕徹会長・退会偽装者

謗法罪についてまとめておきます。

謗法罪の定義については、曇鸞大師が『浄土論註』で教えられて、それを親鸞聖人は『教行信証』信巻で引かれています。

問うていはく、なんらの相か、これ誹謗正法なるやと。

答へていはく、もし無仏・無仏法・無菩薩・無菩薩法といはん。かくのごときらの見をもつて、もしは心にみづから解り、もしは他に従ひてその心を受けて決定するを、みな誹謗正法と名づくと。

仏はいない、仏の説かれた教えもない、菩薩はいない、菩薩の説かれた教えもない、と堅く信じることを謗法罪と、曇鸞大師・親鸞聖人は仰っています。

では謗法罪を造っている者は往生できるのかどうかについてこの前に、

問うていはく、たとひ一人は五逆罪を具して正法を誹謗せざれば、経に得生を許す。また一人ありてただ正法を誹謗して、五逆もろもろの罪なきもの往生を願ぜば、生を得るやいなやと。

答へていはく、ただ正法を誹謗せしめて、さらに余の罪なしといへども、かならず生ずることを得じ。

とあります。
五逆罪を造っても謗法罪を造っていなければ往生できるが、たとえ謗法罪だけを造って他の罪がなくても、絶対に往生できない、ということです。もちろん、この五逆罪の中に謗法罪が含まれている訳もありません。

正常な知能があれば判ることですが、「無仏・無仏法」と思っている者が往生できるなら、仏教を聞く必要もないし、仏教自体が往生には不要になります。
具体的にいえば、念仏誹謗している者が、念仏を誹謗しているままで往生できるなら、『正像末和讃』

念仏誹謗の有情は
 阿鼻地獄に堕在して
 八万劫中大苦悩
 ひまなくうくとぞときたまふ

も無意味になります。無間地獄に堕ちるどころか往生できるのですから。

では、謗法罪を造っている者は永久に往生できないのかと言えば、それについて親鸞聖人は善導大師の『法事讃』を信巻に引かれて

仏願力をもつて、五逆と十悪と罪滅し生ずることを得しむ。謗法・闡提、回心すればみな往く

と教えられています。
絶対に往生できない謗法と闡提も、「回心」すれば往生できるが、「回心」しなければ往生できない、ということです。国語の能力が少しでもあれば、この「回心」は「無仏・無仏法」という心を翻すこと、つまり「有仏・有仏法」と仏教を信じるようになることを指します。

そのことを覚如上人は『口伝鈔』

謗法罪はまた仏法を信ずるこころのなきよりおこるものなれば、もとよりそのうつはものにあらず。もし改悔せば、生るべきものなり。しかれば、「謗法闡提回心皆往」と釈せらるる、このゆゑなり。

と仰っています。

謗法闡提回心皆往」の意味について、
謗法罪とは仏法を信じるこころがないので、阿弥陀仏の本願に救われることはないが、もし悔い改めるならば、往生できる、
と判りやすく教えられています。

回心」=「改悔

になります。

今回は簡単な国語のレクチャーだったと思いますが、高森顕徹会長によって親鸞会思考に染まりきった頭では、やはり理解すること「あたはず」なのでしょう。

哀れなものです。

|

« 今回も高森顕徹会長と退会偽装者には理解することあたはずの内容 | トップページ | 謗法罪と仏智疑惑の違いさえ理解すること「あたはず」の高森顕徹会長と退会偽装者 »

コメント

エム野さんは、凄い人ですね。
あそこまで嘘を突き通せるとは。

エム野さんも病気なのでしょうね。

矛盾とか現実とか、全く見えていない、夢幻の中に生きているようです。

投稿: 牧脳 | 2013年6月14日 (金) 09時34分

飛雲さん、解説有難うございます。
普通に日本語が理解出来れば解りますね。
「文法なんか関係ない」と嘯くサイコ野郎は脱会者全員に土下座すべきだと思います。
彼らに残された道は体験至上主義くらいでしょう。

投稿: | 2013年6月15日 (土) 16時16分

牧脳 様

もう一つのブログの名前通りですね。


名無し 様

今回は易しい内容だったと思います。
親鸞会は、会長の体験がすべての根拠ですから、非難している体験至上主義はそのまま親鸞会のことです。

投稿: 飛雲 | 2013年6月16日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謗法罪の意味も理解すること「あたはず」の高森顕徹会長・退会偽装者:

« 今回も高森顕徹会長と退会偽装者には理解することあたはずの内容 | トップページ | 謗法罪と仏智疑惑の違いさえ理解すること「あたはず」の高森顕徹会長と退会偽装者 »