« 黙っていれば攻撃されないのに、懲りない人 | トップページ | 高森顕徹会長も講師部員も想定通りの反論(?)しかできない »

2013年6月 7日 (金)

真実の経では「三輩」、方便の経では「三根」、一方妄想では「闡提の一機」

親鸞会の言っていることは、高森会長をはじめ講師部員も、支離滅裂、羊頭狗肉です。

「真実の経は『大経』のみ」と知っているのか?

と言いながら、他の経典を平気で出し、しかも妄想解釈。
どれだけ能力が低いか、中学生以上の知能があればこんなことは恥ずかしくて言えないでしょう。

参考までに真実の経である『大無量寿経』には、衆生の機を3つ(上輩・中輩・下輩)に分けて説かれています。

上輩

 仏、阿難に告げたまはく、「十方世界の諸天・人民、それ心を至して、かの国に生れんと願ずることあらん。おほよそ三輩あり。それ上輩といふは、家を捨て欲を棄てて沙門となり、菩提心を発して一向にもつぱら無量寿仏を念じ、もろもろの功徳を修してかの国に生れんと願ぜん。これらの衆生、寿終らんときに臨んで、無量寿仏は、もろもろの大衆とともにその人の前に現れたまふ。すなはちかの仏に随ひてその国に往生す。すなはち七宝の華のなかより自然に化生して不退転に住せん。智慧勇猛にして神通自在ならん。このゆゑに阿難、それ衆生ありて今世において無量寿仏を見たてまつらんと欲はば、無上菩提の心を発し功徳を修行してかの国に生れんと願ずべし」と。

中輩

 仏、阿難に語りたまはく、「それ中輩といふは、十方世界の諸天・人民、それ心を至してかの国に生れんと願ずることありて、行じて沙門となりて大きに功徳を修することあたはずといへども、まさに無上菩提の心を発して一向にもつぱら無量寿仏を念ずべし。多少、善を修して斎戒を奉持し、塔像を起立し、沙門に飯食せしめ、繒を懸け灯を燃し、華を散じ香を焼きて、これをもつて回向してかの国に生れんと願ぜん。その人、終りに臨みて、無量寿仏はその身を化現したまふ。光明・相好はつぶさに真仏のごとし。もろもろの大衆とともにその人の前に現れたまふ。すなはち化仏に随ひてその国に往生して不退転に住せん。功徳・智慧は、次いで上輩のもののごとくならん」と。

下輩

 仏、阿難に告げたまはく、「それ下輩といふは、十方世界の諸天・人民、それ心を至してかの国に生れんと欲することありて、たとひもろもろの功徳をなすことあたはざれども、まさに無上菩提の心を発して一向に意をもつぱらにして、乃至十念、無量寿仏を念じたてまつりて、その国に生れんと願ずべし。もし深法を聞きて歓喜信楽し、疑惑を生ぜずして、乃至一念、かの仏を念じたてまつりて、至誠心をもつてその国に生れんと願ぜん。この人、終りに臨んで、夢のごとくにかの仏を見たてまつりて、また往生を得。功徳・智慧は、次いで中輩のもののごとくならん」と。

方便の経である『涅槃経』でも、衆生を3つの機(上根・中根・下根)に分けられていると親鸞聖人が『教行信証』真仏土巻に教えられています。

〈善男子、如来は知諸根力を具足したまへり。このゆゑによく衆生の上・中・下の根を解り分別して、よくこの人を知ろしめして、下を転じて中となす。よくこの人を知ろしめして、中を転じて上となす。よくこの人を知ろしめして、上を転じて中となす。よくこの人を知ろしめして、中を転じて下となす。このゆゑにまさに知るべし、衆生の根性に決定あることなし。定なきをもつてのゆゑに、あるいは善根を断ず、断じをはりて還りて生ず。もしもろもろの衆生の根性定ならば、つひに先に断じて、断じをはりてまた生ぜざらん。また一闡提の輩、地獄に堕して寿命一劫なりと説くべからず。善男子、このゆゑに如来、一切の法は定相あることなしと説きたまへり〉と。

ところが、妄想では、方便の経である『涅槃経』には、衆生は

闡提の一機

だと説かれているそうです。

「真実の経は『大経』のみ」と知っているのか?

とか喚いている人物が言っていることです。

『大経』を引用するとか、親鸞聖人の解釈を引用するとかして妖しい解釈でもするのなら、妖頭妖肉くらいにはなるでしょうが。

師からして、

親鸞会を攻撃している者は、親鸞聖人の読み方で攻撃してきている

と言うくらいですから、この師にしてこの弟子あり、ということでしょう。

師の相手は私がしますから、かわいそうな弟子の相手を誰かしてあげて下さい。

|

« 黙っていれば攻撃されないのに、懲りない人 | トップページ | 高森顕徹会長も講師部員も想定通りの反論(?)しかできない »

法論」カテゴリの記事

コメント

M野は、正真正銘のダラだな。

義務教育を受けてないだろうか?

こんな知能ではね。


105 :神も仏も名無しさん:2013/05/20(月) 07:36:01.30 ID:DZGJKvcB
>>103
どうりで、偽装退会者ブログはダラダラ文章を書いているんだね。

仕方が無いよね、以下のように日本語もわからず、数も数えられないんだから、M野はね。

1.「かたし」は「難しい」ではなく、「不可能」「可能性0」の意味。

2.「2通り」は「1通り」「万人共通」の意味。

3.「ごとし」は「同等」ではなく「同一」の意味。

4.「夕方」を「真昼間」と言う。

5.「過ぎたる」=「及ばざる」で、「プラス」=「マイナス」の意味。

投稿: M野涙目 | 2013年6月 7日 (金) 18時44分

M野らしいね。
M野には、小学生並みの国語力もないようだね。

>「真実の経は『大経』のみ」と知っているのか?

こう書いたら、大経の御文を出せよ。涅槃経を出してどうするんだよ。
そんなことさえ分からん奴では、会話にならんだろう。

投稿: 笑える | 2013年6月 7日 (金) 21時21分

M野さんの相手をしておきました。
以下のコメントです。


No title
まだ言ってるの?
相当頭が悪いね。

>「極重悪人に善人悪人がいる」というのも奇説ですね


誰が言ったの?

妄想ばかりしているから、日本語も読めんないんだよ。
2013-06-08(14:08) : URL : 編集


No title
六要も全くのデタラメ

その証拠に、持名鈔にこうある

薬をもつて病を治するに、かろき 病をばかろき薬をもつてつくろひ、おもき病をばおもき薬をもつていやす。病をしりて薬をほどこす、これを良医となづく。
如来はすなはち良医のごとし。
機をかがみて法を与へたまふ。
しかるに上根の機には諸行を授け、下根の機 には念仏をすすむ。

存覚上人は、上根と下根に分けておられる。


どこが極重の悪人一機と書いてあるんだよ。


ホントに大丈夫?
2013-06-08(14:12) : URL : 編集


No title
存覚上人の真要鈔も挙げようか?


「『観経』のなかに定善ばかりを説 ば、定機ばかりを摂すべきゆゑに、散機の往生をすすめんがために散善を説く」となり。
これになずらへてこころうるに、散機のなかに二種の品あり。
ひとつには善人、ふたつには悪人なり。
その善人は三福を行ずべし。
悪人はこれを行ずべからざるがゆゑに、それがために十念の往生を説くとこころえられたり。

定機と散機があって、散機の中に善人と悪人がいる。

善人は三福を行ずることができるが、悪人は三福を行ずることができない。


ニホンゴワカリマスカ?
2013-06-08(14:15) : URL : 編集


No title
(再掲)


絶対不二の機もいつもの断章。


この前に


 また機について対論するに、信疑対、善悪対、正邪対、是非対、実虚対、真偽対、浄穢対、利鈍対、奢促対、豪賤対、明闇対あり。この義かくのごとし。

 しかるに一乗海の機を案ずるに、金剛の信心は絶対不二の機なり、知るべし。

とある。この絶対不二の機とは、諸善の機に対する念仏の機のこと。

どうせわからないだろうから訳を教えてあげると


また機について、念仏の機と諸善の機とを比較し、対論すると、次のようになります。
信疑対、念仏者は本願を信じているが、諸善の人は疑っている。
善悪対、念仏者は名号の大善を領受しているから善人であり、諸善の人は雉毒の善しかないから悪人と貶称される。
正邪対、念仏者は正定聚の機であり、諸善の人は邪定聚の機である。
是非村、念仏者は仏意にかなうから是であり、諸善の人は仏意にかなわないから非である。
実虚対、念仏者は仏の真実心を得ているから実といい、諸善の人は自力虚偽の人であるから虚という。
真偽対、念仏者は真実、諸善の人は虚偽であるから、真といい、偽という。
浄穢対、念仏者は浄心を得ているから浄といい、諸善の人は疑濁の人であるから穢という。
利鈍対、念仏者は仏智を得ているから利根であり、諸善の人は仏智を得ていないから鈍根である。
奢促対、諸善の人の成仏はおそいから奢といい、念仏者の成仏はすみやかであるから促という。
豪賤対、念仏者は名号の功徳を得ているから豪富であり、諸善の人は大功徳を失っているから貧賤である。
明闇対、念仏者は仏智を得て無明を破られているから明であり、諸善の人は無明の闇に閉ざされているから闇である。

 このような十一対が成立します。以上のことから、本願一乗海である念仏を疑いなく受けいれている一乗海の機を考えてみると、その体が仏智であるような金剛の信心は比較を絶した絶対不二の機であることがわかります。

わかった?
2013-06-06(22:18) : URL : 編集
2013-06-08(14:17) : URL : 編集


それで大経に闡提の一機とあるの?

それで大経に闡提の一機とあるの?

結局ないんでしょ。

それと、涅槃経に

上根・中根・下根とあるのは認めた訳ね。

よって今回の結論。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・真実の経の大経には、三輩が説かれている。

・真実の経の大経には、衆生は闡提の一機と説かれていない。

・涅槃経には、上根・中根・下根と分けられていると親鸞聖人が教えられている。

・存覚上人は、上根・下根と分けられたり、善人・悪人と明確に分けられている。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


御苦労さま。
2013-06-08(14:25) : それで大経に闡提の一機とあるの? URL : 編集

投稿: M野さんの相手をしておきました | 2013年6月 8日 (土) 14時27分

皆さん、相手をしてあげてください。
構って欲しいみたいですから。

投稿: 飛雲 | 2013年6月 8日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/51949430

この記事へのトラックバック一覧です: 真実の経では「三輩」、方便の経では「三根」、一方妄想では「闡提の一機」:

« 黙っていれば攻撃されないのに、懲りない人 | トップページ | 高森顕徹会長も講師部員も想定通りの反論(?)しかできない »