« 新しいブログ開設のお知らせ その5 | トップページ | 無二の善知識の種と仕掛け »

2013年5月19日 (日)

高森顕徹会長のパクリの証明「摂生の願」

最近の高森会長の話は、宿善、三願転入ばかりです。会員に勧められていることは、種々の財施が中心です。
一時期、"同朋の里通信"と化していた顕正新聞・顕真が、今では"全国の会館通信"となっています。なぜなら、同朋の里での金集めは終了したので、次なる金集めの名目を大々的に宣伝しなければならないからです。

ここまであからさまな金集めを推進しなければならないほど、親鸞会は追い込まれているのです。年々、会員の負担が重くなっているのは確かです。

さて、いつもの三願の話を、未だに高森会長は物知り顔でしているようです。

18願・19願・20願のことを、高森会長は「摂生の願」と呼んでいます。

皆んさん、「摂生の願」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?
その根拠はなんでしょうか?

「摂生の願」という言葉は、善知識方の御著書にはありませんし、真宗学でも使われていません。

では、「摂生の願」とは高森会長の造語なのでしょうか?

答えは、大沼法竜師からのパクリです。
大沼師の著書『親の念願 親の遺訓』に、

法蔵菩薩の四十八願の中に、衆生摂生の本願は三つあるのです。

とあります。

真宗学では聞いたことのない、変わった話は、大抵大沼師からのパクリです。大沼師は、真宗学から外れたことを言うことがよくあります。ほとんどは個人的な味わいとして、言われていることですが、「摂生の願」については、大沼師の造語か、勘違いだと思われます。

それを何の確認もなく自信満々に会員に説明しているところが、いかにも高森会長らしいところです。

誰しも勘違いはあるでしょうが、高森会長の場合は、勘違いではありません。
高森会長が真宗学を学ぶことは金輪際ないでしょうが、大きな間違いを正す気もなく言い続けることでしょう。

鰯の頭も信心から

ですから、こんな高森会長を信じる人がいても不思議ではないですが、親鸞聖人の教えを信じることと高森会長の言っていることを信じるのは、相入れません。

いつもの10項目

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

『歎異抄』について

第1章

1.「ただ信心を要とす」の「信心」とは

親鸞聖人 「ただ念仏で往生できる」と信じた心
----------------------------------
高森会長 「助かった」とハッキリした心

2.「本願を信ぜんには他の善も要にあらず」とは

親鸞聖人 本願に救われるには善は不要
----------------------------------
高森会長 救われたなら善は不要だが、救われる前には善が勧められている

3.「悪をもおそるべからず」とは

親鸞聖人 本願に救われるのに、悪が妨げになることはない
----------------------------------
高森会長 悪を恐れ不安になるのは、地獄一定の悪人と知らされていないからだ

第2章

4.「ただ念仏して」の「ただ」とは

親鸞聖人 念仏一行
-----------
高森会長 びっくり仰天

5.「総じてもつて存知せざるなり」とは

親鸞聖人 念仏が浄土に生れる因なのか地獄に行く因なのかを知る智慧を持っていない
----------------------------------
高森会長 知り過ぎた知らん

6.「弥陀の本願まことにおわしまさば」は仮定か断定か

親鸞聖人 仮定
--------
高森会長 断定

第3章

7.「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」とは

親鸞聖人 善人ではなく悪人のために18願を建てられた
----------------------------------
高森会長 「悪人」とは、全人類のことであり、「人間」の代名詞にほかならない

|

« 新しいブログ開設のお知らせ その5 | トップページ | 無二の善知識の種と仕掛け »

盗作」カテゴリの記事

コメント

よく学園ギャグ話で隣の生徒の答案をカンニングをして名前欄までその生徒のものにして書き写してバレるというのがありますが似たようなものですね。笑

投稿: | 2013年5月21日 (火) 00時35分

名無し 様

まさにその通りです。

投稿: 飛雲 | 2013年5月21日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/51694963

この記事へのトラックバック一覧です: 高森顕徹会長のパクリの証明「摂生の願」:

« 新しいブログ開設のお知らせ その5 | トップページ | 無二の善知識の種と仕掛け »