« 一口問答(善知識への無条件服従5) | トップページ | 一口問答(善知識への無条件服従7) »

2013年3月15日 (金)

一口問答(善知識への無条件服従6)

問い

善知識の能といふは、一心一向に弥陀に帰命したてまつるべしと、ひとをすすむべきばかりなり。」(御文章2帖目第11通)と蓮如上人が仰っているように、阿弥陀仏一仏に向け、と教える善知識に従うのが当然ではありませんか。

答え

ならば、高森会長と講師部員に従ってはならないということですね。
諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ。」(選択本願念仏集)、「一向は余の善にうつらず、余の仏を念ぜず、専修は本願のみなをふたごころなくもつぱら修するなり。」(一念多念証文)と教えられていますように、「一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし」とは、諸善を捨てて念仏一行になれ、ということです。
諸善を勧める悪知識には、従ってはなりません。

(参照)
善知識の能といふは、諸善を捨てて念仏一行になれと、ひとをすすむべきばかりなり

|

« 一口問答(善知識への無条件服従5) | トップページ | 一口問答(善知識への無条件服従7) »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(善知識への無条件服従5) | トップページ | 一口問答(善知識への無条件服従7) »