« 一口問答(善知識への無条件服従6) | トップページ | 法論から逃げ続けて丸一年、高森顕徹会長のお粗末さ »

2013年3月16日 (土)

一口問答(善知識への無条件服従7)

問い

私たちが助からないのは疑情一つ」と教える人が真の知識です。

答え

親鸞聖人は、19願・20願、そして罪福の因果の道理を信じていることを、「仏智疑惑」と仰っています。『教行信証』化土巻にそのことは書かれていますが、もっと判りやすいのが、『正像末和讃』です。「罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて」「自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがへば」「仏智不思議をうたがひて 罪福信ずる有情は」などと仰っています。
つまり、「疑情」「仏智疑惑」を勧めて、「私たちが助からないのは疑情が足りないからだ」と叫んでいるのが高森会長ということです。
会員が助からないのは高森会長に服従しているから」と教える人が真の知識です。

|

« 一口問答(善知識への無条件服従6) | トップページ | 法論から逃げ続けて丸一年、高森顕徹会長のお粗末さ »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

飛雲さんの仰ることを、
初めからすんなり聞ける人と、
反発して聞けない人と、
二通りの人があるということでしょうか?

投稿: | 2013年3月17日 (日) 03時01分

名無し 様

質問の意図が判りませんが、会員に限って言えば、概ねこの2通りに分かれます。

投稿: 飛雲 | 2013年3月17日 (日) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(善知識への無条件服従6) | トップページ | 法論から逃げ続けて丸一年、高森顕徹会長のお粗末さ »