« 次は「本会を非難している者は、親鸞聖人の教えられ方で攻撃してきている」と言うかもしれません | トップページ | 本願力回向を否定し、仏智不思議を疑う罪を肯定する高森顕徹会長 »

2013年2月25日 (月)

一口問答(白道は自力か他力か 追加)

高森会長の苦しい言い訳に振り回されて、講師部員も特専部員も、そして会員も戸惑っているようです。なぜなら高森会長自身が、親鸞学徒常訓を忘れているからです。

われら親鸞学徒は、 さらに珍しき法をも弘めず 親鸞聖人のみ教えを 我も信じ、人にも教え聞かしむるばかりなり

一応、一口問答に追加しておきます。

問い

善導大師が二河白道の譬えで、「能生清浄願往生心」の「」を「生ず」と読んで「白道」を自力だと教えられました。それを親鸞聖人は「能生清浄願往生心」の「」を「生ぜしむ」と読み替えられ、他力だと明らかにされています。

答え

結局のところ、高森会長は親鸞聖人の教えとは異なることを教えていると認めた訳ですね。
参考までに、善導大師は他力・自力という言葉を御著書の中で一度も使われていません。信心についても、他力の信心・自力の信心と区別されて説明されたところもありません。
そこで親鸞聖人が、善導大師が信心について説明された御文について、他力の信心を顕わされた部分と自力の信心を顕わされた部分とに分けられました。親鸞聖人は二河白道の譬え全体を、善導大師が他力の信心を顕わされた部分と明らかにされたのです。
善導大師が仰っていないことをでっち上げ、親鸞聖人の解釈に刃向かって、何が親鸞学徒ですか。親鸞学徒常訓は嘘ですか。

|

« 次は「本会を非難している者は、親鸞聖人の教えられ方で攻撃してきている」と言うかもしれません | トップページ | 本願力回向を否定し、仏智不思議を疑う罪を肯定する高森顕徹会長 »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1323088/49655575

この記事へのトラックバック一覧です: 一口問答(白道は自力か他力か 追加):

« 次は「本会を非難している者は、親鸞聖人の教えられ方で攻撃してきている」と言うかもしれません | トップページ | 本願力回向を否定し、仏智不思議を疑う罪を肯定する高森顕徹会長 »