« 高森会長知ったかぶりの「聞」 | トップページ | 高森会長の知らない第三深信 »

2012年12月16日 (日)

顕真「ひと口問答」終了?のお知らせ

私が親鸞会に提示してきました10項目

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

について、親鸞会は私の方には直接反論せず、会内で"想定"の法論として、顕真に毎回「ひと口問答」なるものを掲載してきました。

まだ6番目までしか"反論"がありませんでしたが、今月号の顕真には「ひと口問答」はありませんでした。もしかしたら休載なのかもしれませんが、終了の可能性が高いでしょう。

これまでの"想定"法論の詳細は

浄土真宗親鸞会は、親鸞聖人のみ教えと同じか?

にあります。
私から言わせれば、よく続けてこれたものだと思います。親鸞会でも聞いたことのない珍しき根拠や解釈もあったり、意味をまるっきり反対に間違えていたり、聖教上の根拠さえだせなかったり、と酷いものでしたので、早めに止めるのが正解だろうと常々思っていました。私が親鸞会の立場なら、徹底して無視を決め込むでしょうが、曲がりなりにも反論してきたということは、意外と自信のある反論だったのかもしれません。

いずれにしましても、上記10項目を含めて、親鸞聖人の仰せと真逆のことを言いふらしているのが高森会長であると、多くの人に知らしめる縁となりまして、これがきっかけで退会した人も何人もあり、喜ばしいことです。

願わくば、違う形でもよいので、高森会長か親鸞会の上層部とまた法論をしたいものです。

今年3月18日に、法論申し込みの書面を弘宣局長宛てに書留と以下のメールも送っておきましたが、返事もなくはや9ヶ月です。

書面で法論を申し込んだら、”検討する”だそうです

W 様


御無沙汰しております、○○です。
昨日の件は、聞いております。法論の申し込みを書面でせよ、とのことですので、本日申し込みの書面を書留で送りました。
内容は以下の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              法論の申し込み
                            平成24年3月18日
弘宣局長 W 様

御無沙汰しております、○○です。

昨年、K講師を通して、法論を申し込みましたが無視されました。
しかしその件で、「弘宣局に直接法論を申し込むように」と貴方が言われたそうですので、ここに書面をもって法論を正式に申し込みます。

法論の条件は、

1.法論の土俵はお聖教であり、お聖教にない文底秘沈のような主張はしない
2.文章でやりとりをする
3.法論の場は、以下とする
  mixi内の信仰と対話コミュニティ*「三願転入」議論継続トピック*
  
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53217382&comm_id=2135313
4.相手の質問に対して質問で返さず、相手の質問に答えてから新たな質問をする

以上の4点です。

かつて親鸞会は公約していた筈です。

「親鸞会は公約しています。親鸞会の主張に対して異議、反論のある方は遠慮なく申し出てください。相手が集団であれ、個人であれ、公開であれ、非公開であれ、討論であれ、文書討論であれ、相手の希望される方法で、時と場所を問わず、本当の親鸞聖人のみ教えを開顕するために、喜んで対決に応じます。」

これが口先だけであったとは、言わせません。

私の主張は、「親鸞会教義の誤り」「飛雲」「親鸞会の邪義を正す」等のブログで書かれている通りです。一読された上で、法論に臨んで頂きたいと思います。
親鸞聖人の仰せと高森顕徹会長の主張との相違点を以下に列記しておきます。

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間


2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている


3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である


4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない


5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力


6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ


7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ


8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない


9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる


10.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

なお、法論に応じられても応じられなくても、返事を頂いても頂かなくても、すべて公開しますので、御了承ください。

                                           ○○○○
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

mixiでの三願転入の法論は、親鸞会の逃亡とトピック削除で幕を閉じましたが、とりあえずその続きをしたいと考えております。

なお、上に挙げたブログをすべて読まれるのは大変でしょうから、最低限、添付ファイルのところだけでも読んでおいて頂けませんでしょうか。

目的は親鸞聖人のみ教えを開顕するためですので、よいお返事をお待ちしております。

○○○○

|

« 高森会長知ったかぶりの「聞」 | トップページ | 高森会長の知らない第三深信 »

コメント

>これまでの"想定"法論の詳細は

>親鸞会邪義を破る

>にあります。

と、私のブログを挙げて下さっていますが、よく意味がわかりません。
どういう意味でしょうか。

投稿: 黒猫 | 2012年12月17日 (月) 00時36分

黒猫 様

失礼しました。
右のリンク先をコピペする際に間違ってしまいました。
修正しました。

投稿: 飛雲 | 2012年12月17日 (月) 07時14分

たぶんそうだろうなと思ってましたw


法論から逃げているということは、自分達は勝てないと親鸞会が自覚しているということ。にもかかわらず、内輪で勝手に勝利宣言して事実を隠す。つまり、上層幹部はもう親鸞聖人の教えを信じる気持ちすらないということであり、身も心も完全な新興宗教になっている。

何も知らずにいる末端会員があまりに哀れです。

投稿: 黒猫 | 2012年12月17日 (月) 11時37分

ふと思ったのですが、古墳は昔話では人身御供か生け贄か生き埋めにされた人が多くいたと聞いたことがあります。

中国の皇帝で墓に民衆の土人形を等身大でなおかつその人そっくりではなかろうかと言うほど個性的なつくりで、馬や色々なものも含めて埋めたとか。

ビラミッドも日本の勾玉などの装飾品も金なども一緒に埋められていたと思います。

親鸞会の様子や幸福の科学にしろ創価学会にしろ、常識で門を開けて非常識の世界に、しかも救いのない迷宮へと誘っている。

最初は救われると謳いながら入れば死んだあとにも救いは先の方で、人類を救済活動してこいの布教に駆り立てられ、構成員は救われるために自己犠牲に走らされる。救われると信じて命を粗末にしてしまう。

これってなんだか教祖が、帝が寂しいから死後まで付き合わせたいがために、生き埋めやら金銀財宝やらを求めたり、不死の薬を求めたり、似ていると思いました。

IPS細胞が山中教授により世界に発明されましたが、これも富豪や若返りたい人や教祖やらなにかあるのではなかろうか、と思います。

良いことも悪いことも予想できませんがなにか仏教に惹かれます。

法然上人が、念仏は一人いてよろこばれる、とおっしゃったように記憶しています。

お金がなく老後の心配があるだけでなく結婚もできない人がいるなか、一方で人気を募り集団で政治をして本音と建前を使い、真っ当に生きようと努力するもの、詐欺を働くもの、様々です。

集団では寂しさは紛れたり色々助かったりしますが、それだけでは見失う可能性がありそうです。一人でも自我を募るだけになるかもしれませんが。

もしかしてカルトにはいって出てこれない人は、教祖を含めて、独り身の詐欺師をも含めて、寂しいからやっているところがあるのかも知れないと思いました。

そのために自分や自分達の理屈の通る国を作ろうとしているのではないかなとも大小関係なく思いました。

誰からも捨てられ教祖や指導者からも捨てられ国やその他大勢からも捨てられ一人になって問われるところ、私は法然上人に学ぼうと思いました。

他にも色々と華厳も法華も学びたいのですが、時間と才能とやる気に少し泣いております。

投稿: フランダースのネコ | 2012年12月18日 (火) 11時07分

黒猫 様
フランダースのネコ 様

カルトはこんなものでしょう。理屈の通用しない団体です。

投稿: 飛雲 | 2012年12月19日 (水) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高森会長知ったかぶりの「聞」 | トップページ | 高森会長の知らない第三深信 »