« 「難信」と宿善との関係 | トップページ | 高森邪義を粉砕するには「極重悪人唯称仏」の説明だけで十分 »

2012年11月 9日 (金)

雑行を捨てることのできない「宿善なき機」

前回までの復習も兼ねて、宿善についてもう少し述べておきます。
今日の真宗における宿善の概念を確立されたのが覚如上人です。親鸞聖人までは、宿善とは過去世の善根という意味で用いられていまして、この意味での無宿善の者でも救われるのが18願であり、それを親鸞聖人までの善知識方は教えられています。たとえば、法然上人は、『拾遺語灯録』

弥陀は悪業深重の者を来迎し給ふちからましますと、おぼしめしとりて、宿善のありなしも沙汰せず、つみのふかきあさきも返りみず、ただ名号をとなふるものの、往生するぞと信じおぼしめすべく候。

と仰っています。過去世の善根の有る無しは、18願の救いとは関係がないのです。

ところが覚如上人は親鸞聖人まで使われていた宿善の意味を変えられました。覚如上人は阿弥陀仏のお育て、という意味で宿善を定義されました。阿弥陀仏のお育てによる不思議な御縁によって、18願の教えを聞き、18願だけでいいと思う人を「宿善のある機」「浄土教を信受する機」「過去の宿善あつきもの」と覚如上人は仰って、そんな人は「今生にこの教にあうてまさに信楽す」と教えられているのです。
一方で「宿善なき機」「浄土教を信受せざる機」「宿福なきもの」にとっては、「今生にこの教にあうてまさに信楽す」が難しく、「難信」なのです。

ところで存覚上人は、親鸞会のアニメで50回以上出てくる「一向専念無量寿仏」とこの「難信」との関係について、『持名鈔』で教えられています。

おほよそ「一向専念無量寿仏」といへるは、『大経』の誠説なり。諸行をまじふべからずとみえたり。「一向専称弥陀仏名」(散善義)と判ずるは、和尚(善導)の解釈なり。念仏をつとむべしときこえたり。このゆゑに源空聖人このむねををしへ、親鸞聖人そのおもむきをすすめたまふ。 一流の宗義さらにわたくしなし。まことにこのたび往生をとげんとおもはんひとは、かならず一向専修の念仏を行ずべきなり。

 しかるにうるはしく一向専修になるひとはきはめてまれなり。「難きがなかに難し」といへるは、『経』(大経)の文なれば、まことにことわりなるべし。そのゆゑを案ずるに、いづれの行にても、もとよりつとめきたれる行をすてがたくおもひ、日ごろ功をいれつる仏・菩薩をさしおきがたくおもふなり。これすなはち、念仏を行ずれば諸善はそのなかにあることをしらず、弥陀に帰すれば諸仏の御こころにかなふといふことを信ぜずして、如来の功徳を疑ひ、念仏のちからをあやぶむがゆゑなり。

前半は以前にも何回か『選択本願念仏集』の御文を紹介した通り、「一向専念無量寿仏」とは「諸行をまじふべからず」という専修念仏のことを言われています。これは浄土門の常識ですが、それさえも高森会長は知らず、あのアニメで意味も知らないのに「一向専念無量寿仏」を連発し、無知を晒しています。
後半では、高森会長の好きな「難きがなかに難し」の理由について書かれています。

いづれの行にても、もとよりつとめきたれる行をすてがたくおもひ

会員の立場で言うならば、

高森会長から聞いてきた宿善、19願の実践が18願の救いとは無関係に思えず、雑行(19願・諸善)をすてるためにはまず雑行をしなければと思い

ということです。
つまり「諸行をまじふべからず」の「一向専念無量寿仏」が信じられないのです。言葉を替えれば、「もとよりつとめきたれる行をすてがたくおもひ」「如来の功徳を疑ひ、念仏のちからをあやぶむ」のです。もっと言えば、雑行を捨てて専修念仏になることを拒んでいるのです。

以前に、会員と思われる方がコメント欄で「信一念まで雑行は捨てられない」と主張し続けていましたが、18願だけでいいと思い、「如来の功徳」と「念仏のちから」を信じたならば、念仏1つになり、もちろん信前に雑行は捨てることができるのです。
当たり前過ぎることですが、この当たり前のことがなぜ判らないのかといえば、
もとよりつとめきたれる行をすてがたくおもひ」がある「宿善なき機」「浄土教を信受せざる機」「宿福なきもの」にとっては、雑行を捨てることさえ「難きがなかに難し」と勝手に思い込んでしまうからです。

雑行を捨てるには雑行を捨てようと思うだけのことで簡単なことですが、18願の救いには雑行が必要だという思いが捨てられないと「難きがなかに難し」です。

これだけ言えば、誰でも判る筈ですが、判らない会員がいて残念です。

まことに宿善まかせとはいいながら…

|

« 「難信」と宿善との関係 | トップページ | 高森邪義を粉砕するには「極重悪人唯称仏」の説明だけで十分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「難信」と宿善との関係 | トップページ | 高森邪義を粉砕するには「極重悪人唯称仏」の説明だけで十分 »